ドッグトレーナー養成スクールPLAYBOW 創立者森山名誉校長のBLOG 世界基準のドッグトレーナー資格CPDTの勉強会

世界基準のドッグトレーナー資格CPDTの勉強会

——————————————-

ドッグトレーナーのお仕事

タイトル

世界基準のドッグトレーナー資格CPDTの勉強会

———————————————

本文

今日は、世界基準のドッグトレーナー資格
CPDT取得のための勉強会を行いました。

講師はCPDT資格保持者である森山と
坂井MGRです。

アカデミーは、お盆休みなのですが、期を越えて
沢山の生徒さんが、CPDT取得に向けて
参加してくれました。

勉強のためとはいえ
暑い中、集まってくれて本当に有難いですね!

皆さんの本気度が伝わってきます。

CPDTとは、世界最大のドッグトレーナー
組織であるAPDTにより企画された世界水準の
ドッグトレーナー資格です。

試験は250問のマークシート方式

 

内容は

①指導スキル 32%

②動物の管理 6%

③動物行動学 20%

④学習理論 32%

⑤トレーニング道具 10%

その中でも、学習理論はかなり難解で、
専門的に勉強しないと理解できません。

学習理論のテストの問題はこんな感じです。

問)不快な刺激が反応に続いて取り除かれるのは
次のどの方法ですか?

①シェーピング

②負の罰

③正の強化

④負の強化

さて、答えは分かりますか!

答えは4番の「負の強化」です。

ある行動の後に犬にとって

良いことが起こるのは「正の強化」

良いことが取り除かれるのは「負の罰」

嫌なことが起こるのは「正の罰」

嫌なことが取り除かれるのが「負の強化」

と言います。

これらの結果によって犬は学習していくのです。

解らなくても大丈夫ですよ!

この問題は、専門的に勉強したことが無いと
言葉の意味から解らないですよね。

しかし、近年の世界基準のドッグトレーニングは
このような理論を基にして行われます。

私達が見習いをしていた頃はこのような知識が
無くてもトレーナーとして働くことができました。

しかし、最近では世界基準が定められ、
プロとしてドッグトレーニングを行うには
必須の知識となってきました。

アカデミーでは授業内容にこのような内容が
含まれています。

難解ではありますが、きちんと学習すれば
皆さん理解できます。

森山だって理解できたのですから!
(教える人が一番理解できますから)

当アカデミーの生徒さんはこの世界基準の
ドッグトレーナー資格CPDTを目指しています。

——————————————–

—–