ドッグトレーナー養成スクールPLAYBOW ドッグトレーナーになりたい!応援ブログ 犬の熱中症を知ろう

犬の熱中症を知ろう

こんにちは。プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー事務局の神野ですU^ェ^U

6月…、梅雨の時期です。紫陽花が気持ちを晴れやかにします。

そして、徐々にが近づいてきました!今から愛犬との水遊びが楽しみです。

Water Play♪

そして危険も伴う季節なのがなのです。

人間同様に犬にも起こりうる熱中症についてお勉強いたしましょう。

 

知っておきたい!犬の熱中症。

今日は風も吹いていて、比較的適温で過ごしやすいある日のこと。クーラーをつけるのはやめよう。と、感じているのは人間だけかも知れません…よ?犬と人との体感温度は違います。

【犬と人の違い】
・犬は、全身が毛で覆われています。
・犬は、汗をかく所が人より限られてます。
・犬は、人より体高が低いのでダイレクトに地面からの熱を受けてしまいます。

犬は人よりも約1.5倍の熱さを感じていると言われてます。地面なんて、都心に行くほどアスファルト。自然の中で過ごす犬よりも余計に暑さを感じているはずです。熱中症になると、体温を調節する機能が破壊されてしまい、臓器にダメージを受けてしまいます。特に犬は汗をかきずらいため、ハアハア💦」と短い呼吸を繰り返し、体の熱を外に逃がそうとします😢

暑い…熱い…💦

【こんなシチュエーション気を付けて!】
・暑い時間帯に散歩をしていませんか?
・部屋の中だから熱中症にならないと、安心していませんか?

このメルマガを読んでいるみなさんは、無いと思いますが、暑い時間帯に飼い主の後を苦しそうにハァハァとついてくる犬の散歩の様子。見かけると本当に自分が苦しくなってしまうくらいの辛い光景です。

曇りであっても湿度が高い時や風が無い日は体温がこもってしまいます。出来るだけお散歩は早朝に。夕方~夜の涼しい時間帯にお散歩へ行きましょう。

 

 

ちなみに私は氷水のペットボトルを持って出かける様にしています。喉が渇いたなら潤すことができますし、
体が熱くなったらタオルを体に覆ってから水をかけて体を冷やします。

そして室内の過ごし方にもポイントあります。それは、それほど暑くはないと感じていても、日光が注ぐ部屋は、温度や湿度がやっぱり上がってしまいがちです。犬がいる部屋はクーラーや扇風機、保冷剤等を利用して常に気を配りましょう。

ちなみに我が家はお散歩から帰ってきたら愛犬のハウスにアイスノンを置き、犬自らが乗って、体を冷やしています。

「犬はきっとこう考えているんだろうな。」

なんて…、犬目線で考えられる人が今まで以上に増えますように。

これからもプレイボゥは多くの方へ影響力を与えられるドッグトレーナーを輩出していく思いで、プレイボゥは今日も邁進しています!