ドッグトレーナー養成スクールPLAYBOW ドッグトレーナーになりたい!応援ブログ 独立して思ったこと

独立して思ったこと

ドッグトレーナーのお仕事
独立して思ったこと
——–

森山は独立して、かれこれ14年になります。

独立したての頃は当たり前のように仕事も収入もなく時間だけがありました。
当時は自由な時間があったとはいえ、殆ど「どうやってお客さんを取ろうか・・・」
ばかり考えていますから、時間はあったとはいえ遊ぶ時間ではありません。

時間が空いていれば営業にでます。
中々お客さんは取れませんでしたが、自分に気合いを入れて飛び込み営業をしたり、ポスティングをしたり、
ありとあらゆる営業活動をしました。

その甲斐あってか、少しずつお客さんが付いてきたのです。
そうすると、お客さんが取れれば、全て自分の収入になりますから、営業は全然苦になりません。

お客さんが増えれば仕事も増えますので更に時間がなくなります。
森山は当時、自分が3人いて1日50時間ぐらいあればいいなって本気で思っていました。
仕事が楽しくて楽しくて仕方がなかったのです。

毎日朝から晩まで、働き、新規のお客さんの家にカウンセリングに行くのが夜の9時ごろからで
気が付くと深夜12時を過ぎていることも間々ありました。

 

そして1年が過ぎ、2年が過ぎ、3年が過ぎた頃

あれ、何か違うぞ「このままでいいのかな?」ふと考えました。

確かに収入は増え、仕事も順調に回るようになりましたが、全く自分の時間がありません。

あまりにも時間が無いので唯一の贅沢は独立のときに買った軽自動車を中古のフォードに変えたぐらいで殆ど贅沢もしませんでした。


独立した森山は全く休み無く働いていました。
無休です。

森山は、誰でも人生の中で一度ぐらい無休で
働く時代があっても良いのではないかと思っています。
無休で打ち込めるものがあるということは、とても有難いことです。

仕事も順調に回っているし、収入もそこそこある、
だけど・・・

 

何のために今まで働いてきたのだろう?
と考えました。

 

こんなに忙しい思いをするために仕事をしてきたわけではないんじゃないか?

もっと自由な時間を楽しむために仕事をしているのではないか!

「そろそろ少し休もうかな」と思ったのです。

 

そして徐々にお休みを増やして行き、最終的に週休2日にしました。
今までやりたかったけど時間が無くてできなかったアウトドアをするためにキャンプに出かけたり、アウトドアグッズを買ったりしました。

人から見ればささやかな贅沢ですが、
森山にしてみれば、その頃の愛犬コウメちゃんとゆっくりする時間もあまり取ってこなかったので
キャンプで愛犬と自由な時間を過ごすという贅沢にはまりました。

そのうちにキャンプでのテントの撤収が面倒になり、中古ですがフォルクスワーゲンのキャンピングカーを買い、
キャンピングカーでアウトドアを楽しむようになっていきました。

 

まさに独立のときに夢見た、優雅な自分を満喫することが出来るようになりました。

 

しかし、このまま一生優雅な生活が続くのかと思っていた森山は・・・

 

次回に続きます。