ドッグトレーナー養成スクールPLAYBOW ドッグトレーナーになりたい!応援ブログ 今日もマニアックな犬話

今日もマニアックな犬話

こんにちは。
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー 事務局の佐藤です!

昨日のブログも少しマニアックな お話をさせていただきましたが、 今日も少しマニアックな話を。

実際に話したことがある方の中には 佐藤があらゆる犬種の中で一番好みの犬種を ご存知の方も多いのかな?と思っています。

しかし、最近は好みと言いますか、 「実際に迎えるのであれば」 という考え方で考えたとき 浮かぶ犬種が変わってきました。
(ちなみに佐藤が一番好きな犬種は “フラットコーテッドレトリバー”です)

フラットコーテッドレトリバー

フラットコーテッドレトリバーはこちら!

では浮かぶ犬種とは何か。

いくつか候補はあるのですが、 そのうちの1犬種として、 “コイケルホンド” という犬種を考えています。
(写真はコイケルホンドをクリックして、リンクをご覧ください!)

このコイケルホンドを候補にしている きっかけは大きさとその性格からです。

コイケルホンドは元々 カモ猟のために作られた犬種です。

尻尾を振って、カモをおびき出す という仕事をしており、 どちらかというと猟の手伝いをするため アクティブな犬種です。

将来的にはドッグスポーツ等 何か一緒に出来たらと考えていることもあり さらに大きさも10キロ前後、 大きくても15キロくらいまでと 抱っこして、何かあった時は 動ける大きさでよいと考えているのです。

あとは個人的な見た目の好みで、 長毛種・たれ耳、というポイントもあり 候補に入れています。

ただ、まだまだ日本では希少犬種の為 迎え入れる場合は、しっかりと どういった性格か見極めて 迎える必要があると思います。
(もちろんどんな犬種であっても しっかりと性格を見て 迎えることは大切です。)

ちなみに大好きなフラットコーテッド レトリバーも候補に入れていたのですが、 大きさから泣く泣く、断念しています。

何かあった時にすぐに抱っこが出来たり、 もしも介護が必要になった時に等、考えた時、私一人では限界があると感じ、 10キロ前後の犬種を検討中です。

皆さんはもし、犬を迎えるとしたら どんな犬種を迎えますか?

迎える犬種は好みや 可愛いことはもちろんですが、 犬の性格を見て、 ライフスタイルに合わせて 迎えてくださる愛犬家さんが もっともっと増えますように。

そう願ってやみません。