ドッグトレーナー養成スクールPLAYBOW 創立者森山名誉校長のBLOG ボイシー君

ボイシー君

近況

今日は午前中は地元、午後は新宿でずーと
打ち合わせの日でした。


あっと驚くような企画が進行中です。


数ヵ月後にはお知らせすることができると
思います。


ご期待くださいね!


=================================================

ドッグトレーナーのお仕事

タイトル

ボイシー君

=================================================

本題

久々に愛犬ボイシー君の話を書きたいと思います。


ボイシーは現在7歳のゴールデンレトリバーです。


実はイギリス生まれの日本育ち!


森山は、師匠のフィリッパ・ウイリアムズのところに
毎年通い、念願のイギリスゴールデンレトリバーを
譲り受けることができました。


皆さん、知っていますか?自分で言うのも何ですが、
これってすごいことなのです。


何がすごいかって、実はイギリス人は日本人に
犬を売らないことで有名なのです。


特にゴールデンレトリバークラブに所属する
ブリーダーは日本人に犬を売るとクラブを
除名されてしまうと聞きました。


現在日本にいるゴールデンレトリバーは99%が
アメリカ原産です。


それなのに、フィリッパは森山に犬を譲って
くれたのです。


これって本当に本当にすごい事なのです。


毎年イギリスに通い、ガンドッグトレーニングを
フィリッパから学んで日本生まれの
ゴールデンレトリバー小梅ちゃんでガンドッグ競技を
日本で広めている実績を認めてもらったからなのです。


ボイシー君はフィールド系ゴールデンレトリバー


見た目、普通のゴールデンより、かなり細めで、
体重は23キロほどしかありません。


多分日本にいるゴールデンレトリバーは平均体重が
30キロぐらいあると思います。


見た目にもかなり違いますね!


あばら骨が浮き出していて、知らない人が見ると
「ご飯食べさせていないんですか?」と
聞かれることもあります。


違います、フィールド系のゴールデンは最初から
細いのです。


ご飯食べても太らない体質なのです。


その代わり運動能力は半端じゃありません。


昔、千葉のドッグランに連れて行ったとき、
横並びで小型犬用、中型犬用、大型犬用の
ドッグランがあったのですが、フェンスを
軽々飛び越え、全くフェンスの意味を成して
いませんでした。


朝の散歩はボール投げをするのですが、ボイシーが
ボールを追いかけて森山の横を全力疾走すると
マジで恐怖心を感じます。


めっちゃ早いんです。


そんな運動能力抜群のボイシー君ですが、
何故、日本に来たかと言うと森山の大好きな
ガンドッグ競技を日本に広めるために来日しました。


森山の最初のゴールデン小梅ちゃんもガンドッグ
として育てましたが、この子は本当におっとり
した子でした。


そこそこ頑張ってガンドッグのお仕事を
してくれたのですがやはり限界がありました。


ですから森山はフィリッパに「デモのできる犬が
欲しい」と言い続けていたのです。


最初は相手にされていませんでしたが、4年間
まじめにイギリスに通い、誠意を見せると
フィリッパは森山に「売ってもいいよ」と
言ってくれたのです。


最初は信じられませんでした。


フィリッパからその言葉を聞いたとき、自分の耳を
疑りましたよ!


でも本当にボイシー君は日本に来てくれました。


4ヶ月で日本に来たボイシー君は早速ガンドッグの
トレーニングを開始しました。


すると、もの凄い勢いでトレーニングを吸収して
行くではありませんか!


小梅が数ヶ月かかってやっと覚えたような内容を
本の数回のトレーニングで覚えてしまうのです。


本当に数回教えると殆どのことを覚えてくれました。


やはり仕事をするように作られた犬は教えなくても
本能的にやってしまうようです。

ボイシーを見た方は「すご~い」と言ってくれますが

すごいのはボイシーであって森山ではありません。


イギリス原産のゴールデンレトリバー!
本当にすごいです。


こんな犬を作るイギリス人はもっとすごいと思います。


次回に続く

—–