ドッグトレーナー養成スクールPLAYBOW 創立者森山名誉校長のBLOG お店で「帰ってください」と言われました

お店で「帰ってください」と言われました


犬にも人間と同じ命があるという事を日本中の飼い主さんに
伝えたい!それが森山の想いです。

捨てない飼い主さんを増やすためには愛と良心をもった
ドッグトレーナーの存在が必用不可欠です。

だからドッグトレーナーになりたい人を応援しています。

日本中の飼い主さんが、犬を飼ったら一生捨てない!
「一生いっしょ宣言」をしてくれる日を夢見て!

プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー校長

ガンドッグレトリーブトライアル協会会長

日本APDT事業企画委員

英国APDT公認ドッグトレーナー

米国CPDT公認ドッグトレーナー

森山 敏彦

—————————————————-
近況

明日から15期生の授業が始まります。

生徒さんにどんな未来が始まるのかワクワクします。

そこに携われることに感謝!

—————————————————-
ドッグトレーナーのお仕事

タイトル

【 お店で「 帰ってください」と言われました 】

—————————————————

本文

たとえば貴方がドッグトレーナーを頼むとしたらどんな
ドッグトレーナ―にお願いしたいと思いますか?

お店を持っているトレーナーがいいですか?

それとも出張で家まで来てくれてマンツーマンで教えて
くれるドッグトレーナーさんがいいですか?

森山の基準はちょっと違います。

森山がドッグトレーナーを頼むとしたら森山の愛犬の
ボイシー君をめちゃくちゃかわいがってくれるトレーナー
に頼みたいと思います。

以前、プレイボゥのスタッフで太田さんと言うトレーナー
がいました。

実は太田さんはボイシーのことが大好きだったのです。

人間なのにボイシーと結婚したいと本気で言っていました。

今は人間の双子を出産をして子育てに専念していますので
トレーナー業はしていませんが、

それまでは森山がイギリスに行くときは太田さんが率先
してボイシーを預かってくれました。

もちろんボイシーの事を大好きな太田さんなら森山も安心
して預けることができます。

今年の年賀状にも「双子は産みましたがボイシーに対する
気持ちは変わっていません」と書いてありました^^;

ですからお客さんは、本気で愛犬をかわいがってくれる
ドッグトレーナーなら安心して大切な愛犬のトレーニング
を任せてくれるはずです。

もちろん、おやつをたくさんあげたり、甘やかすという
ことではないですよ!

ドッグトレーナーとして良いこと悪いことの分別を付けた
上でかわいがる、好きになるということです。

もちろん悪い行動をしたら叱っても良いと思いますよ。
ただし、感情で叱るのではなく教育的にですが!

しかし、このドッグトレーナーさん、うちの子の事を
真剣に考えてくれてる、と言うメッセージが飼い主さんに
伝れば良いのです。

逆に言えば、いくらドッグトレーニングの技術があっても
知識があっても愛情のないドッグトレーナーは信頼され
ません。

森山には信じられないことなのですがお客様から
聞くところによると、例えば「この犬だめですね」とか

「凶暴だな~、とか以前見てもらったドッグトレーナー
に言われたのです」って仰る飼い主さんって結構多い
のですよ!

そんな言葉を聞くとそのトレーナーさんって本当に犬が
好きなのかな~と疑ってしまいます。

以前とても雰囲気が良く、家具やデザインも素晴らしい
渋谷のお店で定期的に森山主催の犬業界の飲み会を
やっていました。

安くて料理も美味しいし飲み物も飲み放題で色々な種類が
あります。

お店のスタッフさんもとても感じが良かったので、飲み会は
ずっとこの店でやろうと決めていました。

しかし、ある時から男性のスタッフが入ってきたのです。

場所は3時間貸切で借りていたのですが、終了30分前に
なる頃にその男性スタッフから「30分前です」と
終了時間を言われました。

ちょうど3時間を過ぎるとそのスタッフ「終了ですよ」と
冷たく言い放つではないですか!

飲み会のメンバーさんたちは話が盛り上がりそのあとも
中々帰ろうとしません。

森山も何回もメンバーに「お店を出ましょう」と言って
いるのですがすぐに入口あたりでまたおしゃべりが始まり
中々お店を出てくれないのです。

業を煮やした男性スタッフは森山に「時間は終了しています
早く帰らせてください」と・・・

もちろん時間を過ぎたら出ていくのが当たり前なのですが
言い方と言うものがあるではないですか!

「申し訳ありませんお時間ですのでご退出いただけますか」
とか「次のお客様がお待ちですので」とか言われれば

森山も「早く出なければ申し訳ない」と思うのですが
「早く帰らせてください」と言われれば腹が立ちます。

結果、森山は「その店では2度と飲み会はやらないぞ」と
心に誓いました。

その男性スタッフからは全く愛情が感じられませんでした。

何も飲食店に限った話では無いですよね!ドッグトレーナー
も同じだと思うのです。

料理や雰囲気(知識や技術)が良くても愛情が無ければ
リピートはしないのです。

絶対に口コミも起きません!

と言うか逆に悪い噂はすぐに立ちます。

私たちドッグトレーナーは犬のトレーニングを飼い主さんに
教えるので立場的には「先生」です。

しかしドッグトレーニングはサービス業だという事を忘れ
ないでほしいのです。

愛情を持って飼い主さんの愛犬に接し、飼い主さんが
持っている悩みを解決してさしあげて、初めて信頼して
いただけるのです。

高飛車に「この犬だめですね」とか言ってたら、絶対に
売れっ子トレーナーにはなることはできませんよね!

愛ですよ愛!

森山はブログランキングに登録しています。
したのバナーをぽちっと押してもらえるととても喜びます。
 ↓↓↓↓↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

—————————————————-

いただきます。
また、こんな内容の記事を書い欲しいとのご希望も
受け付けています。

森山mail: school@playbow.jp

—————————————————-
編集発行:PLAYBOW Dog Trainers Academy
森山 敏彦

〒214-0014
神奈川県川崎市多摩区登戸2978 芝原ビル3F
Tel:044-932-0888
E-mail:school@playbow.jp

HP:https://playbow-dogtrainers-academy.com/

Copyright 2009 PLAYBOW Dog Trainers Academy
—————————————————-

—–