ドッグトレーナー養成スクールPLAYBOW ドッグトレーナーになりたい!応援ブログ 強敵!

強敵!

こんにちは。プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー事務局の石田です。

だんだんと暖かく過ごしやすい日が増えてきましたが、この時期になると私にはどうしても戦わなくてはいけないものがあります・・

 

そう、花粉症です!!!

 

くしゃみはもちろん、目の痒みもひどく目薬も手放せない毎日。

毎年が楽しみにな反面、この花粉症との戦いに悩まされる季節です。

 

皆さんも花粉症は大丈夫でしょうか?

つらい!という方、一緒に乗り切りましょう。

なにか良い対策法がある方!ぜひ教えてください。

そしてこの花粉症、犬も発症する可能性があるそうなんです!

 

なので今回は、犬の花粉症についてお話していこうと思います。
(参考記事 ワンぺディアhttps://wanpedia.com/disease-hayfever/)

 

まず、花粉症かもしれない、主な症状として
・鼻水やくしゃみが出る
・体を壁や床にこすりつける
・顔を掻きむしる
・涙が出る
・目の周りの毛が抜ける
・皮膚が赤くなる
などがあげられます。

 

とくに!普段くしゃみをしない犬がくしゃみを連発していたら、花粉症の可能性があります。

 

1、2回のくしゃみは問題ありませんが、長いくしゃみや連発するくしゃみは、犬の体力を消耗してしまうので危険です。

 

人間でもくしゃみが連続で続くとなんだか疲れてしまいますよね、、
それが自分よりも小さな体で起こることを想像すると、体力の消耗も頷けます。

 

鼻水をたらしていたり、何回もくしゃみをしたりしている場合は、花粉症かアレルギー性鼻炎の可能性が疑われる為、病院での受診をおすすめします。

(花粉症はあくまで環境性アレルギーの1種です。)

 

 

次に、犬が花粉症だと判断されたときの対策法も少しご紹介します。

まず、お散歩の時間帯に気をつけましょう。花粉が最も飛んでいる時間帯の外出を控えてあげてください。もしも時間帯が変えられない場合は、犬に洋服を着せてあげると、体につく花粉の量を少し減らすことができるそうです。

 

そして、家に帰ってきたら犬をタオルで拭くなど外でついた花粉を落としてあげましょう。その際は、飼い主の洋服や髪の毛についた花粉をはらうこともお忘れなく!

また、家の中でも空気清浄機を置く、床掃除の際は花粉が舞い上がらないようにするなど、花粉対策としてできることもあります!
これらは人の花粉症対策として行っている方も多いかもしれません。

 

花粉症に重点をおくとつらい時期ではありますが、春はとても過ごしやすい季節です!

桜と犬の写真

お花見の季節ですねぇ❀❀❀

犬と人、互いの為に花粉対策をしてお花見ピクニックなど楽しい時間を一緒に過ごせるといいですね!