ドッグトレーナー養成スクールPLAYBOW 創立者森山名誉校長のBLOG 貴方の愛犬は「お座り」します?

貴方の愛犬は「お座り」します?

貴方の想いで日本の犬達の殺処分を0に
近づけましょう

プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー校長
森山 敏彦

——————————————-
近況

急に涼しくなりましたね!

ワンコにはちょうどいいかな

クーラーを付けっぱなしにした部屋で
留守番させるのは停電が心配なので
ちょっと一安心

でも、気分的にはもう少し夏を満喫したい
気分かも!

——————————————-

ドッグトレーナーのお仕事

タイトル

貴方の犬は「お座り」します?

——————————————

本文

多くの方から環境省へのパブリックコメントの
ご協力をしていただきました。

本当に有難うございます。

まだ日程に余裕がありますので、どんどん拡散
していただければと思います。

宜しくお願いいたします。

http://bit.ly/pGN2wp

さて、それでは、久々に今日は
ドッグトレーナーらしく犬の学習方法について
書いてみましょう!

森山は単発のしつけ教室で、よくやる実験が
あります。

貴方の愛犬は「お座り」できますか?

と言う質問に、参加している方の大半が
「できます」と仰います。

「それではここで実験してみましょう」

「まず、直立不動の姿勢で手の指示などは一切
使わずに言葉の指示だけで、「お座り」を
させてみてください」

と言います。

10秒ほどで結果が出ます。

「それでは次の実験をしてみましょう」

「次は、一切言葉を使わないでゼスチャーだけで
お座りをさせてみましょう」

と言います。

10秒後、結果を聞いてみます。

「言葉だけの方が反応がよかった方は?」

挙手していただきます。

ぱらぱらと手が上がりますね。

「では、ゼスチャーの方が反応がよかった方は?」

大体こちらの方が挙手する人が多いのです。

この実験は何をしているかといいますと

犬は「お座り」の言葉に反応しているのか、
ゼスチャーに反応しているのかを実験
しているのです。

犬は人間のような言語を持っていませんので
残念ながら人間の「言葉」を最初から理解
しているわけではありません。

犬のコミュニケーション方法は相手が何を
考えているのかを理解しようとするときに、
相手の犬の耳の形や尻尾の位置、等を
見て相手が今、どんな感情なのかを判断します。

ですので、犬が得意なのは「ゼスチャー」
ボディーランゲージなのです。

言葉の指示と手の指示を同時に出すと犬は
慣れ親しんでいる刺激(指示)に対して
反応します。

そして、何が起こるかと言うと、隠蔽
(オーバーシャドーイング)が
起こります。

手の指示と言う刺激が言葉の刺激を
隠してしまうのです。

結果、犬は「お座り」の言葉を
覚えることができないと言うことになります。

多くの飼い主さんは、犬が自分の言葉に
反応していると思っているのですが、
実は犬は「ボディーランゲージに反応していた」
というわけです。

さて、貴方もこの実験やってみてください。

手の指示と言葉の指示を別々に
出してみると犬がどちらに反応しているのかが
よく分かります。

だけど、うちの犬、「お座り」って言ったら
「お座り」するよ!と仰る方はいるでしょう!

その通り!

次回はその辺を。

———————————————
※是非、皆さんのご意見ご感想をお聞かせ
ください。
時間はかかるかもしれませんが、必ず直接
お返事させていただきます。
また、こんな内容の記事を書い欲しいとの

森山mail
toshim@cdsplaybow.com

※このメールはプレイボゥドッグトレーナーズ
アカデミーに資料のご請求をいただいた方、
メルマガ登録をされた方だけにお送りして
おります。
今後、不要という方はこのまま送信不要と明記
の上、返信してください。

—————————————
編集発行:PLAYBOW Dog Trainers Academy
責任者: 森山 敏彦

〒214-0014
神奈川県川崎市多摩区登戸2978 芝原ビル3F
Tel:044-932-0888
E-mail:school@playbow.jp

HP:https://playbow-dogtrainers-academy.com/

Copyright 2009 PLAYBOW Dog Trainers Academy
—————————————

—–