ドッグトレーナー養成スクールPLAYBOW 創立者森山名誉校長のBLOG 苦行

苦行

貴方の想いで日本の犬達の殺処分を0に
近づけましょう

プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー校長

英国APDT公認トレーナー

米国CPDT公認トレーナー

日本APDT事業企画委員

森山 敏彦

アカデミーの資料請求はこちら
https://playbow-dogtrainers-academy.com/form/index2.html

【ドッグトレーナーのお仕事】小冊子プレゼントはこちら
https://playbow-dogtrainers-academy.com/present.php

—————————————————-
近況

今日はドッグトレーナーの仕事セミナーが
中目黒校行われました。

参加してくださった皆さん。

お疲れ様でした。

—————————————————
ドッグトレーナーのお仕事

タイトル

【 苦行 】

—————————————————

本文

突然ですが火の上を歩いたことありますか?

????

と思われるでしょうね!

森山は火の上を歩いたことがあります。

実は数年前、あるセミナーに参加したときのことです。

薪を燃やし、燃えている薪の上をはだしで歩くという
苦行を行ったことがあります。

セミナーの参加者は300人ぐらいいたと思いますが
女性も男性も全員火の上を歩くことに成功したのです。

実際には5メートルほど火の上を歩いたのですが、
この苦行を行う前に必ずイメージトレーニングを
します。。

必ず渡りきることができるぞ。

渡り切ったイメージを延々頭の中でイメージ化して
いきます。

よっしゃ~~~できるぞ~~~~と

セミナー自体は色々な内容があるのですが、火渡りは
そのセミナーのメインイベントのようなものに
なっています。

いざ火渡りの時間になると人数が半端なくいますから
中々自分の番が回ってこないのですがいざ、
自分の番が近くなってくると

「怖いよ~~~~」

「火傷したらどうしよう」

「真っ赤に燃えてるよ~~」

「熱そうだな~~~」

「こんなことに挑戦するんじゃなかった~~」

色々な恐怖心が湧いてきます。

情けない話、森山はかなりビビッていました。

しかし、森山の後ろにも沢山の人が火渡りを待って
いますので止める訳にはいきません。

周りには火渡りを過去に何回も経験したことがある
セミナーボランティアの人たちが何人もいて私たちを
励ましてくれます。

先輩たちが「前を見て」「下を向かない」「自分を信じて」
と励ましてくれるのです。

よし、行くしかない!!!森山は決断しました。

そして、自分の番が来ました。

結果、勇気を出して渡ってしまえば、なんて事はない、
簡単に渡ることができたのです。

若干足の裏が熱かった記憶がありますが・・・^^;

この苦行、何のために行っているかと言いますと、
「物事にはやり方がある」

その通りにやれば誰でも簡単にできてしまうのだよ!

「問題はその勇気を持てるか持てないか」という事。

これを身を持って体験するためのセミナーだったのです。

実は、セミナーに参加する前は火渡りがあるなんて
聞いていなかったのですが^^;

聞いていたら参加しなかったかもしれません。

火渡りは、火を見てしまうと怖くなってしまうので
前を見て一気に渡ってしまうというやり方をすれば
女性でも子供でもできてしまうのです。

事実、小学生ぐらいの子供も参加していました。

出来てしまえば

「怖いよ~~~~」

「火傷したらどうしよう」

「真っ赤に燃えてるよ~~」

「熱そうだな~~~」

「こんなことに挑戦するんじゃなかった~~」

と考えていた時間はなんだったのか!と思えてきます。

思い切って挑戦してみる勇気を持つだけです。

ただし火渡りを成功させるコツは、すでに成功している
人たちの真似をするという事です。

ニュートンの有名な言葉に

「私がさらに遠くを見ることができたとしたら、
それはたんに私が巨人の肩に乗っていたからです」

と言う言葉があります。

先人が築いた経験をもとに、さらに先に行くためには
先人に学ぶのが早道のようです。

危険ですから火渡りは真似をしないでくださいね^^

いかがだったでしょうか!今日のお話、参考に
なりましたでしょうか!

参考になったと思う方は下の日本ブログ村のバナー
をぽちっと押してください。

森山はランキングに参加していますのでバナー押して
いただけるととっても嬉しいです。

にほんブログ村の訓練士、ドッグトレーナーの
ブログに飛びます。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。ためになったと思ったら愛のぽちっをお願いします♪

—————————————————-

※是非、皆さんのご意見ご感想をお聞かせ
ください。
時間はかかるかもしれませんが、必ず直接
お返事させていただきます。
また、こんな内容の記事を書い欲しいとの

森山mail
school@playbow.jp

※このメールはプレイボゥドッグトレーナーズ
アカデミーに資料のご請求をいただいた方、
メルマガ登録をされた方だけにお送りして
おります。
今後、不要という方はこのまま送信不要と明記
の上、返信してください。

—————————————————-
編集発行:PLAYBOW Dog Trainers Academy
森山 敏彦

〒214-0014
神奈川県川崎市多摩区登戸2978 芝原ビル3F
Tel:044-932-0888
E-mail:school@playbow.jp

HP:https://playbow-dogtrainers-academy.com/

Copyright 2009 PLAYBOW Dog Trainers Academy
—————————————————-

—–