ドッグトレーナー養成スクールPLAYBOW 創立者森山名誉校長のBLOG 犬同士の遊びで学ぶこと

犬同士の遊びで学ぶこと

—————————————————-
ドッグトレーナーのお仕事

タイトル

【 犬同しの遊びで学ぶこと 】

—————————————————

本文

以前、森山がイギリスへ行っているときに不思議に思って
いた事がありました。

それは何かといいますと、イギリス人は犬同しを遊ばせない
のです。

フィリッパのトレーニングクラスでもそうですしロンドンの
公園でも同じでした。

—————————————————

—————————————————

当時、森山は既にトレーナーをしていましたから犬同しが
遊びを通して学ぶことの重要性を飼い主さんにお伝えして
いました。

犬は遊びを通して咬む力を抑制することを覚えたり、相手と
絆を深めたり、遊びを通してボディーランゲージを覚えたり
します。

ですから犬同士は遊ぶ必要があるのですね!

以前も書きましたがプレイボゥと言うスクール名は犬との
遊びを大切にしているからこそ付けた名前なのです。

ですからイギリス人が何故犬同しを遊ばせないのか不思議に
思っていました。

森山は師匠であるフィリッパに聞いてみました。

森山
「どうして皆、犬同し遊ばせないのですか?」

フィリッパ
「どうして遊ばせるのですか?」

森山
「どうしてって、犬は遊びを通して色々と学ぶのでは・・」

フィリッパ
「それでは犬は遊びを通して何を学ぶのですか?」

森山
「えっと、噛む力を抑制する事とか・・・」

フィリッパ
「犬が遊びを通して学ぶことは攻撃です」

森山
「え~!!」

森山
「そういえば本に書いてあった、犬は遊びを通して狩りの
仕方を学んでいるのです」と・・・

犬は遊びを通して確実に獲物を殺すことを学んでいるのです。

子犬の時には子犬同しが遊ぶことによって噛む力の抑制とか
ボディーランゲージやお互いの絆を作るなど色々なことを
学んで行きます。

ですから子犬の時には犬同士の遊びが必要なのです。

しかし、成犬になったら犬同しの遊びは余り必要では
なくなります。

と言うか遊びを通してよくないことを学ぶ確率が高くなって
しまいます。

確かに犬同士が遊んでいるのを見ているのは楽しい事では
あります。

森山がよくいく多摩川でも犬同しが走り回って遊んでいます。

それを見ていると飼い主はほほえましく思う事でしょう。

しかし犬はその遊びを通して獲物を確実に殺す術を学んで
いる訳です。

相手の首に咬みついたり、足に咬みついたりして相手を
動けなくして息の根を止める練習をしているのです。

飼い主は動く必要はありませんので楽をできます。

犬は楽しく遊んで勝手に疲れてくれますのでこれほど飼い主
に都合の良い散歩はありません。

ですから日本のドッグランや河川敷では犬同士が走り回って
飼い主がおしゃべりをしている光景をよく目にします。

しかし、問題はそれだけではありません。

実は成犬は犬同しの遊びを通して攻撃よりも更に悪いことを
学んでいるのです。

それは・・・

続く。

バナーをぽちっと押して応援お願いします。
 ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー校長

ガンドッグレトリーブトライアル協会会長

日本APDT事業企画委員

英国APDT公認ドッグトレーナー

米国CPDT公認ドッグトレーナー

森山 敏彦

犬と一生一緒宣言

愛犬を迎えたら一生一緒に暮らす。
それが当たり前の社会であって欲しいですね。

ぜひ、Facebookで「いいね!」を押してください。
https://www.facebook.com/withdogs

—————————————————-

—————————————————-

森山mail: school@playbow.jp

—————————————————-
編集発行:PLAYBOW Dog Trainers Academy
森山 敏彦

〒153-0063
東京都目黒区目黒2-15-15岡地ビル2F
Tel:03-5734-1711
E-mail:school@playbow.jp

HP:https://playbow-dogtrainers-academy.com/

Copyright 2009 PLAYBOW Dog Trainers Academy
—————————————————-

—–