Tag Archive for ドッグトレーナーの仕事、ドッグトレーナー学校

犬のしつけに悩んでいる人

こんにちは。
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー
事務局の佐藤ですU^ェ^U

 

昨日、日本ペットフード協会さんが出している
「全国犬猫飼育実態調査 」というものを
休憩がてら見ていました。

 

毎年調査項目に多少違いはあるのですが、
飼育頭数や飼育犬種・猫種などの変化が
見れるので、とても参考になります。

 

そこで少し印象的だった
項目をご紹介します!

 

2017年の調査で「あったらいいなと
思うサービス」に、しつけ代行サービスが
全体の18%を占めていました。

 

この数字を多いか少ないか、と感じるかは
人それぞれかと思いますが、

 

2018年の調査では「飼育している犬のために
利用しているサービス」という項目があり、
しつけ代行サービスは3.5%でした。

 

これを見た時、佐藤は
「あったらいいなと思うサービスには
18%も占めているのに、実際に利用している
人は意外と少ないな」と感じました。

 

毎年同じ人が回答しているわけでないと
思うので、一概には言えないと思うのですが、

 

これはもしかすると、

 

しつけやトレーニングサービスを利用したい!

 

けれど、近くにそういったサービスがない!

 

どこに行けばいいのかしら?

 

と言った要因もあるのでは?
と感じた佐藤です。

 

そして、逆にサービスの需要はあると
考えることが出来ます。

 

皆さまの身近には、こういった
犬のしつけやトレーニングサービスを
提供している場所(人)はありますか?

 

また、皆さまの身近に
犬の行動に悩んでいる方は
いらっしゃいますか?

 

その悩んでいる方は、愛犬の
悩んでいる行動の改善に向けて

 

取り組めるような場所(お店)や
人(出張ドッグトレーナー)などに
頼れているのでしょうか?

 

もし頼れていないという状況なのであれば
ドッグトレーナーはその地域に必要な
存在なのかもしれませんね!

 

少しずつ、犬のしつけやトレーニングを
提供できる人が増えていけば、

 

「飼育している犬のために
利用しているサービス」と言う項目に

 

しつけサービスの割合が増え、

 

愛犬の行動に悩む飼い主さまが減り、

 

問題行動が原因で
飼育放棄されてしまう犬たちを
減らすことも出来るのです。

 

犬を迎えたら、お互いストレス少なく
過ごせるようなトレーニングを行うこと、

 

これが当たり前の日本になりますように。

謝らなければいけないことが

こんにちは。
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー
事務局の佐藤です!

 

皆さま、先週イギリスに行っていた佐藤から
イギリスからタイムリーなメルマガを…!

 

とお話しておりましたが…

 

申し訳ございません!

 

思った以上に、Cruftsツアーが
濃く!!!!

 

メルマガを書く予定にしていた夜は、まさに

 

「バタンキュー」

 

でして…。

 

なので、今日から1週間も濃すぎるくらいの
海外研修ツアーの様子をお届けしたいと思います!

 

ちなみに昨日、帰国いたしまして
若干の時差ボケなのか、ただの寝不足なのか
分かりませんが、目がシパシパしている
今日この頃です(^^;)

 

10名を超えるたくさんの生徒さんたちと
過ごした1週間は、

 

普段の事務局スタッフや講師としての
関わりだけでは知ることが出来ない
一面を知れたり、

 

一個人としても、
とても貴重な時間となりました。

 

ツアー中は要所要所集合し、
その他の時間は自由行動でしたので

 

各々、Crufts会場をひたすら練り歩き
買い物を楽しみ、ショーを楽しみ

 

ある生徒さんは1日に2万歩以上も
歩いていらっしゃいました( ゜Д゜)

 

(佐藤は多くて1万9000歩ほどでした…!)

 

日によってはは完全なフリー時間も
あったので、佐藤はタクシーで
バッキンガム宮殿前にも行きました。

 

タクシーの運転手さんがとても優しく
バッキンガム宮殿前に着いた際に
「写真撮ってあげるよ!」と言われたので

 

バッキンガム宮殿前で、
写真撮ってもらえるやったー!
と喜んでいたら、

 

「ほら、乗りな!」

 

と運転席を指差され、

 

『タクシーの運転席に座って
ハンドルを握りながら窓から顔を出す』

 

という1枚を撮りました!笑

 

これはこれで貴重な体験をしたと
感動した佐藤です。

 

はたまた、とある生徒さんは
皆が電車でCrufts会場に向かっている中

 

「イギリスと言ったら2階建てバス!」
ということで1人で、会場まで
バスで向かった方もいたり。

 

外食後、ホテルに戻り迷路のような通路に
惑わされ、自分たちの部屋番号も分からなくなり

 

ホテルで自分たちの部屋に入れない!と
皆で笑い合ったりと、

 

本当に濃い1週間でした。

 

そして来年も行きたい!と感じたCrufts。

 

この内容を明日から
たっぷりお届けしますので
お楽しみに!

NO DOG ,NO LIFE

こんにちは。
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー
事務局と講師も務めております佐藤ですU^エ^U

 

いよいよ明日から、約1週間。

 

イギリスです。

 

…あ~!楽しみです!

 

(長時間のフライトは初めてなので
そこは不安ではありますが…(^^;

 

あと遊園地の絶叫系がダメな佐藤は
飛行機がフワッと揺れるほどの風が
吹かないことを願ってます…>< )

 

ということで、
今週は佐藤がメルマガ担当ですので
この1週間はイギリス滞在記を
お伝えしたいと思っています。

 

時差があるので、配信が
ばらついてしまうと思うので
その点はご了承くださいませ!

 

ちなみに佐藤、長時間のフライト初と
先ほど書かせていただいたので
お気づきの方もいるかもですが、

 

初ヨーロッパです。

 

故森山名誉校長が魅了された
ヨーロッパの犬文化。

 

森山先生は
こんなブログを書いていました。

 

.。o○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。..。

タイトル:イギリスと日本の犬事情の違い

本文はこちらから↓↓

イギリスと日本の犬事情の違い

.。o○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。..。

 

いかがでしたか?

 

森山先生がブログ内でも書いていた

 

「イギリスの国民は犬を愛しています。」

 

これは実際に見てみないことには
イメージが湧かないと佐藤は思っています。

 

イギリスの方はどんな風に
犬と生活しているのだろう?

 

どんな風に犬と散歩するのだろう?

 

犬が苦手な人はいないのだろうか?

 

などなど、聞くだけでは
イメージが湧かないことも
多くあるはずです。

 

プレイボゥはいつの日か、
犬が自然の姿で共生できる日本を目標に、

 

そして佐藤はこの度、この目で
初ヨーロッパの犬文化を吸収してきます。

 

佐藤の初ヨーロッパ滞在記、
お楽しみに!