ドッグトレーナー養成スクールPLAYBOW 創立者森山名誉校長のBLOG 無駄吠えの治し方

無駄吠えの治し方

貴方の想いで日本の犬達の殺処分を0に
近づけましょう

プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー校長
森山 敏彦

——————————————-
近況

今日から幕張メッセでJAPDTの
カンファレンスが行われています。

森山は一応JAPDTの事業企画委員ですので
主催者側です。

幕張メッセで行うのはこれが始めての試みです。

実は今回はinter petsの展示会とコラボで
行われているのです。

展示会にも顔を出すと、ポチタマの松本君
が司会をしていたのと、沢山の知り合いが
展示会に参加していたのでお話に花が咲き、
展示会場を中々離れることが
で来ませんでした^^;

サボってすいませんでした・・・

と言うか、イベントは久々に会う人が
多いのでつい話し込んでしまいます。

だからイベントは楽しいのですけれど!

——————————————-

ドッグトレーナーのお仕事

タイトル

無駄吠えの治し方

——————————————

本文

昨日は、犬が吠えたくなる刺激に対して
更に強い刺激を使えば吠えなくなります
と言いました。

しかも、その刺激はおやつなどの犬が
好きなものでも、大嫌いな罰でも良いのです。

森山はどちらにするかはクライアントに
選んでもらいます。

おやつを使う方法は、犬に負担がかかりませんが
飼い主さんに集中力と根気が必要になります。

要するにかなり時間がかかります。

罰を使う方法は、犬に負担がかかるのと
飼い主さんの集中力とちょっとしたテクニックが必要になります。

しかし、たいていの場合時間はかかりません。

どちらにも必要になるのが、助っ人、さくら
です。

本当に来客があり犬がワンワン吠えているときに
治そうと思っても、かなり無理があります。

ですので、助っ人、さくらを頼み、その人に
ピンポンを鳴らしてもらうのです。

そうすれば、来客を気にせずに犬の無駄吠えに
集中することができます。

家族が、帰宅するときに前もって電話を貰い、
必ずピンポンを鳴らしてから家に
入ってもらうのも有効です。

まず、おやつを使うトレーニング方法は、
さくらにピンポンを鳴らしてもらいます。

ピンポンの音は聞こえるのですが人の姿は
見えません。

貴方はすぐに飛び切り美味しい(飛び切り
美味しくなくては意味がありません)おやつを
犬に与えます。

このトレーニングを繰り返すと、犬は、
ピンポンが鳴ると、美味しいおやつが貰えると
考えるようになります。

そして犬はピンポンの音を喜ぶようになります。

いわゆるこれが「パブロフの犬」古典的条件
づけです。

次の段階は、
犬がピンポンの音で喜ぶようになったら、
今度は、ピンポンの後に、人が登場します。

犬が人の姿を見ても吠えなければおやつを
与えます。

犬が、人という刺激よりも最高に美味しい
おやつが貰えるということのほうが頭にあれば
吠えなくなるでしょう。

次回は罰を使う方法です。

———————————————
※是非、皆さんのご意見ご感想をお聞かせ
ください。
時間はかかるかもしれませんが、必ず直接
お返事させていただきます。
また、こんな内容の記事を書い欲しいとの

森山mail
toshim@cdsplaybow.com

※このメールはプレイボゥドッグトレーナーズ
アカデミーに資料のご請求をいただいた方、
メルマガ登録をされた方だけにお送りして
おります。
今後、不要という方はこのまま送信不要と明記
の上、返信してください。

—————————————
編集発行:PLAYBOW Dog Trainers Academy
責任者: 森山 敏彦

〒214-0014
神奈川県川崎市多摩区登戸2978 芝原ビル3F
Tel:044-932-0888
E-mail:school@playbow.jp

HP:https://playbow-dogtrainers-academy.com/

Copyright 2009 PLAYBOW Dog Trainers Academy
—————————————

—–