ドッグトレーナー養成スクールPLAYBOW 創立者森山名誉校長のBLOG Good &New

Good &New

=================================================

ドッグトレーナーのお仕事

タイトル

Good & New

=================================================

本題

プレイボゥドッグトレーナーズアカデミーの
母体であるパピーナーサリー(子犬の保育園)
では毎週月曜日の業務終了後にミーティングを
行っています。

スタッフ全員が集まることはあまりありませんが
大体10名以上になります。

実はプレイボゥのミーティングには儀式があるのです。

その儀式とは、ミーティングの始まりに今週1週間
の間に他のスタッフがした良い行動に対して
褒めたり感謝するという儀式です。

一人一人が必ず誰かを褒めたり感謝する発言を
しなければなりません。

そして発言すると、良い行動をしたスタッフも
発言したスタッフも拍手で称えてもらえます。

そうするとミーティングを和やかな雰囲気で
はじめることができるのです。

ですからスタッフは1週間の間に他のスタッフが
どんないいことをしたのか記憶しておく必要が
あります。

元々Good & New と言って、ミーティングの最初に
緊張をほぐしたり発言を円滑にするために行われる
方法なのですが、プレイボゥのミーティングでは
ちょっとひねりを入れてみました。

GoodなことやNewなことではなく他のスタッフの、
良い行動に対してご褒美を与えると言う方法を
取っているのです。

ドッグトレーナーらしいでしょ!

この儀式には森山も参加します。

ですから森山も普段からスタッフの行動を観察して
良い行動を覚えておく必要があります。

人は(森山は)どうしても相手の悪い点に
目が行きがちになリますよね!

ですからこの方法は、スタッフの良いところを
発見するとてもよいトレーニングになります。

実はプレイボゥの昔のミーティングは森山が
一方的にしゃべり、スタッフは頭をうなだれて
聞いているだけと言うミーティングでした。
(聞いただけで嫌ですね・・・)

ミーティングでいきなりトップがスタッフの
悪い所を指摘したりするとすぐに険悪な
雰囲気になります。

いくら意見を即しても発展的に意見は
全くでなくなり、ミーティングは失敗に終わります。

そのようなミーティングを延々続けてきた森山は
その結果、スタッフから得たいパフォーマンスを
得ることができなくなってしまうことに
気づいたのです!

森山は反省しました。

スタッフに、もっと良くなってもらいたい一心で
問題点を指摘していたのですが、それが
スタッフのやる気をなくしていることに
気が付いたのです。

それからは色々と勉強してGood & Newや
ブレーンストーミングなどをミーティングに
取り入れるようにしました。

森山はあまり意見を言わず、スタッフに司会を
してもらうようにしました。

少しずつ改良を加えていったのです。

するとどうでしょう!

仕事が終わって疲れきっているのにミーティングに
集まってくるスタッフの顔が明るいのです。

今までとまるで違うではないですか!

森山は当たり前のことに気が付きました。

犬も人間も叱られるのは嫌ですよね!

褒めらる方が絶対に好きだし、
やる気も出てきますよね!

笑顔で頑張ってくれるスタッフに
とても感謝しています。

森山はこれからも、スタフのいい所を目を皿にして
探しいきたいと思います。

—–