ドッグトレーナー養成スクールPLAYBOW 創立者森山名誉校長のBLOG ピンポン吠え

ピンポン吠え

貴方の想いで日本の犬達の殺処分を0に
近づけましょう

プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー校長

英国APDT公認トレーナー

米国CPDT公認トレーナー

日本APDT事業企画委員

森山 敏彦

アカデミーの資料請求はこちら
https://playbow-dogtrainers-academy.com/form/index2.html

【ドッグトレーナーのお仕事】小冊子プレゼントはこちら
https://playbow-dogtrainers-academy.com/present.php

—————————————————-

ドッグトレーナーのお仕事

タイトル

【 ピンポン吠え 】

—————————————————

本文

数回前に森山の愛犬ボイシーがピンポン吠えをする
ようになったと書きました。。

その後、ボイシー君の悪い癖はどうなったのでしょうか!
今日はピンポン吠えについて!

おそらく問題行動の中でもピンポン吠えで困っている
飼い主さんはとっても多いのではないかと思います。。

さてさてボイシー君ですが、最近は殆ど吠えなくなり
ましたね~。

特に何をした訳でもなかったのですが、森山が吠えを
気にしていたことは確かです。

ですからピンポンがなると、すぐにボイシーを呼び
ご褒美を与えていたのです。

これは、以前から行っていたトレーニングですが、
このところ集中して行っていました。

そうするとボイシー君、ピンポンが鳴ったらご褒美を
もらうために森山を見るようになってきました。

まだ完全ではないのですが、オフィスでは殆ど吠えなく
なってきましたよ。

さて、一人暮らしをしている方が帰宅したときに玄関に
近づくと自宅で留守番をしていた犬が飼い主さんの帰宅
に気が付き吠えられると言うケースをリクエスト頂き
ました。

この場合、家の中には誰もいませんから犬が吠えていても
叱ることも褒めることをできません。

このようなケースでは帰宅時などの本番で治そうとすると
かなり難しいケースです。

ですから、帰宅した後やお休みの日などに練習するのが
いいと思います。

実際にその光景を見てはいませんのであくまでも推測で
しかありませんが何故犬は吠えているのかを推測すると
おそらく恐怖心から吠えているのだと思われます。

おそらくこのケースでの吠えはテリトリ―防衛の行動かと
思いますがテリトリーの防衛も恐怖心からくると言われて
いますので根本には恐怖心があると考えられます。

もし宅急便やさんなどが玄関に近づいても吠えないけど
飼い主さんが帰宅した時だけ吠えるのであれば飼い主
さんの帰宅を喜んで吠えていることが考えられますので
トレーニング方法は変わってきますが・・・

テリトリー防衛には古典的条件づけを使うのがよいと
思います。

条件づけには古典的条件づけとオペラント条件づけが
ありますがオペラント条件づけは行動を変化させるときに
使います。

そして、恐怖心などの感情に係わる問題は古典的条件
づけを使います。

まず、犬は部屋の中にいて飼い主は短時間外で待機します。

ある程度時間がたったら、玄関に近づきすぐにドアを開け
犬にご褒美を与えます。

この時に犬が吠えていても構いません。

古典的条件づけは行動ではなく感情を変化させますので
行動には着目しません。

この行動を何回も繰り返すと足音が玄関に近づいてくると
飼い主さんが表れてご褒美がもらえると学習します。

すると何が起こるでしょうか!

犬は玄関に誰かが近づくことを喜ぶようになります。

ですから恐怖心から吠える行動はなくなるはずです。
(もしかすると嬉しくて吠えるかもしれませんが・・)

ただし、この練習を成功させるには犬は状況をよく把握
してしまいますので、「あ、今は練習の時間だ」と
感づかれないように、いかに犬をだますかに
係わってきます。

ですからいつも同じ時間帯に行うのではなく、時間帯を
変えて何回も練習することをお勧めします。

お友達にも協力してもらって同じように練習すると成果
が出やすいと思いますよ!

頑張ってください!

森山はブログランキングに登録しています。
したのバナーをぽちっと押してもらえるととても喜びます。
 ↓↓↓↓↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

—————————————————-

※是非、皆さんのご意見ご感想をお聞かせ
ください。
時間はかかるかもしれませんが、必ず直接
お返事させていただきます。
また、こんな内容の記事を書い欲しいとの

森山mail: school@playbow.jp

—————————————————-
編集発行:PLAYBOW Dog Trainers Academy
森山 敏彦

〒214-0014
神奈川県川崎市多摩区登戸2978 芝原ビル3F
Tel:044-932-0888
E-mail:school@playbow.jp

HP:https://playbow-dogtrainers-academy.com/

Copyright 2009 PLAYBOW Dog Trainers Academy
—————————————————-

—–