ドッグトレーナー養成スクールPLAYBOW ドッグトレーナーになりたい!応援ブログ 低価格競争に巻き込まれるな

低価格競争に巻き込まれるな

ドッグトレーナーのお仕事
低価格競争に巻き込まれるな

——-

これからドッグトレーナーとしてデビューする方にお伝えします。

最初の料金設定を絶対に安くしないでください。

ちなみに関東近県で出張トレーニングを
行うと相場が1時間約5,000円です。


この金額は地方に行けば行くほど安くなる傾向があります。
自信の無い新米トレーナーはどうしても最初の料金設定を安くしてしまいがちになります。
しかし、これが後々致命傷となるのです。

一度設定した料金は中々値上げすることができません。
実は森山がこの失敗を犯していたのです。

パピーナーサリー(子犬の保育園)の料金をかなり安めに設定していました。
その結果、
働けど働けど我暮らし楽にならず・・・・
この状態ではスタッフ共々暮らしていけない・・

森山は大博打に出ました。

思い切って既存のお客様の料金はそのままにして
一気に約2倍の料金に値上げしました。

結果、時間が経つにつれ売り上げはアップしてきて約1.5倍になりました。

当然ですが、新規のお客様は旧料金を知りませんからその値段で契約してくれます。
さらに、
このときに使った理論が、松・竹・梅 理論

高級サービスが松
中級サービスが竹
小級サービスが梅

です。

この理論を使うと、売り上げを予測するのにとても便利です。
日本人は平均的に一番高いものと一番安いものは敬遠します。

すると注文が竹に集中するのです。

竹の料金×客数=売り上げ
となります。

ほぼこの理論は当たっていますね!

更に、特別なサービスを付加価値として
プラスされた最高級サービスをVIPコースと名づけ商品ラインナップに載せました。
この商品は付加価値を付けるというところが味噌です。

貴方もジャパネットたかたのテレビショッピングを見たことがあると思います。
「このパソコンに更にプリンターもお付けして更に無料設定までついてお値段据え置き!!」

人間は値引きされるよりも料金据え置きで何かプラスしてもらえるほうが得をしたと考えるのです。

ジャパネットたかたは購買心理学をたくみに使った戦略なのです。

料金を高く設定することで、自分に対する戒めにもなります。

料金に見合ったサービスを提供しなきゃ!
と思いますので、結果、高品質のサービスが生み出されるのです。

 

低料金競争にはまると、どんどん自分の首を絞める結果になりますよ。

低価格では利益が出ませんので薄利多売になりますし、お客様も、安かろう悪かろうと考え敬遠するようになります。
ドッグトレーニングはれっきとしたビジネスだと森山は考えています。

犬のしつけで悩む飼い主様の問題を解決してあげることで対価を頂くのです。
当然の権利として請求しましょう。

お医者さんが怪我や病気を治してくれたときに無料と言うことはありませんよね!
お医者さまはどちらかと言えばお金持ちの部類に入ります!
医療は社会貢献とビジネスの両方の側面を持っています。

ドッグトレーニングもまさに、社会貢献とビジネスの両方の側面を持っています。

——————————————–

アカデミー校長の森山が、いかにしてドッグトレーナーになったか
ドッグトレーナーの仕事の楽しさや、やりがい、面白さなどを綴った
小冊子「ドグトレーナーのお仕事」が発売になりました。
今なら発売記念として300名様に無料プレゼントさせていただきます。
在庫がなくなり次第打ち切りとなりますので、お申し込みはいますぐ!