ドッグトレーナー養成スクールPLAYBOW 創立者森山名誉校長のBLOG テリアのお仕事

テリアのお仕事

貴方の夢を叶えるお手伝い

アラサーで転職、アラフォーで独立して


ドッグトレーナーになった

プレイボゥドッグトレーナズアカデミー校長の
ブログ


========================
ドッグトレーナーになるにはどうしたらいいの?


ドッグトレーナーってどんな仕事?  


プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー校長の
森山敏彦がお答えします。 


======================== 
貴方の想いで日本の犬達の殺処分を0に近づけましょう
 
森山 敏彦
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー校長

プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー
https://playbow-dogtrainers-academy.com/
 
神奈川県川崎市多摩区登戸2978芝原ビル3F
TEL 044-932-0888


資料請求はこちら  ただいま1月生募集中
↓↓↓
https://playbow-dogtrainers-academy.com/pamphlet.php

英国APDT公認インストラクター


米国CPDT公認インストラクター


ガンドッグレトリーブトライアル協会会長


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
◆近況


早いお正月休みを頂いていました。


今日からお仕事です。


生き物商売は、盆も正月もありまへん!


人が遊んでるときに商売や!


何で関西弁?


========================

ドッグトレーナーのお仕事


◆タイトル

テリアのお仕事



========================

本文


◆前回は、犬にはお仕事があるんですよ!

というお話をさせて頂きました。

◆今回は少し詳しくお話していきましょう。


◆イギリスでテリアってなん種類ぐらいいるの?

って質問をしたことがあります。

答えは・・・・Hundred


でした。


◆「いっぱい」っていう意味らしい・・・



◆イギリス人もはっきり把握していないのでしょう。


◆犬種図鑑でテリアのお仕事を見ると、害獣の捕殺
と書いてあるものがあります。



◆捕殺?・・・・・捕まえて殺す?ってことですよね



◆そうです!


◆イギリスのシェルター、ブルークロスの
動物行動学でもあり、世界的に有名なイギリスの


家庭犬専門の動物行動学者の協会(APBC)の
会長を経験されたグエン・ベイリー先生によると


テリアのお仕事は、畑や家を荒らすネズミやキツネ
等の害獣を噛み殺すのがお仕事だったのです。


◆いやいや、だったのではなく、今でも現役で
お仕事をしているテリアは沢山います。



◆日本で言うと猫のようなお仕事な訳ですね!



◆プレイボゥドッグトレーナーズアカデミーの
最初の授業では、必ず、ジャックラッセルが


ネズミを噛み殺し、引き裂いてたべてしまう
DVDを見てもらいます。



◆別に特別に撮影されたものではなく、普通に
イギリスの馬小屋で(日本では想像しにくいのですが


イギリスでは結構ペットとして馬を飼っている人が
います)撮影されたものです。



◆映像を最初に見たときは森山も、想像を絶する
光景に目を覆いたくなる気持ちになりました。



◆しかし、現実は確かにそうなのです。


◆何年か前、森山がフィリッパの元をを訪れたとき、
イギリス人の生徒さんと一緒に犬を連れて

散歩していました。

すると、フィリッパが突然、立ち止まり、
こう言うではありませんか!



◆「ちょっと待って!前方にジャックラッセルが
いるから、やり過ごしましょう」と・・・!


◆前方、はるか彼方にジャックラッセルを連れて散歩
している女性が見えました。



◆そのジャックラッセルと遭遇しないようにしましょう
と言うことらしいです。


◆イギリスのジャックラッセルはかなり気性が
荒いようです。


◆実は、日本のジャックラッセルは、ペットとして
飼われていますから、気性の荒い子はペットとして


適しませんので交配から外される傾向にあります。

◆その結果、最近の日本のジャックラッセルは、
やんちゃですがとてもフレンドリーな子が多いですね!



◆しかし本場イギリスでは本来のテリアの仕事上、かなり
気性の荒い子が多いようです!



◆フィリッパのグループレッスンに来ていた
ボーダーテリアは「ボーダーテロリスト」と

呼ばれていました^^;

◆個人的に森山はテリアは大好きですが、
日本の飼い主さんでテリアがどんな仕事をするために


作られた犬なのかを知っている人は少ないようです。


◆生徒さんの中にはもちろんテリアを飼っている人も
いない人もいますが、授業でその映像を見ると


皆さん愕然としてしまいます。



◆森山は、日本の皆さんに、犬が本来どのような
仕事をしていたのかをもっともっと知って頂きたい

と言う気持ちが非常に強いのです。

◆ペットショップで


「目が合ったから」とか、

「毛が抜けないから」とか、

「小形犬だから」とか

「誕生日が一緒だから」とか

「洋服が似合いそう」とか

「盲導犬の犬種だから」とか

「カートに入れるから」とか

「ドッグカフェに似合うから」とか

「珍しい犬種だから」とか

言う理由で犬を選んで欲しくないのです。

◆もっと犬の本質を知ってもらいたいのです。



◆アカデミーでは犬種研究と言う授業があります。



◆自分が選んだ色々な犬種のことを、細かく研究する
授業です。


◆そのレポートを見たときに、森山も「へ~~この
犬種ってこんな仕事をしてたの!」とびっくりする

事もあります。

◆その犬種研究レポートでプレイボゥオリジナルの
犬種図鑑を作成しています。



◆いかがですか!貴方もプレイボゥオリジナル
犬種図鑑作成に参加してみませんか!


感想はこちら
↓↓↓
toshim@cdsplaybow.com

資料請求はこちら  ただいま1月生募集中
↓↓↓
https://playbow-dogtrainers-academy.com/pamphlet.php

プレイボゥドッグトレーナズアカデミーのHPはこちら
↓↓↓
https://playbow-dogtrainers-academy.com/



—–