ドッグトレーナー養成スクールPLAYBOW 創立者森山名誉校長のBLOG リフレーミング

リフレーミング

貴方の想いで日本の犬達の殺処分を0に
近づけましょう

プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー校長

英国APDT公認トレーナー

米国CPDT公認トレーナー

日本APDT事業企画委員

森山 敏彦

——————————————-
近況

蒸し暑いですね~

こんな天気の時もワンコの熱中症は
起こりますので水分補給は忘れずに!

——————————————-

ドッグトレーナーのお仕事

タイトル

【 リフレーミング  】

——————————————

本文

昨日は、潜在意識にたまっている情報を
インストールし直し、情報を書き換える

と言うお話をしました。

そんな、過去の情報を書き換えることなんて
できるの?

と言う声が聞こえてきそうですね!

答えは、トレーニング次第ではできます。

と言うことです。

この技法はNLPと言う心理学の方法を使います。

この方法はアメリカで開発され日本では神経言語
プログラミングと言われています。

この方法の信頼性が高い理由は主にベトナム戦争の
帰還兵などの心理療法に使われ、効果を
出しているからなのです。

最近ではアンソニーロビンズがレーガン大統領や
クリントン大統領にNLPを使ったコーチングを
行ったことで有名になり、ビジネス界でも
使われるようになり効果を出しています。

今日は、その中の一つ、リフレーミングと言う方法を
ご紹介しましょう。

この方法は物事の概念のフレームを変えてしまう
と言う方法です。

分かりづらいですね^^;

たとえば、貴方が彼氏(彼女)にふられたとします。

1人の貴方は「もうだめ・・生きていけない」と
嘆きます。

もう1人の貴方は「よーしもっといい男(女)
見つけよ」とテンションを上げます。

どちらの思考を選ぶのも貴方の自由だということです。

彼氏(彼女)にふられたという事実は1つです。

でもその事実にどんな意味を付けるかは貴方の
自由だということなのです。

犬は食べ物を見ると無条件によだれを垂らします。

これは無条件反応と言います。

人間の場合はどう反応するかは自分が選べるのです。

要するに貴方の思い出したくもない嫌な思い出の
意味づけを変えてしまうことをリフレーミング
と言います。

最初は少し、トレーニングが必要ですが、慣れてくると
ちょっと嫌なことがあった時にすぐ、リフレーミング
することができるようになりますよ。

森山が、よく使うリフレーミングのテクニックを
ここで1つ紹介しましょう。

森山に何か嫌な事件が起こったとします。

最初に嫌なことと意味づけをするのは、森山の
潜在意識が過去の経験から今起こっている事件
との関連性を見つけ出し意味づけをしているのです。

ですから森山は、新しく意味を考え出す必要が
あるのです。

「神様は俺に、ここから何を学べと言ってるのかな~」

と質問してみます。

すると「嫌なこと」の意味づけが変わってしまいます。

「嫌なこと」から、学ぶことによって次に同じような
ことが起こった時に対処の方法が分かる→「良いこと」
に変わってしまうのです。

この方法はすごく簡単で、すごく便利です。

勝手に自分の都合の良い理由に意味を変えるだけ
なのです。

良いですか、事実は1つです、でもその事実に
意味を付けるのは貴方なのですから、自由に
意味を付けることができるということなのです。

最初はちょっと意識しないとできないかもしれま
せんが頑張って練習すれば誰でもできるように
なります。

貴方も是非使ってみてくださいね!

次回はアンカーリングと言う方法をご紹介します。

いかがだったでしょうか!今日のお話、参考に
なりましたでしょうか!

参考になったと思う方は下の日本ブログ村のバナーを
ぽちっと押してください。

森山はランキングに参加していますのでバナー押して
いただけるととっても嬉しいです。

にほんブログ村の訓練士、ドッグトレーナーの
ブログに飛びます。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。ためになったと思ったら愛のぽちっをお願いします♪

——————————————-

※是非、皆さんのご意見ご感想をお聞かせ
ください。
時間はかかるかもしれませんが、必ず直接
お返事させていただきます。
また、こんな内容の記事を書い欲しいとの

森山mail
school@playbow.jp

—————————————
編集発行:PLAYBOW Dog Trainers Academy
森山 敏彦

〒214-0014
神奈川県川崎市多摩区登戸2978 芝原ビル3F
Tel:044-932-0888
E-mail:school@playbow.jp

HP:https://playbow-dogtrainers-academy.com/

Copyright 2009 PLAYBOW Dog Trainers Academy
—————————————

—–