Archive for 2018年10月12日

ご褒美の意外な効果

 

ドッグトレーナーのお仕事

タイトル

【 ご褒美の意外な効果 】

——————————————

こんにちは!
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー
関西校の竹井です。

本日は前回に引き続き
うちの猫さんのトレーニングのお話を。

犬の話しなよって言われそうですが

いやいや、犬のトレーニングにも
言えることなんですよ!
ちょっとお付き合いくださいませ。

実は竹井は、猫のトレーニングを
開始しようと思った時点で
最初の壁にぶち当たっておりました。

それが…

「ご褒美を何にするか問題」

実はこれが、結構重大な問題なのです。

竹井が専門学校で習った方法も
プレイボゥで行う方法も

簡単にいうと
「これやったらいいことがあるよ!」
と教える方法です。

つまり、教えたい行動の後に
ご褒美が出てくれば
「なんだこうやったら出てくるのね!!」と
ご褒美をもらうために
何度も繰り返してくれるわけです。

ですが、このご褒美が魅力的でなければ

「あ、めんどくさいんでやらないです。
別に欲しくないんで。」

となってしまうのですよ…!

トレーニングでよく使うのはおやつですが
うちの猫さんはおやつを食べません。

若い頃に猫用おやつを買って帰っても
匂いを嗅ぐだけで「ナニコレ?」と
立ち去って行かれました…。

欲しがる食べ物といえば
かまぼこ、鰹節、マーガリン。(全て人用)

いやいや、身体に悪いから!!
ただでさえあなた療養食で
食事療法やってるんだからね?!

という事で、まず用意してみたのが
「またたびスティック」

猫が好きなものの代表を使ってみました。

ご褒美についてくるように誘導して
マットの上まで歩くように練習を始めました。

喜んでついてきました!
一生懸命またたびスティックを
追いかけてきました!

一生懸命追いかけすぎて手が出ました!

顔をこすりつけ始めました!

またたびの前でお腹を見せて転がりました!

トレーニングになりません!!

またたびスティック、あえなく退場。

後から考えてみると、猫にまたたびは
恍惚状態になるそうなので
トレーニングに向かないのは当たり前ですね。

じゃあ何にしよう、と考えた時に
思いついたのがウェットフードです。

実は、うちの猫さんは
本当は療法食しか食べちゃいけないのに
1日2回のウェットフードを要求する
という困った癖がありました。

何とか1日2回しか出てこないという事は
学習してくれたのですが
あまりにも強く、強く要求されるので

スプーン(コンビニでもらうアイス用くらい)
の1/4をごはんにトッピングする
という事を行っていました。

ホントは良くないよねー、とか言いながら。

どうせあげるんなら、ご褒美にしたら?
という事で、トレーニングに
ウェットフードを使い始めました。

元々ちょっとしかもらえなくて
猫にとって価値の高いものだったので
とてもいいご褒美になりました!

が、手がべちょべちょになりますし
落とすと拾っても床に匂いと味が残って
気になるようなので
あまりお勧めはしません(笑)

そして、とっても意外だったうえに
竹井家にとって一番嬉しかった
ご褒美の効果は

「猫がウェットフードを
要求しなくなったこと」

トレーニングを始めた時から
猫のごはんにウェットフードを
入れるのをやめていました。

トレーニングをしてからごはんをあげると
何も要求せずに食べたからです。

どうやら、猫にとってウェットフードは
「ごはんの時に出てくるもの」から
「マットしたら食べれるもの」に
変更されたようでした。

卒業研究用のレポートが出来上がって以降
トレーニングは全くしていませんが

それから数年間、彼がお星さまになるまで
ウェットフードを要求する事は
一度もありませんでした。

ペットはものすごく大好きで
めちゃくちゃ要求してくるけど
実はあんまり与えたくないもの。
しかたなーくあげているもの。

もしあるようでしたら
これは結構使える手かもしれません!

私はトレーニングをしなくなりましたが
うちの猫さんはもしかしたら
ウェットフード欲しさに
「マット」と言われるのを
待っていたかもしれませんね。