ドッグトレーナー養成スクールPLAYBOW ドッグトレーナーになりたい!応援ブログ ペットは行きたいのかな?

ペットは行きたいのかな?

こんにちは。プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー関西校の矢川です。

11月2日~4日にかけてインテックス大阪にてペット博が開催されました。

3日間の来場者数は44102人と大盛況だったようです!

大阪松屋町店にある犬の保育園にはスタッフが5人いるのですが、5人中3人が
ペット博に行っていたようです。人気の高さが伺えますね!

ペットと言っても、もちろん犬や猫だけではなく鳥、モルモット、カメ、やぎなどもいて
ブースを構えて、イベントのお手伝いをしていたようです。 

さて、このようなイベント会場にペットを一緒に連れて行く事、皆さんはどう思われますでしょうか?

柴犬

店舗スタッフの辻江さんの愛犬、花ちゃん。  花ちゃんはお家でお留守番だったようです。

一緒に連れて行く事に賛否両論があると思います。

あくまで個人的な意見になりますが、誰かペットを預かってくれる人がいたら3時間ぐらい預かってもらうなどの方が
一緒にイベント会場に行くよりストレスがかからないのではと思うのです。

イベント会場ではたくさんの人がいますし、大きな音で音楽が流れたり、マイクでのアナウンスなどもありますよね。

猫

こちらは辻江さんの愛猫、空くん。空くんもお留守番。 お家でゆっくり休んでいた方が良いかな?

初めていく場所でそのような環境下にペット達が置かれた場合、多少なりともストレスがかかるのではと思います。

また、そのような場所に行った後、家に戻ってからペットの健康状態がどうなっているかを少し気にかけて欲しいのです。

もし食欲が落ちたり、排便が柔らかくなったりしていたら動物病院に連れて行きますよね?

イベント会場に行く→ストレスになる→体調を崩す→苦手な動物病院に行く→さらにストレスこんな感じになりませんか?

結局何が言いたいかと言いますとイベント会場のような場所はストレスを抱えてしまうペットが
多いのではないかという事をお伝えしたいのです。(とても楽しそうに、はしゃぐ犬ももちろんいると思います)

イベント会場で愛犬や愛猫と一緒に写真を撮りたいのもわかりますが、ペットの気持ちを常に汲んで
あげられるような良き理解者になりたいものですね。