ドッグトレーナー養成スクールPLAYBOW 創立者森山名誉校長のBLOG 投資とリターン

投資とリターン

◇====================================◇

ドッグトレーナーのお仕事

◆タイトル

投資とリターン

◇====================================◇

前回は自損事故で大損をしたと言う
自虐ネタでしたので、今回は正攻法で
いこうと思います^^;

森山はほぼ毎年、イギリスを訪れます。

その理由は、我が師匠、
フィリッパ・ウイリアムズのトレーニング
研修を受けることがメインです。

今年も2月にアカデミーの生徒さんと
フィリッパの元を訪れました。

イギリス研修ツアーの料金は春に行くのか
夏に行くのかによって随分違いますが、
大体30万円から35万円の間です。

(いきなりお金の話ですいません^^;)

先日、何気に古いパスポートを見ていたら、
森山がイギリスに行き始めたのが、ちょうど
2000年ミレニアムからでした。

そうすると過去のイギリス研修の費用を計算
するとざっと300万円から400万円ほど
の研修費を使っています。

さて、森山は、何故そのような大金を叩いて
毎年イギリスに行くのでしょうか?

実は、これは自分に対する投資なのです。

初めて森山がフィリッパの元を訪れたとき、
森山はあまりにも日本の常識との違いに
愕然とした記憶があります。

例えば森山は昔、訓練所で教えられた体罰的
なトレーニング方法を使っていました。

しかし、フィリパのトレーニングの方法は
クリッカーを使った科学的なトレーニング
方法でした。

その違いに森山は愕然とし、目からうろこが
100枚ぐらい落ちる気がしたのです。

フィリッパはガンドッグのトレーナーでも
ありましたので森山は彼女からガンドッグの
トレーニングも教わることもできました。
(ガンドッグトレーニングとはレトリバーの
回収競技のトレーニングです)

それ以外にはホメオパシーやBARF DIET
など、そこには日本では殆ど知られて
いない情報が山のようにあったのです。

今でこそ、ホメオパシーやBARF DIETは
沢山の方が実践されていますが、その頃
日本で実践されている方は各分野とも
本当に数名しかいませんでした。

森山はそれらの情報を日本で生徒さんに
お伝えしていったのです。

その結果、その噂を聞きつけた方たちの間で
口コミが起き、森山は結構売れっ子の
トレーナーとして活躍させていただきました。

ですから今までの投資額は十分に回収

できているのです

そのほかにも森山は独立開業に特化した
アカデミーを運営しておりますので、
独立するためのノウハウやお客さん集める
ためのノウハウも人並み以上に勉強
しています。

その費用は今までに優に300万円は
超えています。

一度のセミナー費用がが10万円とか
20万円のセミナーに何回も参加して
いますし、今も参加し続けています。

本代や教材DVDは毎月に2~3万円ぐらいは
かかります。

けして自慢しているのではありません。

先行投資しているというお話です。

この、先行投資が無かったら今の森山は
いません。

ドッグトレーナーとしてご飯を食べていく
ことはできなかったでしょうし、アカデミー
を開校することもできなかったと思います。

先行投資は勇気がいることは間違い
ありません。

もしかしたら投資したお金と時間がパーに
なってしまう可能性だってあるわけですから

しかし、貴方にはこの勇気を持って
頂きたいのです。

ユニクロの柳井社長の著書に「1勝9敗」
という著書があります。

http://www.amazon.co.jp/%E4%B8%80%E5%8B%9D%E4%B9%9D%E6%95%97-%E6%9F%B3%E4%BA%95-%E6%AD%A3/dp/4104642010

(どなたかアマゾンのURLを短縮する方法を

教えてください^^;)

誰から見ても大成功している柳井社長でも
1勝するのに9敗したと言っているのです。

ユニクロは勇気を持って色々なことに
チャレンジし、そして失敗し、その
失敗から成功の秘訣を学び、今の地位を
築きました。

何も最初から大きな投資をする必要はないと
思います。

例えば、興味のある分野の本を買うなどの
小さな投資からでも全然良いと思います。

とにかく前に進むことが大切です。

※お知らせ
後日、このブログをお読みの方を優先的に、
森山がいかに、ドッグトレーナーとして成功

して行ったかを書き下ろした小冊子の無料
プレゼントキャンペーンを行います。

いきなり発表すると思いますので、気になる
方はお見逃しなく!

※是非、皆さんのご意見ご感想をお聞かせ
ください。
時間はかかるかもしれませんが、必ず直接
お返事させていただきます。
また、こんな内容の記事を書い欲しいとの

森山mail
toshim@cdsplaybow.com

—–