ドライフードの死角

—————————————————-
ドッグトレーナーのお仕事


タイトル


【 ドライフードの死角 】

—————————————————

本文


昨日は、ドライフードと水さえ与えておけば愛犬の健康を
保つことができると言われているが本当にそれで愛犬の
健康を保つことができるのでしょうか?


と言う疑問を投げかけてみました。


確かにドライフードはカロリー計算や栄養バランスのことを
考えなくても簡単に愛犬に与えることができます。


しかしそれが愛犬ではなくあなた自信だったらいかがですか?


仮に栄養バランスが完璧と言われていても加工された食品を
毎日食べ続けたいと思いますか?


健康によさそうに思いますか?


全てのドライフードがそうではないと思いますが、多くの
メーカーのドライフードは人間に使った食材の余り、
要するに廃棄するものを固めてドライフードにしています。


ですから栄養素はほとんどありません。


そのままでは犬は栄養失調になってしまいますからその
ドライフードに科学的にミネラルやビタミンなどの栄養を
足します。


最後に動物の油脂を周りに吹き付けてて出来上がりです。


しかし油脂は酸化すると毒物へと変性していきます。


ですから強力な酸化防止剤が使われています。


それ以外にもおいしく見せるための着色料や香料などなど
数え上げたらきりがありません。


インターネットの情報をすべて鵜呑みにするのもなんですが
インターネットで「ドライフード 添加物 危険」などと
検索してみてください。


すぐに沢山の情報を得ることができます。


書籍でおすすめなのは  アン・N・マーティン著
「食べさせてはいけない!ペットフードの恐ろしい話」


などですがそれ以外にも調べようと思えば沢山あります。

このような傾向はコマーシャルフードと言われる原料よりも
コマーシャルにお金を使っているメーカーに多いと言われて
います。


ですから全てのドライフードが悪いわけではないと思います。


中には良心的に良質なドライフードを製造している小さな
メーカーもあります。


しかしあえて言うならドライフードには死角があるのです。


次回はそこを!



バナーをぽちっと押して応援お願いします。
 ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー校長

ガンドッグレトリーブトライアル協会会長

日本APDT事業企画委員

英国APDT公認ドッグトレーナー

米国CPDT公認ドッグトレーナー

森山 敏彦


犬と一生一緒宣言

愛犬を迎えたら一生一緒に暮らす。
それが当たり前の社会であって欲しいですね。

ぜひ、Facebookで「いいね!」を押してください。
https://www.facebook.com/withdogs

—————————————————-

※是非、皆さんのご意見ご感想をお聞かせください。
時間はかかるかもしれませんが、必ず直接お返事させて
いただきます。また、こんな内容の記事を書い欲しいとの
ご希望も受け付けています。

森山mail: school@playbow.jp

※このメールはプレイボゥドッグトレーナーズアカデミー
に資料のご請求をいただいた方、メルマガ登録をされた方
にお送りしております。
今後、不要という方はこのまま送信不要と明記の上、
返信してください。

—————————————————-
編集発行:PLAYBOW Dog Trainers Academy
森山 敏彦

〒153-0063
東京都目黒区目黒2-15-15岡地ビル2F
Tel:03-5734-1711
E-mail:
school@playbow.jp

HP:http://playbow-dogtrainers-academy.com/

Copyright 2009 PLAYBOW Dog Trainers Academy
—————————————————-


—–