ドッグトレーナー養成スクールPLAYBOW 創立者森山名誉校長のBLOG モデリング

モデリング

=================================================

ドッグトレーナーのお仕事

タイトル

モデリング

=================================================

本題


森山のトレーニングスキルの母体はイギリスの
フィリッパ・ウイリアムズから学んだスキルです。


イギリスには世界的に有名な動物行動学者が組織する
APBC(ペットビヘイビアーカウンセラー協会)と言う
犬の行動カウンセラーの団体があります。


フィリッパは
APBCの創立者の一人であるジョン・フィッシャー氏
から学びイギリスではジョン・フィッシャーと
共同で作ったビデオも発売されています。


また、フィリッパは
APDT(英国ペットドッグトレーナー協会)の古参の
メンバーでAPDT公認トレーナーを認定する
アセッサー(評価者)も勤めていました。



更にイギリスで毎年行われる世界最大級の
ドッグショークラフト展にTHE KC(英国ケンネル
クラブ)から招待されてガンドッグトレーニング
、クリッカートレーニング、アジリティーなどの
デモンストレーションを行っています。


通常、クラフト展に出るトレーナーは
1つのカテゴリーでデモンストレーションを行うと
思いますがフィリッパは1人で幾つもの
デモンストレーションを担当しています。


森山がフィリッパの元へ訪れ始めた2000年当時、
彼女は3頭のゴールデンレトリバーと3頭の
ラブラドールレトリバーと1頭のボクサーを飼って
いました。(今は20頭近いレトリバーを
飼っています)


彼女は7頭の犬をオフリードで自由自在に
操り、森山たちに魔法のようなトレーニングを
見せてくれました。



かっこいい!


森山は無条件で憧れてしまいました。



森山から見てフィリッパは英国でも有名な
トレーナーであり、実力もあり、自分の犬を
自由自在に操るスーパースターでした。



森山は「この人のスタイルをまねしよう」と
心に決めました。


それから森山はほぼ毎年フィリッパの元を訪れ
ドッグトレーニング研修を受けています。


森山は自分が目指すトレーナー像として
フィリッパを徹底的にまねをしたのです!


これをモデリングと言います。


日本には武道や芸事の世界で守破離(しゅはり)
と言う言葉があります。


守、最初は師匠の技を徹底的に守る


破、師匠の技を身につけたら一度、破壊してみる


離、その場から離れ、自分の技を確立する


モデリングと同じ技術です。


モデリングとは洋の東西を問わす、使われている
成長技法なのです。


何でも自分で研究して、体験して
悟りを開いていくのであればものすご~く
時間がかかってしまいますよね!


そうではなく、既に確立している人を真似する
事からはじめる方が絶対に早いのです。


犬のしつけも全く同じだと思います。


最近入学したゴールデンレトリバーを2頭、
飼っている生徒さんに先日、引っ張り防止の
方法をお伝えしました。


生徒さんが飼われているゴールデンレトリバーは
かなり引張りが強く、お散歩が苦痛だった
らしいのです。


1度だけデモンストレーションをして
お見せしただけですが、半月ほどで2頭とも全く
引っ張らなくなったそうです。


お散歩がとても楽になったそうです。


プロとアマチュアって本当にちょっとした違いを
知っているか知らないかだけだったりするんです!


今、しつけトレーニングで悩まれているのであれば
モデリング!是態にお勧めです。



—–