ドッグトレーナー養成スクールPLAYBOW 創立者森山名誉校長のBLOG レトリバーのための競技会

レトリバーのための競技会

—————————————————-

ドッグトレーナーのお仕事

タイトル

【 レトリバーのための競技会 】

—————————————————

本文

昨日は長野県の富士見高原と言う場所でガンドッグの
競技会が行われました。

ガンドッグの競技会とは、レトリバーの回収競技を
指します。

森山はガンドッグレトリーブトライアル協会と言う協会
を主催していまして、レトリバーの競技会を年に5回
ほど開催しています。

森山の師匠であるフィリッパ・ウイリアムズはイギリス
でも有名なガンドッグのトレーナーで、由緒ある世界最古の
ドッグショ―であるイギリスのクラフト展でガンドッグの
デモンストレーションを毎年行っています。

森山は幸運にも過去にフィリッパから直接ガンドッグの
トレーニング方法を学ぶことができました。

そしてフィリッパから学んだガンドッグのトレーニングを
日本でレトリバーを飼っている飼い主
さんに教えて行った
のです。

しかし、森山も生徒さんも練習はすれども、その成果を
どこにも発表する場所がなかったのです。

要するにヨーロッパではとてもポピュラーなレトリバーの
ための回収競技が日本では行われていなかったのです。

「何故こんな素晴らしいドッグスポーツが、今まで
日本になかったのだろう?」と不思議に感じた森山は

「だったら自分で作ってしまえ」という事で日本で
レトリバー専門の競技を行うドッグスポーツの協会を
作ってしまったのです。

それがGRTAです。

そして昨日は今年2回目の競技会だったのです。

しかし、結果は、また「惨敗・・・」

やっぱり、という結果だったのですが、最近の忙しさから
全く練習をしていませんでした。

競技は4種目ありまして、4種目すべての得点を集計して
順位が決められます。

その中に今年から実施された競技があるのです。

Walked upと言う競技なのですが5人ほどの犬と人間が
横一列になって並んで歩きます。

歩いている最中にダミーと言うキャンバス地の布袋が
50メートルほど前方に投げ込まれます。

そして、投げ込まれたダミーをジャッジに指示された
犬が捕りに行くのですが、残った4頭はその場で待機して
いなければなりません。

もちろんリードは付いていません。

ですからダミーを取りに行った犬の動きにつられて走り
出してしまわないようにしっかり「待て」をさせて
おかなければならないのです。

実は森山の愛犬ボイシー君はこれが苦手なのですよ!!

他の犬よりも3倍はやる気に満ち溢れているのでじっと
我慢するという事が苦手なのです。

我先にダミーを取りに行きたいのです。

昨日も隣の犬がダミーを取りに行くのを見てボイシー君
一緒に走り出してしまいました。

走り出してしまったらその場で失格です。

正直に言うと前々回も同じ競技で失格しているのです。

ですから練習すればよいものを全く練習なしで今回も
競技に参加してしまったのです(汗)

森山は一応協会の会長をやっていますので競技でどんな
ことをやるのか最初に内容を決めるのは森山なのです。

自分で作った競技にまんまと自分がはまってしまいました
(大汗)

例えばほかの種目では、150メートル先に隠してある
ダミーの所まで犬を送り、ブッシュの中から探し出して
回収する競技や、

わざと犬に見えるようにダミーを投げるのですが投げた
ダミーを回収するのではなく先に隠しておいたダミーの
方から回収させると言った競技があります。

ボイシー君はそれらは練習していますので割と簡単に
こなします。

しかしWalked upだけは練習していないのです。

練習しないで競技会に出るなどもってのほか、だと
思うのですがあの失格が無ければおそらく入賞していたと
思われます。

いまさら「たられば」を言っても仕方がないのですが
もうすぐ9歳になるゴールデンが入賞したら凄いことです。

英国フィールドタイプのゴールデンレトリバーの
ボイシー君

ボイシー君の血統はイギリスでもバリバリの競技系です。

若いころのボイシー君は物凄い集中力でラブラドール
だろうがフラットコーテットだろうが競技会では
負ける気がしませんでした。

しかしここ数年で他のメンバーの実力もかなりアップ
してきましたし、フィールド系とはいえ年老いてきた
ボイシー君、集中力が続きません。

あと、やはりラブラドールの能力は凄いです。

特にフィールド系のラブラドールは磁石のようにダミーに
吸い付いていきます。

ボイシー君は最近では良い成績を残す事が少なくなって
きました。

ちなみに入賞すると賞状とGRTAのロゴが入った
グラスが商品としてもらえるのですが、森山の家の
キャビネットにはボイシー君が勝ち取ったグラスが沢山
入っています。

最近は低迷しているボイシー君ですが過去に2年連続、
年間チャンピオンを獲得したこともあるのですよ!

あと何年ボイシー君が現役を続けられるかわかりませんが
年間チャンピオンとは言いませんので現役中にもう一度
だけ優勝させてあげたい。

次の競技会は5月12日、今日から特訓だ!ボイシー!!

バナーをぽちっと押してボイシー君の応援お願いします。
 ↓↓↓↓↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー校長

ガンドッグレトリーブトライアル協会会長

日本APDT事業企画委員

英国APDT公認ドッグトレーナー

米国CPDT公認ドッグトレーナー

森山 敏彦

アカデミーの資料請求はこちら
https://playbow-dogtrainers-academy.com/form/index2.html

【ドッグトレーナーのお仕事】小冊子プレゼントはこちら
https://playbow-dogtrainers-academy.com/present.php

—————————————————-

森山mail: school@playbow.jp

—————————————————-
編集発行:PLAYBOW Dog Trainers Academy
森山 敏彦

〒214-0014
神奈川県川崎市多摩区登戸2978 芝原ビル3F
Tel:044-932-0888
E-mail:school@playbow.jp

HP:https://playbow-dogtrainers-academy.com/

Copyright 2009 PLAYBOW Dog Trainers Academy
—————————————————-

—–