ドッグトレーナー養成スクールPLAYBOW ドッグトレーナーになりたい!応援ブログ また来る災害に、今私達が出来ること

また来る災害に、今私達が出来ること

こんにちは!プレイボゥドッグトレーナーズアカデミーアカデミー事務局の神野です。

私の住まいは神奈川県。先日、多くの災害を被った大型台風19号が関東を直撃しました。
気象庁では「直ちに命を守る行動を」と、特別警報を発表し、連日ニュースでも取り上げられていました。

その様な状況下でも「うちの地域は大丈夫」と、不謹慎ながらも高をくくってしまっていた私。。。

実際、幸いにも事なきを得たのですが、近隣には多摩川が流れており、その周辺の被害状況は目を覆う程でした。
そして、
安易に感じていた自身に深く反省しました。

イメージです。

この高を括る思考。
これは人間が元々持ち合わせている、「正常性バイアス」という心理的なメカニズムからくるものです。
実際当時も、スーパーに人が押し寄せ、食料品の棚がすっからかんとなったのは、風や雨が強くなり、初めて五感で「危険」だと感じ始めた時からでした。

身の危険や、想像を絶する恐怖を持ち始めた時点では、人はパニックへとなり、正常な思考が働きません。
災害が事前に予期出来るのであれば、まだ事来る前に行動をおこして、常に危険や恐怖と隣合わせにいることを自覚するだけでも、もしもの時に、救われる確率は高くなると感じました。

このメルマガを読まれている方の多くは犬と一緒に過ごされていると思います。
人間だけではなく、家族の一員である犬の安全をも確保するために、飼い主として何が出来るでしょうか?

もし被災した時に愛犬の安全を守るためにすべきことはなんだろう?
過敏に感じやすい動物である愛犬のストレス軽減に必要な事はなんだろう?
犬のために避難バッグを用意したとしても、何を積めれば良いのか悩んでしまう。。

僕たち、あたし達のこと守ってくれる?


多くの悩みを抱え、不安に感じるよりも
先に出来る事は必ずあります。

2011年の東日本大震災で実際に被災にあい、そして被災動物の保護活動に携わった当スクールの講師、矢川の体験談から、
今からでも遅くない被災時に重要な事。そして災害時に必要なドッグトレーニング。
またドッグトレーナーという職業だからこそ発信ができる、社会的な役割をセミナー形式でお伝えさせて頂きます。

★災害までに私たちが出来ることセミナー★
日時:12月3日(火)14時~15時半
場所:プレイボゥ中目黒教室
参加対象者:ご入学前の一般の方(先着6名)
参加費:無料

お申込みはこちら ↓↓↓
(申込フォームよりお申込みください)
https://playbow-dogtrainers-academy.com/13397.php

メール・TELでも受け付けております。
Mail: school@playbow.jp
Tel : 03-5734-1711(営業時間: 9:15-17:15)

ご興味ございましたらご予約の上、ぜひプレイボゥ中目黒教室までご来校をお待ちしております。