ドッグトレーナー養成スクールPLAYBOW ドッグトレーナーになりたい!応援ブログ 犬が〇〇〇でした

犬が〇〇〇でした

こんにちは(‘-^v)

 

プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー事務局の瀬尾です。

 

はじめてのメルマガ、今日で3日目。

想像以上に難しいです。

自分の体験談ばかりになってしまいますが、良ければお付き合いください。

 

 

さて。

 

みなさんは、犬、好きですか?

 

そんなの当たり前じゃないか!?という声が聞こえてきそうです(^^;)

 

実は、私・・・

 

 

 

犬が苦手でした!!

 

犬が近寄って来たら、怖くて体が固まるほどに。

 

噛まれたらどうしよう。
追いかけてきたらどうしよう。

 

 

しかし今や、

 

犬を見たら目尻が下がり、
声が高くなり、
赤ちゃん言葉になり、
許されるなら延々と撫でていたい。

 

 

さらには、

 

犬に囲まれる生活を夢見、
ドッグトレーナーの学校に通い、
そこでちゃっかり社員として働く私。

 

 

おそらく、昔の私が見たらドン引きするでしょう。

 

 

なぜ、犬が苦手だったのか?

 

 

今思えば、答えはとても簡単。

 

 

幼少期に接点のあった犬が『社会化』が出来ていなかったからです。

 

犬と仲良くなりたくて近寄っていく私に対して、

 

 

子ども嫌いで、近づくとうなる近所の犬

警戒心が強く、誰にも懐かず、吠えてばかりの祖父の犬

一度興奮すると、飼い主の制止も聞かず、突進して追いかけてくる親戚の大型犬

 

 

 

・・・そりゃあ、苦手にもなりますよね?

 

 

『社会化』とは、

子犬が他の犬や人間、動物、物、音、自然現象など、人間社会で暮らす上で起こり得る、あらゆる刺激に慣れ、ストレスを感じることなく、平常心を保てるようになるよう慣らす作業のことです。

 

そうすることで、成犬になってからの問題行動が起こりにくいと言われています。

のぶながとチョビ

異種間交流も社会化のおかげでバッチリ?!

 

 

プレイボゥでは、この『社会化』の重要性について、繰り返しお伝えしています。

 

犬が、適切な社会化を受けることが出来れば、犬はもちろん、飼い主や犬が苦手な人もより快適な生活を送ることが出来ます。

 

 

是非、みなさんもプレイボゥドッグトレーナーズアカデミーで正しい犬の知識を学び、社会化の重要性を広める一員になりませんか?