ドッグトレーナー養成スクールPLAYBOW 創立者森山名誉校長のBLOG 犬の大好きなおやつ

犬の大好きなおやつ

———————————————

近況


昨日はアカデミー9期生の認定式がありました。

沢山の在校生、卒業生が、9期生の卒業を
祝いに駆けつけてくれました。

その後、軽食を食べながら懇親会。

予想はしていましたが2時半終了予定を
大きく上回り、解散したのが4時過ぎ!

それでもまだ、生徒さんのパワーは
尽きることを知りません。

アカデミーの建物を出た所で円陣を組み
お話は続きました。

同じ目標を持ったもの同士、
話は尽きないようです。

———————————————

ドッグトレーナーのお仕事

タイトル

犬が大好きなおやつ

———————————————

本文

皆さん、犬って食べることが好きですよね!

そんなわけで、今日から数回にわたり、
食べ物シリーズで行きたいと思います。

プレイボゥではトレーニングの際に特別な
おやつを使っています。

市販のものは使わず、手作りです。

これは、前回の記事で紹介した
ブルースフォーグル博士の
ドッグトレーニングマニュアルにモデルとして
出ているトレーナー、

ジョン・アンクル氏の
率いるロンドン、ケイナイン、トレーニング
エスタブリッシュメントのスタッフ、

ローランドに教えてもらったスペシャルおやつです。

その名をレバーケーキといいます。

豚レバーと卵、小麦粉にガーリックが原料です。

え、犬に卵あげてもいいんですか?

という声や、にんにくってユリ科の植物だから
やばいんじゃない?

という声が聞こえてきそうです。

ざっと説明しますと卵の白身の中に含まれる
「アビジン」という成分が体内で「ビオチン」
という成分と結合してしまい、

体に大変有効な「ビオチン」欠乏症に
なってしまうという理由から
「卵の白身は犬に食べさせてはいけない」

となったようです。

しかし、卵黄には「ビオチン」が豊富に
含まれていますのでしっかり補給もできます。

更に、「アビジン」はたんぱく質ですので
加熱してあれば熱で破壊されてしまいます。

ですので、生卵の白身を大量に食べない限り
健康に問題はなさそうです。

それではガーリックはどうでしょうか?

イギリスのトレーナーはよくレバーチップ
というおやつを使います。

豚のレバーをオーブンで数時間焼くのですが、
焼く前にガーリックパウダーをふんだんに
振り掛けます。

ここでもガーリックが使われているのですね!

「ペットのためのハーブ大百科」
http://amzn.to/qsKvtD

によると
ガーリックは抗菌効果、免疫賦活作用、抗癌作用
栄養補給、去痰作用、血圧降下作用、抗腫瘍作用
抗ウイルス作用、抗真菌作用などの効果効能が
述べられています。

ガーリックは「天然の抗生物質」といわれるほど、
効果効能があります。

これを読んだら今日からでもガーリックを
食べさせたくなりますよ。

犬は基本的に匂いの強いものを好みます。

ですからガーリックを入れることによって
抗菌作用もあり程よい匂いも付きますから
犬は好んで食べるようになります。

イギリスで使っているレバーケーキは
オーブンで数時間焼きますが、プレイボゥでは
フライパンで焼きます。

フライパンの方が早く焼けますし、オーブンと
比べてもさほど差はありません。

焼き上がりはしっとりとしていて、香ばしい
香りが部屋中に漂います。

焼いている最中から犬達はキッチンのそばを
離れませんよ!

難点は保存料を全く使っていないので、すぐに
悪くなってしまうことです。

ですから、焼きあがったら、使いやすい
大きさにカットして、冷凍保存し、使う分だけ
解凍します。

是非トライしてみてください!

レバーケーキ、レシピ

(1)
豚レバー500グラム
小麦粉500グラム
卵3つ
をフードプロセッサーで混ぜあわせる

ガーリック1かけらをフードプロセッサーで
粉砕し(1)に混ぜ、フライパンで、
ひっくり返しながら30分ほど
中がしっとりするまで焼く。

焼き上がりは余熱を取ってから小さくカットし
冷凍室へ!

———————————————-

—–