ドッグトレーナー養成スクールPLAYBOW 創立者森山名誉校長のBLOG 一生一緒宣言

一生一緒宣言

———————————————

近況

歯医者に行って噛み合わせを直してから
から若干まだ炎症が残っていますが
お口の中は快調です。

やっぱ歯周病じゃなかったみたい!

噛み合わせって怖いです。

———————————————

ドッグトレーナーのお仕事

タイトル

一生一緒宣言

———————————————

本文

森山はフェースブックをやっています。

あまり書き込みとかはしていませんが、

ブログを更新するとフェースブックに
反映されるようにしています。

すると、多くの方に記事を読んでいただく
チャンスが増えるわけです。

と言うわけで、ちょっとフェースブックの
説明。

フェースブックとは、SNSいわゆる
ソーシャルネットワークサービスの
ことなのですが、

世界中の方と
フェースブックを通して繋がることができる
もの凄く便利なツールです。

森山は、スエーデンや中国の方とも
お友達になっています。
(ちなみに言葉は分かりません 、笑)

フェースブックと今までのSNSとの決定的な
違いは実名登録です。

今までのSNSのようにニックネームだと
いい加減なことを言っても悪口を言っても
誰だかわかりませんでした。

しかし、実名を明かし、生年月日まで明かす
フェースブックは自分の言動に責任を
持たざるをえません。

その分、今までよくあった炎上と言う
事態は起こりづらくなっています。

ソーシャルネットワークがより成熟してきた
形だと思います。

本当の意味でのユビキタスの時代になった
と言えるでしょう。

ドッグトレーナーには是非やって欲しいツールです

いやドッグトレーナーでなくてもやっておいた方が
絶対にいいです。

いまや中国、インド、フェースブックと言われるぐらい
フェースブック人口はうなぎ登りに増えています。

先行者利益にありつくには今からやっておく必要が
あるということです。

さて、本題は個々からです。

フェースブックの面白い所は
個人と個人のつながりもあるのですが、

企業や団体としても参加できることです。

多くのSNSはネットワークの中での
ビジネス行為はご法度の場合が多いのですが、
フェースブックは公然と企業活動を
することが出来ます。

それはフェースブックページと言う
いわゆるフェースブックの中に企業や
団体のホームページを作るようなものです。

森山もそのページを持っています。

いままでは「いぬのしつけ」と言う名前の
ページでしたが、今回、皆さんに
参加してもらいやすくするために

飼い始めたら ~ 一生一緒宣言 ~

http://on.fb.me/ooM3Id

と言うフェースブックページに変更しました。

http://on.fb.me/ooM3Id

ページのタイトルを変えただけで
まだまだカスタマイズしていませんので
変なページになっていますが、

森山のミッションでもある殺処分0活動
を広めるために作りました。

残念なことに日本では、多くの方たちが、
ペットを飼っても途中で捨ててしまいます。

山や川に捨てる人もいますが、どこに捨てても
最終的には保険所に持ち込まれることになります。

保健所にペットを捨てるということは、
殺処分するという意味です。

なんと年間28万頭のペットの命が
人間の手によって殺されています。

森山は、これはだめだと思います。

インド独立の父、ガンジーの言葉に

「国家の偉大さや道徳的水準は、その国で
動物たちがどのように扱われてきたか
によって判断することができる」

日本の道徳的水準を上げる必要があると
思います。

そこで、森山が思いついたのは、捨てる人も
いるけど、絶対に捨てない人も沢山いるはずだ!

「捨てない人をどんどん増やしていこう」

と思ったのです。

そこで考えたネーミングが、「一生一緒宣言」

ペットを飼い始めたら絶対に捨てない、
「一生一緒に生活する」と宣言する人は
是非こちらに飛んで一番上にある「いいね」
ボタンを押してください。

http://on.fb.me/ooM3Id

そうすると貴方は一生一緒宣言の仲間になれます。

拘束力は何もありません。

あるのは貴方の犬を愛する心だけです。

何か一言コメントを残していただければ
もっと嬉しいです。

犬や猫を飼っていなくてもいいです。

将来、飼ったときに思い出していただければ
いいと思います。

是非「一生一緒」の仲間になってください!

そして将来、ペットの殺処分の無い国を
私達と一緒に作りませんか!

———————————————-

—–