ドッグトレーナー養成スクールPLAYBOW 創立者森山名誉校長のBLOG 貴方はシーツ派それとも外派?

貴方はシーツ派それとも外派?

貴方の想いで日本の犬達の殺処分を0に
近づけましょう

プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー校長

英国APDT公認トレーナー

米国CPDT公認トレーナー

日本APDT事業企画委員

森山 敏彦

アカデミーの資料請求はこちら
https://playbow-dogtrainers-academy.com/form/index2.html

【ドッグトレーナーのお仕事】小冊子プレゼントはこちら
https://playbow-dogtrainers-academy.com/present.php

—————————————————-
近況

週末から横浜市本牧の山頂公園と言うところで
ポチ玉でおなじみの松本秀樹君のグッドライフ
ドッグライフカーニバルと犬リンピックが合体
したイベントを行っていました。

またしても2日間車の中で生活していましたよ!

ここの所、週末はずっと車の中で生活しています。

イベント1日目は台風のような雨・・・しかし
犬リンピック恒例のタイムレース50と言う
犬の50メートル走。

50メートルを何秒で走り抜けるかと言う単純な
ゲームですが、走り屋のウィペットとイタグレは、
雨をもろともせづガンガン走っていましたよ^^;

という事で記事はお休みしていました^^;

—————————————————-
ドッグトレーナーのお仕事

タイトル

【 貴方はシーツ派それとも外派? 】

—————————————————

本文

貴方は犬の排泄はシーツでさせますか?それとも外で
排泄をさせています?

先日のアンケートで排泄の時に足を上げてしまうので
足を上げないで排泄できるようにする方法を教えて
欲しいとのリクエストがありましたので今日はその
お話です。

森山は雨が降っても雪が降ってもヤリが降っても犬の
排泄は外へ連れ出します。

一時期、森山家にはゴールデンが部屋の中に3頭もいた
ので、3頭が部屋の中で排泄をしたら大変なことになる!

と思って全頭、お外でしか排泄をさせなくしたのです。

しかし、日本ではペットシーツの普及から室内で排泄を
させている子が多いですね。

ちなみにイギリスではペットシーツは定着していない
ようです。

ですからお家で留守をしているワンコたちは飼い主が
帰ってくるまで排泄を我慢しているそうです。

でもイギリス人ってきっちりしているので?お仕事は
定時で終わらせます。

そして飼い主さんは夕方には家に帰ってきて排泄させて
いるのですね。

ですから犬は10時間ぐらいは我慢しているのかな。

話を戻します。
オスの犬は性成熟期になると足を上げて排泄するように
なりますので、排泄があっちこっちに跳ねて飛び散る
ことがあります。

ご存知のように雄は若齢気が終わり、性成熟してくると
足を高く上げて排泄をしマーキングをして自分の存在を
アピールするようになります。

この行動は雄なら当然の行動なのですが、お外でなら
ともかくやはり部屋の中で足を上げるとおしっこが飛び
散る事があります。

ですから飼い主さんは足を上げないで排泄をさせる方法を
知りたいですよね。

1番確実な方法は早いうちに去勢をすることに尽きます。

殆どの場合は足を上げないようになりますが、年齢を
重ねた子では癖になっている可能性がありますので、
去勢をしても足を上げたままの可能性もありますので
なるべく早く去勢をすることがベストです。

排泄をする度に足を押さえるという方法もありますが、
いつも排泄の時に足を押さえるというのも難しいかも
しれません。

これは鋳型と言われる方法で、たとえばテニスを習う
時にコーチが後ろから貴方の手を持ってテークバックの
位置を教える方法と同じです。

ですから貴方は力を抜いてコーチの動きに合わせます。

鋳型は外部の力に依存しているのが特徴です。

犬であればお尻を押して無理やりお座りをさせるとか!

この方法は犬が自分の意志でお尻を下げているわけでは
ありませんので飼い主さんが触らないとお座りができなく
なると言う欠点があります。

たとえば足を上げて排泄をした時に強く足を叩くという
嫌悪刺激を与えるとします。

すると犬は何を学習するでしょう?

もちろん、足を上げると叩かれるから足を上げないで排泄
することを学習する可能性もあります。

しかし、叩いた人を怖がるようになる可能性もあります。

おしっこをすること自体がいけないと学習する可能性も
あります。

もしかしたら叩いた人の前ではおしっこができなくて
隠れて排泄するようになる可能性もあります。

叩かれた場所を怖がるようになる可能性もあります。

要するに嫌悪刺激には色々な副作用が出る可能性がある
のです。

トイレの仕方、特に足を上げないようにすると言った
デリケートなトレーニングでは嫌悪刺激は不向きだと
思います。

以前にも書きましたが、犬は人間が発する言葉の意味が
分かっていませんので足を上げているときに言葉で
叱っても何を叱られているのか理解できません。

大きな声で怒鳴ると嫌悪刺激として作用しますので叩く
のと同じような現象が起きるでしょう。

可能性としては排泄をするときに足を上げることを躊躇
する程度の嫌悪刺激を与える方法ぐらいかと思います。

具体的には、足を上げたら少し強く足を押さえる程度を
何回も繰り返してみてはいかがでしょうか。

叱られていると思わせない程度の刺激を与えることで
習慣化させていく方法です。

出来てきたらご褒美を与えて行動を強化していけば足を
上げなくなると思います。

もう一つの提案ですが雄犬が足を上げて排泄をすると
いう事はDNAに組み込まれた行動なので足を上げる
ことを許してあげるというのはいかがでしょうか。

プラスティックで出来た段ボールでトイレを作った
商品があります。

http://www.sumainu.jp/product_info.php?products_id=697

これでしたら足を上げて排泄をしても周りには飛び散り
ませんから安心ですよ。

森山はブログランキングに登録しています。
したのバナーをぽちっと押してもらえるととても喜びます。
 ↓↓↓↓↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

—————————————————-

※是非、皆さんのご意見ご感想をお聞かせ
ください。
時間はかかるかもしれませんが、必ず直接
お返事させていただきます。
また、こんな内容の記事を書い欲しいとの

森山mail: school@playbow.jp

—————————————————-
編集発行:PLAYBOW Dog Trainers Academy
森山 敏彦

〒214-0014
神奈川県川崎市多摩区登戸2978 芝原ビル3F
Tel:044-932-0888
E-mail:school@playbow.jp

HP:https://playbow-dogtrainers-academy.com/

Copyright 2009 PLAYBOW Dog Trainers Academy
—————————————————-

—–