ドッグトレーナー養成スクールPLAYBOW 創立者森山名誉校長のBLOG 本能にはかなわない

本能にはかなわない

—————————————————-

ドッグトレーナーのお仕事

タイトル

【 本能にはかなわない 】

—————————————————

本文

前回はボイシー君がヒールウオークのトレーニングを
失敗した事を書きました。

想像はしていましたが強制訓練について結構色々な意見を
頂きましたので今日は強制訓練について書きましょう。

最初はボイシー君にご褒美だけを使ってトレーニングを
しようと考えていたのですが、無理でした。

最後は軽い強制訓練を使いました。

強制訓練と言ってもものすごく幅があるのです。

例えばお座りをさせるときに軽くリードを引く程度から
「それは絶対虐待でしょう」と言うレベルまであります。

ですから虐待に近い強制訓練もありますが一概に強制訓練
が物凄く厳しいという訳ではありません。

要するにご褒美などのモチベータ―を使わずに強制的に
行動させるものは全て強制訓練となるからです。

森山は極力強制訓練は使わないようにしています。

だってそんなことしなくてもご褒美使って教えることが
できるからです。

しかし、犬の本能や欲があまりにも強いときは
ご褒美トレーニングは歯が立たないことがあります。

そんなときは貴方だったらどうします?

例えば電車の走っている踏切に突っ込んでいこうとする
シェルティー。

猫を追いかけようとしているジャックラッセル。

他の犬に攻撃しようとしているボーダーコリー。

鳥を追いかけているセッター。

良くこのようなシチュエーションに遭遇しました。

どれも放置しておいたらやばいケースです。

もちろん刺激のないところでご褒美を使えば犬たちは
食べるでしょう。

ですから理論的には刺激のないところから練習しましょう
という事になります。

その場合、刺激(電車や猫)のない所では上手にヒール
ウオークができるようになるかもしれません。

しかし、やはり刺激のある場所に連れて行くと本能が
勝ってしまうのです。

セオリー通りにやれば、弱い刺激から徐々に馴らしていく
という事なのですが、これがなかなかうまいこといかん
のですわ!

すっごい時間をかけて頑張ってみたこともあるのですが
結局うまくいかないことも多かったですね。

ただの「へたくそ」と言われればそれまでですが・・・

そんな時は強制訓練を使う事があります。

すると一発で刺激を無視できるようになる事も多いのです。

今までの苦労はなんだったんだろう・・・という事に
なります。

森山はいつもボイシーと一緒に行動しています。

文字通りどこにでも連れて行くのです。

ボイシーは子犬の頃からご褒美を使ってトレーニング
していましたから大概の事はクリアーできます。

しかし、猫には反応してしまうのです。

少し遠くにいるときは無視できるのですが、ふいに
近くに出てきたときなどは反応してしまいます。

時にはボイシーにとって物凄く刺激的な所(猫のいる所)
に行くこともあります。

そんな時、森山の静止を振り払ってボイシーが猫を
追いかけて道路を渡っていってしまったら車に引かれて
死んでしまいます。

ですからどんなことがあっても猫を無視してほしいのです。

例え強制訓練を使ってでも車に引かれるよりはましだと
思います。

ですから結論を言うと強制訓練もご褒美トレーニングも
うまく使い分けることが大切なのではないかと思います。

バナーをぽちっと押して応援お願いします。
 ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー校長

ガンドッグレトリーブトライアル協会会長

日本APDT事業企画委員

英国APDT公認ドッグトレーナー

米国CPDT公認ドッグトレーナー

森山 敏彦

アカデミーの資料請求はこちら
https://playbow-dogtrainers-academy.com/form/index2.html

【ドッグトレーナーのお仕事】小冊子プレゼントはこちら
https://playbow-dogtrainers-academy.com/present.php

—————————————————-

森山mail: school@playbow.jp

—————————————————-
編集発行:PLAYBOW Dog Trainers Academy
森山 敏彦

〒214-0014
神奈川県川崎市多摩区登戸2978 芝原ビル3F
Tel:044-932-0888
E-mail:school@playbow.jp

HP:https://playbow-dogtrainers-academy.com/

Copyright 2009 PLAYBOW Dog Trainers Academy
—————————————————-

—–