ドッグトレーナー養成スクールPLAYBOW ドッグトレーナーになりたい!応援ブログ つまらない飼い主って思われてない?

つまらない飼い主って思われてない?

ボールと犬

この遊び楽しくないんだよな・・

愛犬につまらないと思われていませんか?

こんにちは。
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー事務局の瀬尾です。

ちょっとギョッとするタイトルですね(^^;)

愛犬家の皆さまは、愛犬が皆さまのことをどう思っているか気になりませんか?

ご飯をくれる人?
お散歩に連れて行ってくれる人?
いっぱい遊んでくれる人?
怒ってばかりの人?
嫌がることをする人?

私達人間もそうですが、一緒にいて楽しい人とは仲良くしたいし、逆に不快な思いをする人とは極力距離を置きたいものです。

それは犬も同じ。

この人といると、いつも楽しいし、良いことがあるな!と犬に思ってもらえれば犬は自然とその人に意識を向けるようになります。

そうすることで犬と「アイコンタクト」を取れるようになります。

「アイコンタクト」を取れるようになると犬の注意がこちらに向いているのでコミュニケーションが取りやすくなり、指示も入りやすくなります。

指示をきちんと聞いてくれたら、褒める!
そして、その犬が大好きなことをしてあげる!

そうすることで、よりお互いにとって良い関係を築いていけますね!
相乗効果抜群です!

たくさんの犬と飼い主様がそういう関係を作ることが当たり前になっていくことで、犬と人(ここでの人は愛犬家もそうでない人も含みます)が共生できる社会を作っていくことが出来るのではないでしょうか。

愛犬と遊んでみよう!

では、ここでご質問!

愛犬は皆さまがおもちゃを持ってくるとどういう反応をしますか?

また、おもちゃで遊んでいる時の様子は?

この時の観察ポイントは、犬の表情や動き、犬のボディーランゲージ。

飼い主様が遊んでくれると分かって、愛犬は喜んでいますか?
期待に満ちた表情をしていますか?

愛犬の好きなこともっと追求しましょう!

おもちゃ遊びには飼い主様のテクニックも必要になります。

いかにおもちゃをうまく動かし、犬の遊びたい気持ちを引き出すか、が重要です。

私が生徒としてプレイボゥに通っていた際、実習でおもちゃを使って犬と遊んだことがあります。

同じおもちゃを使っても、遊ぶ相手によって犬の反応が違っていたのが印象的でした。
ある人の時は、活き活きとした表情でおもちゃに飛びついていましたし、ある人の時は、渋々…といった感じで動いていました。
プレイボゥの実習では、トレーニングを学ぶ以外にも犬とおもちゃを使って遊んだり、犬のボディランゲージを見る機会もあるんですよ!

また、おもちゃをくわえた後も、すぐ遊び相手に持ってくるのか、それともおもちゃをくわえながら走り回るのかによっても、犬が「おもちゃ」と遊んでいるのか、「飼い主様」と遊んでいるのかといったことも分かります。

ぜひ、愛犬と遊ぶ時は愛犬の反応を見ながら、いつもよりもっともっと愛犬が楽しめる遊びをしてみてくださいね!
愛犬にとって、「この人と一緒だと楽しい!」と思ってもらえるよう、愛犬が喜ぶことを追求してみましょう!

 

当スクールのSNSをご紹介!授業や実習風景、カワイイ犬達の写真も掲載中です★

プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー Facebook
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー Facebook(一生一緒)
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー Instagram
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー Twitter