ドッグトレーナー養成スクールPLAYBOW 創立者森山名誉校長のBLOG テリントンTタッチ

テリントンTタッチ

———————————————

近況

今日からいよいよ7月コースの始まりです。

新しい期が始まるときはいつも少し緊張しますが、
とても楽しいですね。

新しい生徒さんたちの色々な情報が聞けて
とても楽しいです。

皆さん、これから半年間、頑張りましょう!

7月10日(日)に卒業生の経営する
ドッグカフェ・室内ドッグラン・ペットホテル
NORCS(ノークス)
http://www.norcs-cafe.com/
 

でパピーパーティーを行います。

パピーを飼い始めた皆さん、是非参加してください。
詳細はこちら↓↓

http://blog.goo.ne.jp/norcs/e/0a26b8a6c59fe3ea513ac48e4b778deb?fm=rss
 

森山も行きますよ!
———————————————

ドッグトレーナーのお仕事

タイトル

テリントンTタッチ

———————————————

本文

突然ですがTタッチってご存知ですか?

リンダテリントンジョーンズさんがご自分の馬に
施したケア療法なのですが、一言で言うと
「理性の器を広げる」と言うことなのだそうです。

普段あまり意識したこと無い場所に非習慣的な
刺激を与えることで脳のバランスを良くし、
心の落ち着きを取り戻す療法です。

リンダさんの馬はリンダさんから施術を受けると
今まで落としていた障害のバーを落とさなく
なったそうです。

それは、馬が自分の足をあまり意識せずに障害を
飛んでいたのが、足を意識できるようになったので
障害が引っかからなくなったのだそうです。

それではどんなことを馬にしたのでしょうか?

方法は、色々あるのですが、その1つに指先を軽く
馬の足の皮膚にあて、のの字を書くように軽く皮膚を
刺激します。

すると馬は今まで自分の足を意識できていなかったのに
「ここに自分の足があるんだ」と意識できるように
なったのです。

ですから障害のバーを落とさなくなったのですね。

それを犬に応用したのが今回のテリントンTタッチ
なのです。

では、これを読みながら腕組みをしてみてください。

簡単ですね!

それでは腕を逆にして腕組みをしてみてください。

ちょっと戸惑いと違和感があるのではないでしょうか!

ご自分の腕を少し意識しましたよね。

イメージとしてはこんな感じです。

Tタッチの効果としては怖がりで、他の犬に
ワンワン吠えてしまう子が、Tタッチを施術すると
吠えなくなったり、

落ち着きの無い子にTタッチを施術したらその場で
眠りだしたり、

色々な効果が現れます。

そのTタッチの開発者、リンダテリントンジョーンズ
先生のお弟子さんで、世界中にいる
Tタッチプラクティショナーの中でもトップ4人に
入るデビーボッツ先生が来日し、当アカデミーにて
ワークショップを行うことが決定しました。

ちなみに日本にTタッチのプラクティショナーは
まだ9人しかいないそうです。

その9人の方たちにTタッチを教えたのがデビー
先生なのです。

現在もデビー先生は世界中を飛び回って
Tタッチのワークショップを行っていらっしゃいます。

そんな凄い先生が当アカデミーにてワークショップを
してくれるなんて夢のようです。

下記アドレスへ飛んでいただくと
プレイボゥのトップページが出ますので下に
スクロールして頂くとセミナー情報が
出てきます。

大変人気のあるワークショップです。

もうすぐ定員に達してしまいますのでお申し込みは
今すぐお申し込みください。

https://playbow-dogtrainers-academy.com/
 

こんな機会はめったにありませんよ~

———————————————-

—–