ドッグトレーナー養成スクールPLAYBOW 創立者森山名誉校長のBLOG アメリカのパピーナーサリー

アメリカのパピーナーサリー

貴方の想いで日本の犬達の殺処分を0に
近づけましょう

プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー校長
森山 敏彦

——————————————-

ドッグトレーナーのお仕事

タイトル

アメリカのパピーナーサリー

——————————————

本文

森山は数年前、
何とか早くパピーナーサリーを日本中に
広める方法は無いものかと検討した結果、
パピーナーサリーのフランチャイズを
計画したことがあります。

フランチャイズ専門のコンサルタントの方に
相談しましたが、結果は難しいだろうとのこと
でした。

ドッグトレーナーのお仕事は専門的な要素が
強いのでフランチャイズは無理でしょうとの
意見でした。

しかし、アメリカでは既にパピーナーサリーの
フランチャイズがあるのです。

そのコンサルタンントの方がアメリカ全土の
フランチャイズのイベントに出たときに
資料をいくつか貰ってきてくれました。

中でも目を引く豪華な資料があり、その資料で
紹介されている施設にはロビーがあり、立派な
受付カウンターも付いていました。

もの凄く広いプレイルームがあり、もちろん
ペットホテルも併設されています。

本物を見ていないのでよく分かりませんが、
パンフレットを見る限り、ディズニーランドの
犬版のような感じですかね。

施設全体がとてもカラフルな色使いがされていて
とても楽しそうな感じでした。

アメリカの色々なフランチャイズを手がける有名な
会社が運営しているそうです。

フランチャイズ料はな、なんと6千万円!

おそらくもの凄く細かいノウハウが含まれて
いるのでしょうね。

さすがアメリカって感じですね。

立派なビジネスです。

さて、
今まで4回に渡ってお伝えしてきたように
アジアでも欧米でも世界中でパピーナーサリーが
増えています。

森山が考えるに、パピーナーサリーのような施設は
世の中から必要とされているのだと思います。

だからこそ、世界中でパピーナーサリーが増えて
いるのだと思います。

犬の飼い方が科学的に解明されて、犬には社会化が
大切だと言うことが分かってきました。

しかし、飼い主はどのようにして子犬の社会化を
促進したらよいかが分からなかったのです。

そして時代がパピーナーサリーのような施設を
生み出したのでしょう。

もちろん、ビジネス的な要素もあると思いますが、
それはそれで必要なことでもあります。

森山はこの流れがこのまま続くと感じています。

私の周りだけでもパピーナーサリーを開業したい
人が沢山います。

いずれ、日本でも犬を飼ったら必ず
パピーナーサリーに行くと言う文化が根付いて
くると感じます。

それこそ、森山の望むところです。

犬を飼い始めたらみんなパピーナーサリーに
通い、フレンドリーな良い子が増え、飼い主さんも
犬たちも幸せになります。

そして飼い主さんの意識も高まり、やがて殺処分
される犬も激減することでしょう。

少しずつ、少しずつですが、森山の夢が実現する日が
近づいてきましたよ。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村
 

 ぽちっとお願いします♪

——————————————-

※是非、皆さんのご意見ご感想をお聞かせ
ください。
時間はかかるかもしれませんが、必ず直接
お返事させていただきます。
また、こんな内容の記事を書い欲しいとの

森山mail
school@playbow.jp

※このメールはプレイボゥドッグトレーナーズ
アカデミーに資料のご請求をいただいた方、
メルマガ登録をされた方だけにお送りして
おります。
今後、不要という方はこのまま送信不要と明記
の上、返信してください。

—————————————
編集発行:PLAYBOW Dog Trainers Academy
森山 敏彦

〒214-0014
神奈川県川崎市多摩区登戸2978 芝原ビル3F
Tel:044-932-0888
E-mail:school@playbow.jp

HP:https://playbow-dogtrainers-academy.com/

Copyright 2009 PLAYBOW Dog Trainers Academy
—————————————

—–