ドッグトレーナー養成スクールPLAYBOW 創立者森山名誉校長のBLOG パピーナーサリー

パピーナーサリー

貴方の想いで日本の犬達の殺処分を0に
近づけましょう

プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー校長
森山 敏彦

——————————————-

近況

アカデミー中目黒校の開校に伴い
キャンペーンを行います。

詳しくは下記アドレスへ

https://playbow-dogtrainers-academy.com/

——————————————

ドッグトレーナーのお仕事

タイトル

【 パピーナーサリー 】

——————————————

本文

パピーナーサリーって聞いたことありますか?

パピーは子犬、ナーサリーは保育園という意味で
子犬の保育園のことです。

森山は、今から十数年前、イギリスに初めて
行ったときに、イギリス人のトレーナーが運営
している犬の託児所のようなところへ連れて
行ってもらいました

そこには、フレンドリーな犬たちがたくさん
いました。

しかし、最初からフレンドリーだったわけでは
なく、最初はみんなとても怖がりな子たち
だったんだそうです。

森山はこんなにフレンドリーな子たちが怖がり
だったなんて全く信じられませんでした。

そのトレーナーさんは、ここでみんな慣れて
いったんだよ。

と言います。

その頃、日本ではパピーの社会化という言葉
もあまり知られていませんでした。

その頃森山は、フリーの出張トレーナーを
していました。

過度に吠える犬や恐怖心から攻撃してしまう
犬のほとんどは社会化不足からくる問題行動
だったのです。

森山は「この施設は社会化ができていない子が
多い日本にこそ、必要だ」と思ったのです。

そして2年後、森山はパピーナーサリーを
オープンしたのです。

パピーナーサリーとは言え、最初のころは
何をするところか理解してもらえませんでした。

ですから普通のトレーニング施設と間違えられ
入園してくる子は問題を持った成犬ばかり
だったので、なんだかリハビリクラス
のような感じでした^^;

それでも、1年ほどが過ぎると、パピーの数も
だんだん増えてきて、「保育園」のように
なって来ました^^

パピーナーサリーでは、その子の性格に合わせて
パピー同士を遊ばせたり、怖いものに馴らしたり

簡単なしつけを行ったりします。

子犬のうちにしっかりと社会化してあげると
犬はとってもフレンドリーになり、とっても
飼いやすくなります。

逆に社会化を怠ると怖がりな性格になりやすく
恐怖心から吠えたり、攻撃したりする子に
なってしまう可能性が高くなります。

日本では、まだまだ、子犬の社会化の情報が
正しく伝わっていません。

ですから、犬を飼い始めたけどどうやって
飼っていいか分からず、結果的に社会化不足に
してしまい、問題犬になってしまうケースが
とっても多いのです。

森山は、「犬を飼ったら保育園に預ける」を
日本中に広げて行きたいのです。

日本中が「保育園は義務教育」ぐらいになれば、
社会化不足から飼育放棄されてしまう犬たちを
救うことができるかもしれません。

パピーナーサリーが増えれば、飼い主さんも
どこで犬の飼い方を教えてもらえばいかが
分かりやすくなります。

結果、飼い主さんもハッピーになり、子犬も
ハッピーになり、トレーナーもハッピーに
なります。

次回はパピーナーサリーをもう少し詳しく
ご説明します。

にほんブログ村 転職キャリアブログ 30代の転職・転職活動へ

にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ

にほんブログ村
  

ぽちっとお願いします♪

——————————————-

※是非、皆さんのご意見ご感想をお聞かせ
ください。
時間はかかるかもしれませんが、必ず直接
お返事させていただきます。
また、こんな内容の記事を書い欲しいとの

森山mail
school@playbow.jp

※このメールはプレイボゥドッグトレーナーズ
アカデミーに資料のご請求をいただいた方、
メルマガ登録をされた方だけにお送りして
おります。
今後、不要という方はこのまま送信不要と明記
の上、返信してください。

—————————————
編集発行:PLAYBOW Dog Trainers Academy
森山 敏彦

〒214-0014
神奈川県川崎市多摩区登戸2978 芝原ビル3F
Tel:044-932-0888
E-mail:school@playbow.jp

HP:https://playbow-dogtrainers-academy.com/

Copyright 2009 PLAYBOW Dog Trainers Academy
—————————————

—–