ドッグトレーナー養成スクールPLAYBOW 創立者森山名誉校長のBLOG 手作り食の効果

手作り食の効果

貴方の想いで日本の犬達の殺処分を0に
近づけましょう

プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー校長

英国APDT公認トレーナー

米国CPDT公認トレーナー

日本APDT事業企画委員

森山 敏彦

——————————————-
近況

今日は朝から中目黒で打ち合わせが2件。

新しい案件の打ち合わせです。

——————————————-

ドッグトレーナーのお仕事

タイトル

【 手作り食の効果 】

——————————————

本文

前回の続きです。

森山はイギリスで教わってきた「BARF DIT」を
恐る恐る、愛犬のコウメに試してみました。

その内容は生の手羽先とフードプロセッサーで
粉砕した野菜です。

食材は全て近所のスーパーで買ってきたものを
使いました。

要するに人間が食べる食材です。

コウメは手羽先は美味しそうに食べるのですが、
野菜はあまり好きではありませんでした。

それでも、だましだまし、野菜を食べさせた
のですが、どうしても野菜は残してしまいます。

どうしたものかと悩みながらも数年間、試行錯誤
しながら色々なことを試してみました。

肉も野菜も完全な生食ではなく、火を通して
みてはどうだろうと火を通してみたり、

手羽先の骨を消化しないこともあり、むね肉に
変えてみたりもしました。

最終的にたどり着いた結論は、鳥のむね肉を煮て
煮汁を野菜に絡ませてあげればコウメは野菜も
お肉も全部平らげてくれたのです。

そしてお腹の調子も良くなりました。。

この頃はコウメ以外にも2頭ゴールデンが増え
その子たちにはそのまま手羽先をあげてました。

野菜も何もしなくてもばくばく食べてくれます。

本当に、その子その子で、全く違います。。

その頃になると手作り食を推奨する獣医師の
先生も出てき始め、ちまたで手作り食を始める
飼い主さんも増えてきました。

ここで困った現象が起こってきたのです。

獣医師の先生の中には「お肉は絶対に火を通さ
なければ与えるべきででない」と仰る方がいたり、

「いやいや生でなければ意味がない」と言う意見
があったり、

「穀類は与えてはいけない」と言う意見があったり
「穀類を与えるべきだ」と言う意見があったりと

真反対の意見が沢山出てきたのです。

ですから森山を含めた手作り食をしている飼い主
さん達は勉強すればするほど、どうしてよいやら
分からなくなってしまいました。

ですから今は結局自分の犬に合った方法であれば
何でもアリなんだなってことで、納まった感じです。

人間も火を通して食事を作りますから火を通した
からと言って栄養素が全く無くなってしまうわけ
ではないだろうし、

穀類は与えると太る傾向があるので与えるのは
ひかえようとか、

それぞれの個体に会った方法を選択するように
なってきました。

基準は愛犬のウ○チの状態と体重の上がり下がり
を見て判断します。

森山がそうまでして手作り食にこだわった理由は
コウメの食事をドッグフードから手作り食に変えた
直後から物凄い変化が起こったからなのです。

コウメはお腹が弱く、しょっちゅう下痢をして
いました。

時には血便になることもあり、そのたびに色々な
ドッグフードを試していたのですが、

良いフードにめぐり合うことはありませんでした。

さらにドッグフードを食べていた頃は耳垢が大量に
出ていて、毎日耳掃除をしないと聞こえなくなって
しまうのではいないかと言うほどでした。

目やにもひどく、ゴールデンレトリバーなのに
涙焼けができるほど、目やにが出ていたのです。

しかしそれが、手作り食に変えた瞬間、お腹の調子が
良くなり、耳垢もほとんどでなくなり、目やにも
ほぼでなくなったのです。

ドッグフードを止め、1ヶ月のうちに!です。

食材に火を通したり、骨を食べさせなくも
しましたが、良くなったコウメの体調は悪くは
なりませんでした。

それから森山は、サプリメントや他の食材も研究
し始めました。

そして、良い結果が出るとクライアントにも手作り食
を勧めるようになりました。

するとクライアントの愛犬からの情報も、どんどん
得られるようになりました。

色々な犬種や年齢で手作り食を試しましたが、大概
は良い結果が出ます。

そうやって森山は、手作り食の研究にはまって
いったのです。

トレーニングも大事ですが、犬の健康あっての
トレーニングですものね!

次回はクライアントの犬たちの変化について。

続く

いかがだったでしょうか!今日のお話、参考に
なりましたでしょうか!

参考になったと思う方は下の日本ブログ村のバナー
をぽちっと押してください。

森山はランキングに参加していますのでバナー押して
いただけるととっても嬉しいです。

にほんブログ村の訓練士、ドッグトレーナーの
ブログに飛びます。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

ブログランキングに参加しています。

ためになったと思ったら愛のぽちっをお願いします♪

——————————————-

※是非、皆さんのご意見ご感想をお聞かせ
ください。
時間はかかるかもしれませんが、必ず直接
お返事させていただきます。
また、こんな内容の記事を書い欲しいとの

森山mail
school@playbow.jp

※このメールはプレイボゥドッグトレーナーズ
アカデミーに資料のご請求をいただいた方、
メルマガ登録をされた方だけにお送りして
おります。
今後、不要という方はこのまま送信不要と明記
の上、返信してください。

—————————————
編集発行:PLAYBOW Dog Trainers Academy
森山 敏彦

〒214-0014
神奈川県川崎市多摩区登戸2978 芝原ビル3F
Tel:044-932-0888
E-mail:school@playbow.jp

HP:https://playbow-dogtrainers-academy.com/

Copyright 2009 PLAYBOW Dog Trainers Academy
—————————————

—–