ドッグトレーナー養成スクールPLAYBOW ドッグトレーナーになりたい!応援ブログ 夢から読み解く深層心理

夢から読み解く深層心理

こんにちは!
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー事務局の神野です。

 

前回より夢の話を語ってます。
夢は夢でも、眠っている時に見る夢の話です。

 

前回のブログはコチラです。 

 

教室でごろごろケイティ♪

教室でごろごろケイティ♪

 

本題に入る前に余談です。
動物のバクが悪夢を食べると言われる由来を知っていますか?

 

元々「獏」とは、伝説上の生き物として中国の書物に存在していました。
なぜ動物の「バク」が伝説の生き物と合致させられたのか。

 

それは、書物に書かれた獏の姿が比較的動物のバクに
似ていたことからその名を付けられたそうです。

 

しかし書物には、伝説の獏が悪夢を食べると記載された文献が一切無く、
むしろ動物バクの毛皮を身に纏うと、疫病や邪気払いになるとされ縁起物として
重宝されたそうです。

 

人のエゴで皮を剥いで身に纏うことにどこが縁起物だ!と、
神野は腹が立ちましたが…。 

 

そんな背景からも、日本にバクがやってきた時は既に、
「悪夢払いのバク」という言葉だけが日本で一人歩きをしたのだそうです。

 

バク

これがバク。

 

さて、長くなってしまいましたが(-_-;)
前回のメルマガの続きで、私の夢のお話です()

 

あまりにくだらない内容なため、今から配信不要の
メールが来ることが何よりも心配です(笑)

 

 

しかし、続けます。
夢に現れた友人の柴犬うったん。
犬のうったんは椅子に座った男性に抱きかかえられ、

 

とても穏やかな表情をしていました。

 

部屋からは音楽が流れています。
曲はわかりませんが、激しめなロックンロール。

 

傍観する私の顔を見て、
再び犬はU^-U「大丈夫。」と言うのです。

 

何が、大丈夫なのか?あの男性は誰だったのか?
1日中、頭から離れることはありませんでした。

 

そんな夢を見た2週間後。友人からLINEが。

 

友人とは犬のうったんの飼い主からでした!
「うったんのことで相談がある。」

 

え…これはただごとではないかも…。
相談とは?犬のうったんの相談?

 

犬のしつけが出来てる、穏やかな犬に一体なんの相談が?
U^^U「大丈夫」と言われたことを思い出しました。

 

私は落ち着かない気持ちで、
横浜にあるカフェで待ち合わせをすることにしました。

 

どうか、深刻な相談ではありませんように!

 

気が付けば長編となっていたこのメルマガ。
次こそは(?)完結します。