トレーナーがドッグランへ行かない理由2

—————————————————-
近況


昨日は横須賀にあるNTT横須賀研究開発センターにて
NTTの研究者の方々にお招きいただきまして犬の飼い方
セミナーをさせて頂きました。。


とても優秀な方々ばかりで難解な学習理論を一回で理解
してしまったようです。


流石、日本の頭脳の集大成のような方々たちです。


そのあと、懇親会で横須賀の海の幸をたらふく頂きました。


久々に回っていないお寿司を食べたのですが、何を頼んで
いいかわからず、おろおろしている森山に気を使って頂き
全て注文していただきました。


NTT横須賀研究開発センタ―の皆様、有難うございました。


そしてご馳走様でした、また呼んでください!


—————————————————-
ドッグトレーナーのお仕事


タイトル


【 トレーナーがドッグランに行かない理由2 】

—————————————————

本文

という訳で昨日は授業が終了してからすぐに横須賀に
行っておりましたので記事をお休みさせていただきました。

今日は前回の続きでドッグトレーナーがドッグランに
行かない理由です。

1つ目の理由はドッグランの秩序が非常に乱れてしまった
と言う理由でした。

しかし全てのトレーナーではないと思いますが少なくても
JAPDTの事業企画委員を仰せつかっている
ドッグトレーナーがドッグランに行かない
本当の理由は・・・・・・

「他の犬と遊ばせたくないから」です。

他の犬と遊ばせるのがいやという意味ではありません。

森山も犬同士が遊んでいる姿を見ることはとても楽しいし
好きなのです。

しかし、愛犬には犬と遊ぶよりも何よりも飼い主(ドッグ
トレーナー)と一緒にいるときが一番幸せ!と言う風に
思ってもらいたいのです。

犬同士は遊びが好きです。

ですからほかの犬と楽しく遊ぶことを覚えてしまうと
犬と遊ぶことが楽しくなってしまいます。

ですから飼い主の魅力が半減してしまうのです。

ちなみに犬よりも早く走れる人っています?

おそらく相手がチワワでも本気で走ったら人間は勝てない
と思います。

ですから犬同士で遊ぶと人間よりずっとスピード感が
あります。

そして犬は人間よりも体力がありますからずっと走って
いることができます。

ちなみに森山はボイシーと1分も走ることはできません。

ですから犬は犬と遊ぶ方が圧倒的に楽しいのです。

すると遊びを覚えた犬たちは散歩のときなども前方から
犬が近づいてくると遊びたくてコントロールが効かなく
なる可能性が大になります。

森山たちドッグトレーナーは競技会などにも参加して
いますから競技会でほかの犬に興味を示してしまうと
競技になりません。

理想は、ドッグランで楽しそうに遊んでいる愛犬を
呼んだら素早く戻ってきてくれるようにトレーニング
する事がです。

でも残念ながらそれは難しいのです。

だったら最初から犬との遊びを教えない方が良いでは
ないですか!

ちなみに社会化期やその後の若齢期の時(生後1ヶ月
から7か月頃まで)は別ですよ!!

その時期は子犬同士の遊びを通してボディーランゲージを
覚えたり、噛む力の抑制を覚えるために遊ばせなければ
なりません。

しかし、性成熟期(生後7か月過ぎ)を超えたらあまり
遊ばせすぎることは逆効果になる可能性があります。

ですからドッグトレーナーたちはドッグランに
行かないのです。

行ったとしても周りに犬たちが遊んでいる状態で自分の
犬とトレーニングをします。

そうすれば強い刺激の中でコントロールするトレーニング
ができます。

この考え方は強制ではありませんし個人の考え方です。

しかし、JAPDTの事業企画委員のメンバー全員が
同じようなことを考えていましたので面白いなと思って
シェアーさせて頂きました。

いかがでしたか?ドッグランに付いて考えてみませんか?

バナーをぽちっと押して応援お願いします。
 ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー校長

ガンドッグレトリーブトライアル協会会長

日本APDT事業企画委員

英国APDT公認ドッグトレーナー

米国CPDT公認ドッグトレーナー

森山 敏彦

—————————————————-

※是非、皆さんのご意見ご感想をお聞かせください。
時間はかかるかもしれませんが、必ず直接お返事させて
いただきます。また、こんな内容の記事を書い欲しいとの
ご希望も受け付けています。

森山mail: school@playbow.jp

—————————————————-
編集発行:PLAYBOW Dog Trainers Academy
森山 敏彦

〒153-0063
東京都目黒区目黒2-15-15岡地ビル2F
Tel:03-5734-1711
E-mail:school@playbow.jp

HP:http://playbow-dogtrainers-academy.com/

Copyright 2009 PLAYBOW Dog Trainers Academy
—————————————————-

—–