ドッグトレーナー養成スクールPLAYBOW 創立者森山名誉校長のBLOG ショート小説【柴イヌそらの冒険7】

ショート小説【柴イヌそらの冒険7】

貴方の想いで日本の犬達の殺処分を0に
近づけましょう

プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー校長
森山 敏彦

——————————————-
近況

今日は豪徳寺のアロマテラピーサロン
カモミールさんで、
http://www.chamomile.co.jp/

チームプレイボゥの無料しつけ相談を
行なってきました。

豪徳寺駅から徒歩2分と立地もよく、
レンガ作りのとってもおしゃれな
サロンでした。

アロマテラピーに興味のあるかたは
是非、ハーブも豊富に取り揃えていましたよ。

——————————————-

ドッグトレーナーのお仕事

タイトル

ショート小説【柴犬「そら」の冒険7】

——————————————

本文

僕の名前はそら

柴犬の男の子

僕は新しいお母さんに保健所で殺処分される
寸前に助けられた。

そして新しい仲間達と第2の犬生を送っている。

新しいお母さんは、僕に色々なことを教えてくれる。

例えば、お散歩の前に玄関で大人しくお座りを
すると、ご褒美に美味しいおやつが貰えることや

散歩してるときお母さんに注目しながら歩くと
ご褒美におやつが貰えることとか。

これって人間のルールってやつなのかな?

よくわかんないけど美味しいおやつが貰えるから
僕はラッキーさ。

さ~これから朝ご飯だ!

お母さんが食器を持ってきてくれた。

あれ?????

おかしいぞ。

食器にご飯が入っていない!

お母さんぼけちゃったの?

僕はまだ、ご飯食べていないよ。

今度はお母さんがなにやら手に持ってるぞ。

あっドッグフードだ。

手から僕の食器にドッグフードを入れてくれた。

早く食べなきゃ!取られちゃう!

パク、パク、ゴクン。

もう無くなっちゃった。

あっまたお母さんの手が近づいてきた。

また食器にドッグフードを入れてくれた。

僕が食べ終わるとすぐに食器に足してくれる。

少しずつしか食べられないから面倒くさいな~

でも、お母さんの手はドッグフードを運んで
きてくれる優しい手なんだ。

お母さんの手が食器に近づくと嬉しくなっちゃう。

お母さんの手が食器に近づくのが待ち遠しいな。

あ、今度は
お母さんがドッグフードよりもっと美味しそうな
おやつを手に持っている。

早く僕にくれないかな~

早く食べたいよ!

え~い!飛びついて奪っちゃえ!

お母さんはおやつを持った手を素早く上に上げた。

ドスン!

痛い、落っこちちゃった。

お母さんの手には届かないや。

あれ、お母さんがおやつを食器に入れてくれた。

なんだ、飛びつくとおやつを隠されちゃうけど
お座りをしてるとくれるんだ。

じゃあ僕、お座りするよ!

だって、お座りしている方が得だもん。

僕、なんだか賢くなってきたみたい。

だって、新しいお母さんは僕に色々なことを
教えてくれる。

できたらおやつが貰える。

前のお母さんは3時になるとおやつをくれた。

新しいお母さんは僕がお母さんの言うことを聞くと
おやつをくれる。

僕、ルールが分かってきたよ!

——————————————-

※是非、皆さんのご意見ご感想をお聞かせ
ください。
時間はかかるかもしれませんが、必ず直接
お返事させていただきます。
また、こんな内容の記事を書い欲しいとの

森山mail
school@playbow.jp

※このメールはプレイボゥドッグトレーナーズ
アカデミーに資料のご請求をいただいた方、
メルマガ登録をされた方だけにお送りして
おります。
今後、不要という方はこのまま送信不要と明記
の上、返信してください。

—————————————
編集発行:PLAYBOW Dog Trainers Academy
森山 敏彦

〒214-0014
神奈川県川崎市多摩区登戸2978 芝原ビル3F
Tel:044-932-0888
E-mail:school@playbow.jp

HP:https://playbow-dogtrainers-academy.com/

Copyright 2009 PLAYBOW Dog Trainers Academy
—————————————

—–