ドッグトレーナー養成スクールPLAYBOW 修了認定と取得できるドッグトレーナー資格

修了認定と取得できるドッグトレーナー資格

プレイボゥ ドッグトレーナーズ アカデミー  認定ドッグトレーナー

修了式とPA認定

全てのカリキュラムを修了した受講生のみなさんには
「ドッグトレーナー養成講座修了証」「プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー ドッグトレーナー認定証(PA認定証)」
が授与されます。これは、ドッグトレーナーになるための基礎知識を学んだことの証明であり、
開業に必要な資格である「ペットシッター士試験」を受験するための条件を満たしたことを証明します。

世界基準のドッグトレーナー資格

ペットに関連する各種の資格(トリマー・看護士・セラピスト他)は獣医師を除き、
すべての資格がスクールオリジナルまたは各種関連団体が独自に認定、発行する資格です。
ですから極端なことを言えば、実務経験さえ積めば無資格であったとしても法律上は動物取扱業の申請をすることができ、開業することは可能なのです。

正直なところ、私たちが直接向き合う飼い主さんにとっては、どのような資格であっても気にされるかたはほとんどいないように思います。あえて言えば業界内においての資格の優劣みたいなものは存在するかもしれません。
(それは業界内での団体の規模や力関係の影響だと思われます)

 世界に通用する、世界基準のドッグトレーナー資格『CPDT-KA』

プレイボゥの講師は世界基準のドッグトレーナー資格『CPDT-KA』保有
日本国内、さらには業界内だけでしか通用しない資格に固執したところで時代のスピードに取り残されてしまうかもしれません。だからこそ、私たちは世界基準のドッグトレーナー資格「CPDT-KA (Certified Pet Dog Trainer)」の取得を推奨します。この資格はアメリカ、イギリスなどを始め多くの犬文化先進国では最もメジャーな家庭犬ドッグトレーナーの資格です。

 世界基準のドッグトレーナー資格「CPDT-KA」とは?

CPDT-KA資格は、世界でもっとも大きなドッグトレーナー組織であるAPDT (Association of Pet Dog Trainers) により企画制作され、その後、試験の公平性を期すため、独立した別組織 CCPDT(Certification Council for Professional Dog Trainers)によって資格認定される世界基準のドッグトレーナー資格です。
2009年より日本でも日本語による試験がスタートし、この資格の取得ができるようにになりました。
CPDT-KA資格の詳細は、JAPDT (日本ペットドッグトレーナーズ協会)のwebサイトを参照してください。

9 JAPDT公式サイト

 当スクールの「CPDT-KA」試験対策とは?

「CPDT-KA」資格を保持しているアカデミー講師が直接指導
当アカデミーのドッグトレーナー養成プログラムは各種勉強会なども開催し、CPDT-KA資格の試験対策講座としても活用していただけるように対応した充実のプログラムとなっています。
これら試験対策として、実際に「CPDT-KA」資格を保持しているアカデミー講師が直接資格取得に向けた情報の提供やご指導をいたします。

※CPDT-KA資格の取得は希望者のみとなります。
※CPDT-KA資格取得の際は別途受験料が必要となります。(当スクールの受講料には受験料は含まれておりません)

PLAYBOWドッグトレーナーズアカデミーでは、ドッグトレーナーになるべく受講をご検討頂いている皆様に、スクール案内の資料冊子を無料で送付しております。
WEBからのお問合せは24時間受付中!お気軽にお申込みください。

📩 スクール資料無料請求