タグ: スクール選び

 ドッグトレーナーになりたい!を応援するブログ

プレイボゥの座学 問題行動の定義って?

現在、座学を受けているのは47期生

こんにちは。
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー事務局の瀬尾です。

プレイボゥでは、入学するとまず座学が始まります。
おおよそ3ヶ月をかけて、12コマの座学を受けていただきます。

現在、座学を受けているのは4月開講クラス(47期生)のみなさん。
入学から1ヶ月半が経ち、早くも半分の座学が完了しています。

ほんとうにあっという間!
きっと生徒さん自身はもっともっと早く感じていると思います。

先週の座学はプレイボゥ全体のトレーニングマネージャーを務めている赤堀先生による「問題行動」でした。

座学を担当する講師は、外部講師も含め現在6名。

赤堀先生は、その中でも一、二を争うくらいのパワフルな先生です!
どんどん犬の情報を生徒さんにパスしてくださるので、みなさん取りこぼしのないようにご注意くださいね!(笑)

問題行動の定義って?

「問題行動」

とても気になるワードではないでしょうか?
犬を飼う多くの飼い主様が抱えるお悩みかもしれません。

しかし、「問題行動」と一言で言ってもその種類や原因はたくさんあります。

ちなみに、犬本来の正常な行動であっても飼い主や第三者が問題視すれば「問題行動」となります。

例えば、「吠える」ことは犬本来の行動です。
ですが、来客のたびに犬が吠えると、飼い主様は”こんなに吠えるなんてお客様に迷惑だし困ったな”と思い、もしかしたらドッグトレーナーに相談するかもしれません。
こうなると正常な行動だったとしても「問題行動」となるんです。

そして、吠える原因も様々。
複数の原因が複雑にからみ合っている場合も。

座学では、問題行動とは何か、からはじまり、様々な種類の問題行動を学んでいきます。

正当防衛のために起きてしまう問題行動があったり、所有欲から来る問題行動があったり。
なんとなく私達人間にも理解出来る行動ではないでしょうか?

引っ張るパグ

問題行動と思う人がいれば、正常な行動でも「問題行動」になるんです。

今週の座学。そしてプレイボゥの座学は・・・

また、今週からは外部講師である現役ドッグトレーナー刈屋先生による「ケーススタディ」の座学が始まりますよ!

刈屋先生は、森山名誉校長の出張トレーナー時代の一番弟子さんで、現在はウェルビードッグスクールの出張トレーナーとしてご活躍されている人気ドッグトレーナーです。

現役でご活躍されているドッグトレーナーのお話は、とてもリアリティがあり、引き込まれること間違いなし!
生徒さんがハラハラしながら聞いている姿が目に浮かびます

このように当スクールの座学はどれも聞き逃し厳禁の内容となっております!
全12コマの座学を通して、ありったけの犬についての知識をお伝えしています!
(座学のカリキュラム表は募集要項から⇒募集要項(生徒募集) | PLAYBOW Dog Trainers Academy (playbow-dogtrainers-academy.com)

ぜひ、犬好きの皆さまも、私たちと一緒に犬についての知識を深めてみませんか?

人と犬とのより豊かな共生

こんにちは。プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー事務局の石田です。

いきなりですが、本日は少し世界史の話題から。


皆さまは、マハトマ・ガンジーをご存知でしょうか?インド独立の象徴で「インド独立の父」とも呼ばれています。

学生時代、ガンジー氏について歴史の授業で取り上げられて際に、とても印象深く残っている言葉がありました。

「国の偉大さ、道徳的発展は、その国における動物の扱い方で判る。」という言葉です。
(参考までに:Wikipedia

プレイボゥにも似たような考え方があります

プレイボゥにも、ペットの福祉・暮らしの向上は、人の福祉・暮らしの向上につながるという考えがあります。

そのため、人と動物のよりよい共生社会を目指し、心の豊かな人のあふれる文化づくりに貢献していくよう、

プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー(株式会社プレイボゥ)の理念を『プレイボゥは命の大切さを社会に伝え、人と犬とのより豊かな共生を実現します。』としています。

 

犬との生活はかけがえないものですか?

ここで質問です。皆さまにとって、犬との生活はかけがえのないものですか?

もし私が同じことを聞かれたら、答えはもちろんイエス。首を何度も縦に振ると思います。

このブログをお読みの皆さまも、同じ考えの方が多いのではないしょうか?

犬は家族の一員として、私たちにたくさんのものを与え、暮らしに潤いをもたらしてくれまよね。

 

動物(犬)との共生には「思いやり」が不可欠

しかしその一方で、不幸な犬も数多く存在します。

人と動物が共生するためには、人間とは違う動物の習性を理解することが大切で、動物に対しても人に対しても同じように「思いやる心」があれば人の心も豊かになるのではないでしょうか?

このように、人と犬とのより豊かな共生を築いていくため、プレイボゥでは「イヌ」という動物について
最初の授業で学ぶプログラムになっています。

私自身もプレイボゥに入社するまで、「イヌ」という動物についてここまで詳しく知る機会がなかったので、
自身の固定概念が始めから覆されたのをよく覚えています。

この考えについて触れるといつも、ガンジー氏の言葉と同時に、学生時代、当時の歴史の先生がおまけで教えてくれた言葉も浮かんでくるので、今日はそれも併せてご紹介します。

「国家の偉大さは、人の数や領土の広さによるのではなく思いやりの幅広さや、わけ隔てのなさによるのである」という言葉です。(当時の記憶のままなので多少言葉が違うかもしれません。)

こちらは、海外のある戦争で亡くなった数多くの馬たちの記念碑に刻まれた言葉なのだそうです。

いかがでしょうか?

犬を知り・理解することによって「思いやりの心」をもって共に生きていきたいですね。

プレイボゥのHPを見返していたところ、ふと皆様にプレイボゥの理念を改めて知っていただきたいと思い
ブログに書きましたが、1人でも多くの方が、この理念に共感していただけると嬉しいです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
プレイボゥの理念をぜひご覧ください!
https://playbow-dogtrainers-academy.com/mission.php

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

イベントに参加して現場力を身につける!

現場力がつくイベントとは?

こんにちは。
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー事務局の瀬尾です。

4/10-11の土日で「イヌリンピック桜花祭」が開催されました!
(http://www.inulympic.com/index.html)

犬を飼っていらっしゃる方、もしくはプレイボゥの生徒さんはご存知かもしれませんが、犬が人が一緒に楽しめる屋外イベントになります。
名前からなんとなくイメージ出来るかもしれませんが、競技的な面を持っているのでタイムレースで競ったり、なかなか熱気のあるイベントになっております。

年に2回あるこのイヌリンピック。前回は11月。
寒すぎず暑すぎず、犬が過ごしやすい季節に開催されます。
今回も天気に恵まれ、さわやかな気候の中行われました。
ただ、このようなご時世なので、前回に続き、新型コロナウィルス感染防止策を徹底した中での実施となりました。

イベントに来ている犬も本当に様々!
犬種図鑑では見たことがあるけど、実物では初めて見る犬がいたり、大型犬の多頭連れがいたり。
犬好きには鼻息が荒くなってしまう環境ですよ(笑)

プレイボゥがイベントで実施すること

このイベントにプレイボゥドッグトレーナーズアカデミーはしつけ教室のステージ、そしてしつけ相談員として参加させて頂いております。

今回のしつけ教室のステージは店舗スタッフとその愛犬が担当し、息の合った芸を披露してくれました。

でも一般の方もコツさえつかめば出来ちゃうんです♪
観客の方もご自身の愛犬と一緒に習っていきますよ!
店舗スタッフの巧みな誘導で、ほんの短い時間でみるみる愛犬たちの動きが変わっていきます。

愛犬も飼い主様もとっても嬉しそうにトレーニングしている姿が印象的でした。

イベントに参加する生徒さんがすること

そして、プレイボゥの生徒さんも現場実習の一環でイベントに参加することが出来るんですよ!
生徒さんには、ゲーム進行スタッフや無料しつけ相談の相談員として参加して頂きます。

無料しつけ相談は、飼い主様が愛犬を連れてお悩みを相談しに来てくれるので、その解決方法を提案していきます。

この相談員も実習経験を積んだ生徒さんにお願いしています。
最初はおっかなびっくりな生徒さんですが、やはりきちんと学習して、実習を重ねているだけあります!
飼い主様の質問に自分なりの考えを述べていきます。
回数をこなすうちに緊張も解け、さらに自然体で飼い主様とお話されている様子は見ていてとても頼もしいです。
もちろん、答えに困った際にはベテランスタッフがフォローします。

現場力がつくイベント実習(まとめ)

このイベント実習は、生徒さんにとってとても学びの多い実習となります。
生の飼い主様の声を聞くことはとても貴重な経験ですし、たくさんの飼い主様に対応することでコミュニケーション取りも学ぶ事ができます。
こうしたイベント実習を通じて、ドッグトレーナーとしての実践的な経験を積んで頂いています。

プレイボゥでは、これまでに700名以上が卒業し、出張トレーナーは約120名、犬の保育園は約70店舗開業しています。
卒業生もこうしたイベント実習で力をつけていったんですよ!

ぜひ、プレイボゥに入学した際にはイベント実習にも積極的に参加してみてくださいね!

イヌリンの様子

イヌリンでの様子。無料しつけ相談会にて。

愛犬の問題行動、解決してみませんか?

そもそも、問題行動とは?

ケンカする犬

ガウガウ言っている声が聞こえてきそうです

こんにちは。
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー事務局の瀬尾です。

このブログを読んでいる皆さま。
犬の「問題行動」で困った経験はありますか?

ところで、「問題行動」と一言で言っても様々なパターンがあるのをご存知でしょうか?

問題行動には、
(1)犬本来の行動だけど周りが問題行動と判断するもの
(2)犬本来の行動ではなく、周りも問題行動だと判断するもの

があります。
例えば、吠えたり咬んだりすることは(1)に該当します。
犬は元々吠えるし、咬む動物なのです。
しかし、周りから見るとうるさかったり、大切なものを壊されたり、ケガをする、というところで問題視されてしまうのです。

しつけ出来るのはドッグトレーナーだけ?

ただ犬と人が一緒に暮らすにはしつけをしてあげることも大切です。
人間同士だって「親しき中にも礼儀あり」というようにマナーを守りますよね?
犬と人も同様です。
そうすることで犬も人もストレス無く共生していくことが出来るんです!

しつけはドッグトレーナーにきちんと見てもらわないと・・と思うかもしれません。
でもそれが出来るのはドッグトレーナーだけではありませんよ!
皆さまが愛犬のしつけを出来るようになる方法、あるんです!

プレイボゥで学ぶ

プレイボゥドッグトレーナーズアカデミーでは、入学すると、まず「犬」ってこういう動物なんだよということを知るところから始まります。

皆さまは犬種がどのくらいあるかご存知でしょうか?
非公認のものを含めると7~800種ほどあると言われています。

例えばボルゾイとブルドッグ。
同じ犬でも全然違いますよね?

犬がどうしてこんなにも様々な姿形をしているのか、まずはその歴史を紐解いていきます。

どうですか?
これを聞くだけでワクワクしてきませんか?

ボルゾイ

ボルゾイってこんな姿をしています。ブルドッグと比較してみてください!

その後、問題行動についての知識や現役ドッグトレーナーのケーススタディを学び、どんな問題行動のある犬がいるのか、どんなトレーニングが有効なのかを学んでいきます。
実際ドッグトレーナーとして活躍している外部講師の講義は、内容がとてもリアルで、「それで、次はどうなるの?」と手に汗握る状況です。

犬について学ぶ講義は、1コマ2時間半。
想像すると果てしない時間のように思いますが、大好きな犬を学ぶ時間なので皆さん口を揃えて「あっという間!」と言ってくださいます。

最後に

あなたもプレイボゥに入学して犬の問題行動に対しての解決策を考えてみませんか?
一緒に犬も人もストレスなく共生していける社会を目指しませんか?

コミュ力を伸ばすには?

プレイボゥスタッフのコミュ力

こんにちは。
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー事務局の瀬尾です。

突然ですが、皆さまは「コミュ力」ありますか?

プレイボゥのスタッフは、みなさん話し上手だし、聞き上手です。

スタッフ同士で話していると、気づくと自分のことをぺらぺら話していてどんどん丸裸にされていく感覚です!
私の好みを把握しているスタッフから「瀬尾さん、これ好きそう」とか言われます。

・・・はい、好きです(笑)

私より私のことを分かってるのでは?と思うほどです。
みなさん、ほんとにすごい!

コミュ力の重要性

このコミュ力。
これから犬の世界で仕事をしていこうと考えている方には欠かせないものになりそうです!

もちろん、犬の世界でだけでなく、人と関わりあって生きている私たち全員に必要なスキルでもあります。

ドッグトレーナーになりたいなと思ったことのある方の中には「人と接するの疲れちゃったから人と関わらない仕事がしたい」と思う人もいるかもしれません。

でもよく考えてください。

ドッグトレーナーになった時、あなたのもとに犬だけが来るでしょうか?

クンクン
おっ!ここのトレーナーは犬好きなにおいがするぞ!
よし!このトレーナーにしつけてもらおう!

・・・なんてことはありませんよね?(笑)

その犬の意志に関わらず、必ず飼い主様があなたを見つけ、訪ねてくるのです。

そしてカウンセリングをしたり、トレーニングの進捗を報告したり、都度コミュニケーションをとるのは、やっぱり犬ではなく飼い主様。

初対面の人との信頼関係の築き方って?
どう話せば相手は色々話してくれる?

どうでしょう?
コミュ力、もっと磨きたいと思ってきませんか?

 

会話する男女

コミュ力があれば、お互いより気持ちよく会話できます!

コミュニケーション学、新設!

実は!

プレイボゥではこのたびカリキュラムの一部を変更し、「プロとしてのコミュニケーション力」という授業がスタート致します!!

講師は当スクールのスクールカウンセラーも務める依田が担当致します!
依田のコミュ力の高さは社内で知らない人はおりません。
スタッフ間では自分たちが聞きたい!とすでに期待感でいっぱいです!

さいごに

プレイボゥドッグトレーナーズアカデミーの座学は全部で12コマ。
犬の歴史から始まり、専門的な犬の学習理論の話。そして飼い主様とのカウンセリングの仕方や現役ドッグトレーナーのケーススタディなど実践に即したもの。
そして今回新設されたコミュニケーション学と多岐にわたって学ぶ事ができますよ!

どんな風に授業を行っているんだろう?と気になる方!
授業を見学できるスクール見学会も開催しておりますので、ぜひ遊びに来てくださいね!

P.S
ちなみにすでに座学を終了した在学生、そして卒業した生徒さん達!
依田の講義気になりますよね?

ご安心ください!
皆さまにも聞いていただける機会を企画いたしました!
ゴールデンウィーク勉強会に組み込んでいますので
ぜひ奮ってご参加くださいね!

 

北ちゃんと西ちゃん

社員の愛犬。「あの依田さんが授業するの?!わたしも聞きたい!」

犬と意思疎通するには

飼い主様同士の会話

こんにちは。
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー事務局の瀬尾です。

先日、自宅前で繰り広げられた飼い主様同士の会話が気になったのでご紹介します。

飼い主様はそれぞれ大型犬を連れていて、道路の反対側からやってきました。
どちらの犬も相手の犬に気づき、飼い主様を引っ張りながら相手の犬に近寄ろうとしています。

ここで分かりやすいように登場人物のご紹介。

・Aさん+ゴールデンレトリーバー(以下ゴールデン)
・Bさん+シェットランドシープドッグ(以下、シェルティ)

Aさんは、相手との距離が2メートルほどになったところで犬を押さえ、それ以上近寄らないようにしました。
愛犬が他の犬が苦手で上手に挨拶が出来ず、相手の犬に吠えてしまうのを知っていたからです。

一方Bさんは、それに気づかず犬に引きずられながら距離を詰めていきます。
それに気づいたAさんは「あ、うちの子近づいちゃうと吠えちゃうので」と言い、距離を詰めないよう制しましたが、時すでに遅し。
近づきすぎたシェルティにゴールデンは「ワンワンワン!」と吠えたて、それに触発されたのかシェルティも吠えたてました。

慌てて両飼い主様とも距離を取ります。
犬たちは興奮冷めやらぬ様子でしっぽを振りながら飼い主様に引っ張られていきます。

そしてBさんが一言。
「あら~でもしっぽは振っているから喜んでるよね」

 

シェットランドシープドッグ

シェルティ。「いきなり吠えてきてなんなのよ!」

本当の犬の気持ちって?

さて、このシーン。
たくさん突っ込むべき所はあるのですが、最後にBさんが言った「しっぽを振っているから喜んでいる」という言葉。
ここが一番引っ掛かりました。

犬がしっぽを振る=喜んでいる、嬉しい

よく言われますが、実は100%そうかと言われると違うんです。
犬達が行ったしっぽを振るという行為。
これは喜んでそうしていたわけではなく、おそらく興奮状態からブンブン振っていたんだと思います。

喜んでいるからもう一回挨拶してみようか、となっていたらもしかしたら大変なことになったかもしれません。

このように、犬はことばを話せないかわりに体勢や体のあらゆる部分を使って気持ちを表現しています。
それをボディーランゲージといいます。

ボディーランゲージの一部分だけ見るのか全体的に見るのかでも導き出される犬の気持ちは変わってくることもあります。
上記の飼い主様はしっぽの一部分だけを見て「喜んでいる」と思ってしまったのです。

すでに興奮状態でお互いの犬に近づいていた点、無理に距離を詰めてしまった点、その時の犬の体勢などから、あまり友好的な状況ではないなと思いました。

二匹の犬

敵意からの吠えなのか、あいさつなのか・・そこを見極める必要があるのです。

さいごに

この様に、犬の気持ちを判断するには、犬の全体を見ることが必要です。
ただ、ご紹介したシーンですが、実際はほんの1、2秒の出来事です。
その中で色々なボディーランゲージを見るのってとっても難しいです。
私もまだまだ勉強中で、なるべく犬を全体的に見るように訓練しています。
立っていた耳が後ろに倒れたり、ボディーランゲージの変化の瞬間を捉えられるととても嬉しくなります!

ドッグトレーナーとして働きたいと思っている皆さま、トレーニングを行う際、このボディーランゲージを読み解く技術は必ず必要になりますよ!
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミーでは、実際に運営している店舗で様々なタイプの犬と実習で関わっていきますので、ボディーランゲージを見るのにうってつけです!
また、実習中に飼い主様が迎えに来た時の犬の様子も必見です!体中で目いっぱい喜びを表現しています!もちろんしっぽも喜びを表現するためブンブン振っていますよ!

ぜひ、プレイボゥで犬の気持ちを読み解く方法について一緒に学んでみませんか?
皆さまのドッグトレーナーになりたい夢、私たちにお手伝いさせてください!