ドッグトレーナー養成スクールPLAYBOW 創立者森山名誉校長のBLOG ドッグトレーナーの集客方法2

ドッグトレーナーの集客方法2

◆みずほ銀行の窓口が混乱しており

支援金をお振込みになりたいのに

振込みが出来無い方、申し訳

ございません。


今しばらくお待ちいただければと思います


◆さて、世間では日々の生活を取り戻して

きたように思います。


◆ガソリンを除いては・・・


◆今日もガソリン不足のため、スタッフミーティング

中止になりました・・・



◆さて、集客の続きです。

出張トレーナーは犬をトレーニングする技術と

犬の知識を持っていることは当たり前です。



◆そのほかに絶対に持っていなければならない

技術が集客と言う技術!



◆数回前のブログに書きましたが、森山が

一番最初に試した集客方法が、ポスティング

でした。



◆しかし、その結果は惨敗・・・

しかも業者に頼んでいたので大赤字



◆それ以降、自分でポスティングしたことは

ありますが、業者に頼むことはありませんでした。



◆その後、森山が行った集客方法は、

飛び込み営業でした。



◆飛び込み営業を経験された方なら

分かると思いますが、非常にストレスのかかる

営業方法です


◆動物病院にアポ無しで訪問するのです。



◆動物病院への飛び込み営業は比較的

暇そうな時間帯を狙って訪問します。



◆ご挨拶をし、こういった趣旨で家庭犬の

トレーニングを行っております。

出来ましたらチラシを置かせていただけ

ないでしょうか?とお願いします。


殆どの獣医さんは一応話は聞いてくれますが、

動物病院はこの手の売り込みは毎日のように

来るようです。


◆当たり前ですが「今忙しいから」と断られたり

「うちはチラシは置けません」と断られたり

することが殆ど!


◆はいはい、分かった、そこ置いといて!

と言ってくれる先生はとてもよい人です。



◆しかし、見ればすでに他のトレーナーの

チラシやら、ペットタクシーのチラシやら、

ペット霊園のチラシやらがすでにたくさん

置いてあります。


◆置き場も無いような場所にチラシスタンドを

掻き分けて隙間を作り、自分のチラシを

置かせてもらいます。



◆それでもそんな動物病院に当たると「早く

チラシ見て申し込みがこないかな」なんて

想像しながらうきうきして帰ることが出来ます。


◆しかし現実はそんなに甘いものではないんですね

1週間、2週間、3週間経っても電話はなりません。


◆「おかしいな~電話番号間違えたのかな~」と

チラシを確認しますが、電話番号は間違って

いませんでした。


◆そんな毎日が続くと気持ちも萎え、飛び込み

営業をする勇気もなくなってきます。


◆営業に行かないと1日数人の数少ない

お客様のトレーニングを終えるとやることが

なくなってしまいます。

悪循環です。


◆そんなある日、初めて犬を飼ったお客様から

「動物病院ってたくさんあるけどどこが良い

動物病院なのか分からない」と言われた時に

森山はとっさに「○○動物病院は先生も気さくだし凄く

腕がいいって評判ですよ」自分のチラシを

おいてくれた病院をさりげなく宣伝しました。


◆もちろん森山は本当にその先生のことを

良い先生だと思っていましたのでお客様に

伝えたのですが、そのお客様が動物病院で

「森山に紹介された」と話してくれたのですね!


◆後日、病院の先生よりお礼の電話があり

ました。


◆そんなやり取りが動物病院の先生と何回か続き

そのうち、その先生とは飲みに行くほど親しく

していただきました。


◆そして、それから森山の人生は変わり

始めたのです。


どう変わったかですか?それは次回に・・・




—–