ドッグトレーナー養成スクールPLAYBOW 創立者森山名誉校長のBLOG 出張トレーナーのお仕事

出張トレーナーのお仕事

貴方の想いで日本の犬達の殺処分を0に
近づけましょう

プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー校長
森山 敏彦

——————————————-

ドッグトレーナーのお仕事

タイトル

【出張トレーナーのお仕事】

——————————————

本文

森山は以前、出張専門のトレーナーをしていた
時期があります。

今日は出張トレーナーってどんな感じなのか
お伝えしたいと思います。

出張トレーナーはクライアントから依頼があると
ご自宅にお伺いして飼い主さんと一緒に犬の
問題を解決していくのがお仕事です。

出張トレーナーをやっていると色々なお家に
伺うことができますので、楽しいですよ!

モデルハウスのようなステキなお家から、文字通り
足の踏み場のないお家まで色々なお家があります。

飼い主さんも色々で、とてもトレーニングに
熱心な飼い主さんもいれば、「やっといて」
みたいな飼い主さんも稀にいます^^;

しかし、殆どの飼い主さんはトレーニングに
熱心で協力的です。

トレーナーの言うとおりにやって自分の犬が
良い子になれば飼い主さんも嬉しいじゃ
ないですか。

そして犬が本当に良い子になると飼い主さんから
「本当にありがとうございました」
「とっても良い子になりました」

と感謝されるのです。

その瞬間が、トレーナーやってて一番よかった
なって思える瞬間ですね!

お金じゃないんですね、やりがいって!!

出張トレーナーは自宅が事務所になりますので
事務所がいりません。

電話も自宅の電話でOKです。

そして、何よりも物を売っているわけでは
ありませんので商品の在庫がいりません。

売っているのは知識と技術ですので森山の
頭の中に入っています。

かかる経費といえば交通費ぐらいですかね。

ですから、頂いたトレーニングフィーほぼ全てが
収入になります。

働けば働いただけ利益です。

働かなければ収入にはなりませんが、時間は沢山
できます。

出勤をしませんので朝の満員電車に揺られる
こともありません。

森山はサラリーマンをしていた頃、東西線で
通っていましたが、満員電車の込み方は半端
じゃありませんでした。

あの、苦しさから開放されたのは本当に
嬉しかったですよ。

ちなみに今はどこに行くにも愛車のハイエースで
ボイシーと移動ですので、たまに飲み会などで
電車に乗るときに電車の乗り方が分からなくて
困ります^^;

出張がメインの頃は森山の場合最初のクラスが
10時からでしたので朝はゆっくり時間が
流れます。

目覚めてからコーヒーを入れ、ゆっくり新聞
を読みシャワーを浴びてから車に乗り込み、
最初のクライアントの家に向かいます。

殆どが車で30分以内のクライアントですので
9時半に家を出れば間に合います。

一件目のクライアントの仕事が終わると次の
クライアントの時間までは少し余裕がある場合
などは一度家に帰って少し昼寝をしてから
次のクライアント宅に向かうなんてことも
ありました。

めったにいませんが、たまに無茶な飼い方を
している方とか、わがままを言ってくる
クライアントがいます。

森山はあまり好き嫌いは言わない方ですけど
嫌なクライアントは自分の判断で断ることも
できます。

極端な話、自分と気の会うクライアントとだけ
仕事をすることができるのです。

結構、裕福なクライアントが多かったので時には
食事に誘われて、しゃぶしゃぶご馳走して頂く
ことなんかももありました。

稀ではありますが、普通では絶対にお喋りする
ことなんんかないだろうなと思われる有名人や
社会的地位のある方たちとお知り合いになれる
チャンスもあります。

そして、森山が一番気にいっていたのは何より
時間が自由になるということです。

自分の都合で仕事をすることが出来ます。

ですから森山は毎年イギリスに2週間行く
ことができたのです。

そうそう、もう1つ気に入っていた点は、
愛犬と一緒に仕事ができるって事ですね!

その頃の
森山の愛犬は今は亡きゴールデンレトリバーの
コウメでした。

常に車で移動して、移動の途中で散歩したり
遊んだりしていました。

そして、お仕事のときはコウメがクライアントの
前でデモンストレーションしてくれます。

今は、ボイシー君がその役目をしてくれていますが
コウメは大切な仕事の相棒でもありした。

相棒と一緒に仕事ができるのもトレーナーの特権
ですね。

しかし、厳しい所もあります。

個人事業主ですから、怪我をしたり病気を
したりして仕事をお休みしたら収入は激減
します。

体調管理も必要です。

ちなみに森山は犬業界に入ってから20年の間に
風邪で仕事をお休みしたことは一度もありません。

3年前に一度だけインフルエンザにかかって
スタッフから出てくるなと文句を言われたことが
あります^^;

仕事のミスも全て自分で責任を取らなければ
なりません。

ですから自然と責任感が湧いてきます。

いくら頑張ってもトレーニングの成果が出ない
こともあります。

しかし、森山の知っている限りの知識と技術を
フル回転させてもだめな場合はクライアントは
納得してくれます。

問題解決のために色々と勉強しなければなりませんので
勉強にもなります。

こう考えてみるとデメリットよりメリットの方が
圧倒的に多いようですね。

考え方によっては、自分を鍛えるのには独立は
非常に良い方法だと思います。

出張トレーナー、楽しいですよ!

にほんブログ村 転職キャリアブログ 30代の転職・転職活動へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村
  ぽちっとお願いします♪

——————————————-

※是非、皆さんのご意見ご感想をお聞かせ
ください。
時間はかかるかもしれませんが、必ず直接
お返事させていただきます。
また、こんな内容の記事を書い欲しいとの

森山mail
school@playbow.jp

※このメールはプレイボゥドッグトレーナーズ
アカデミーに資料のご請求をいただいた方、
メルマガ登録をされた方だけにお送りして
おります。
今後、不要という方はこのまま送信不要と明記
の上、返信してください。

—————————————
編集発行:PLAYBOW Dog Trainers Academy
森山 敏彦

〒214-0014
神奈川県川崎市多摩区登戸2978 芝原ビル3F
Tel:044-932-0888
E-mail:school@playbow.jp

HP:https://playbow-dogtrainers-academy.com/

Copyright 2009 PLAYBOW Dog Trainers Academy
—————————————

—–