ドッグトレーナー養成スクールPLAYBOW 創立者森山名誉校長のBLOG 犬と遊ぶ

犬と遊ぶ

貴方の想いで日本の犬達の殺処分を0に
近づけましょう

プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー校長
森山 敏彦

——————————————-近況

今日は、埼玉県の秋ヶ瀬公園にてオプデスの
競技会が開催されました。

森山はチームテストを受けるスタッフの応援に
いきました。

競技会はいつ見ても身が引きしまりますね!

ドッグトレーナーとしてもっと頑張らねば!
と思います。

だって一般の飼い主さんで森山よりうまい人
一杯いるんですよ^^;

気合いが入ります。

——————————————-

ドッグトレーナーのお仕事

タイトル

犬と遊ぶ

——————————————

本文

前回は犬には遊びが必要だと言うお話を
しました。

今回は、それではどうやって犬と遊べば
よいかについてお話したいと思います。

まず、犬と遊ぶときは、犬が大好きな
追いかけっこをすることはお勧めしません。

なぜならば、人間は、たとえ相手がチワワ
でも、走ったら絶対に敵わないからです。

できれば一生、犬には貴方の方が足が遅い
と言うことを気づかれないようにした方が
懸命でしょう。

犬が何か大切なものを咥えてしまったとき
貴方の方が足が遅いと言うことがばれて
しまったら、犬は優雅に貴方から逃げ回る
ようになってしまいますよ^^;

犬と遊ぶのに森山が
一番お勧めする方法は「引張りっこ」です。

引張りっこは、適度に犬の狩猟本能を刺激し、
ストレスを発散させることで問題行動が起こる
確率を下げることができます。

本来犬は狩猟を行って生活する動物ですから
狩猟本能を強く持っています。

その本能をどこかで発散させてあげなくては
それが問題行動となってどこかで時限爆弾の
ように爆発します。

その一番良い方法が引張りっこなのです。

引張りっこ遊びは、犬が獲物に噛みつき、
弱らせる行為、または小動物の首の骨を
折るときの行動に似ています。

ですから犬は引張りっこをすると、もの凄く
興奮するのです。

用意するものは、犬が咥えても反対側を
貴方がもてるくらいの大きさの物で、
できれば「ぬいぐるみ」のようなふわふわ
した素材のものが良いでしょう。

なにせ狩猟本能を刺激する遊びですから
獲物に似た素材が良いということです。

それがウサギの毛皮などできた玩具
でしたら、犬は気が狂わんばかりに
大喜びする事でしょう。

その玩具に1メートルぐらいの紐をつけ
地面の上を獲物が逃げるような感じで
ちょろちょろと動かしてみてください。

犬は本能につられて玩具を追いかけると
思います。

最初、犬は、遊びのルールが分からず、
引っ張ったら怒られるのではないかと
思い、引っ張り返さないかもしれません。

そのような場合は犬が噛みついて軽く
引っ張ったら、何回かは犬に勝たせて
玩具を与えてください。

そうすると犬は「このゲームは僕が勝つ
ことができるんだ」と気づきます。

しかし、紐はしっかりと貴方が持ち、
完全に犬に渡してはけません。

遊んでいるときに興奮して多少犬が唸った
としても、この場合は遊びの一環ですので
大目に見てあげましょう。

1分程遊んだら、玩具をおやつと交換します。

そのときに「放せ」と言う言葉も教えて
いってください。

ポイントはこの次です。

もう一度、玩具で遊んであげます。

そうすると犬は、「玩具を放しても、また
遊んでもらえるんだ」と理解し、おやつが
無くても「放せ」の言葉だけで玩具を
放すようになります。

数回、この遊びを繰り返したら玩具は
貴方が受け取って仕舞ってください。

けして床に出しっぱなしにしないこと!

でないと、犬が玩具を飲み込んで手術をする
羽目になります。

もう1つの理由として、犬がいつでも遊べる
ように床の上に玩具を置いておくと、その
玩具は特別なものではなくなってしまいます。

玩具は貴方と犬の共有の玩具で、貴方が
いるときにしか遊べない特別な玩具に
する必要があるということです。

次回はこの玩具を使って色々なトレーニングに
応用してみましょう!

ただ今、アカデミーは10月生募集中です。

説明会はこちら!

↓↓↓↓↓↓↓↓

http://bit.ly/rin97x

——————————————-

※是非、皆さんのご意見ご感想をお聞かせ
ください。
時間はかかるかもしれませんが、必ず直接
お返事させていただきます。
また、こんな内容の記事を書い欲しいとの

森山mail
toshim@cdsplaybow.com

※このメールはプレイボゥドッグトレーナーズ
アカデミーに資料のご請求をいただいた方、
メルマガ登録をされた方だけにお送りして
おります。
今後、不要という方はこのまま送信不要と明記
の上、返信してください。

—————————————
編集発行:PLAYBOW Dog Trainers Academy
責任者: 森山 敏彦

〒214-0014
神奈川県川崎市多摩区登戸2978 芝原ビル3F
Tel:044-932-0888
E-mail:school@playbow.jp

HP:https://playbow-dogtrainers-academy.com/

Copyright 2009 PLAYBOW Dog Trainers Academy
—————————————

—–