ドッグトレーナー養成スクールPLAYBOW ドッグトレーナーになりたい!応援ブログ 避妊去勢手術は、、

避妊去勢手術は、、

月の満ち欠け

こんにちは。プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー事務局の矢川です。

9月21日(火)ですが、皆さんは中秋の名月をご覧になられましたでしょうか?

自分はプレイボゥ稲城店に出勤しており、帰りに空を見上げると綺麗に見る事ができました。

中秋の名月とは旧暦の8月15日の夜に見られる月の事で、十五夜という名前で知られています。

十五夜は満月と思われがちですが、必ずしも一致するわけではないようですね。

自分は初めて知ったのですが、十五夜だけでなく十三夜(後の月)があるとの事。

十五夜と十三夜、2つを合わせて、「二夜の月」と呼ばれ、十五夜の月を見たら、十三夜の月も同じ場所で見ると縁起がよいとされているようです。

ちなみに、今年の十三夜は今月10月18日との事。

十五夜の月が見られた人は来月の一三夜も見られると良いですね。

さて、月の満ち欠けが動物たちの行動などにも関連しているらしいので、ご紹介しますね。

 

手術もこの日なら?

実は、月の満ち欠けがペット達の体調や行動、食欲などにも変化を及ぼすそうなのです。

ある大学の研究によると、満月では救急治療室の受診数が犬では28%、猫では23%増える事が判明したそうです。

原因について結論は出されていないようですが、1万件以上の調査の結果らしいので、満月との関係はあるかもしれないですね。

月

月に何か感じる所があるかもしれませんね。

 

月の満ち欠けに関して言うと、月が大きくなっていく時は、エネルギーが増していくので、次のような事が起こりやすいとの事。

・食欲が出て、体重も増えやすい

・神経が活性化するので、てんかんや怯え、不安の感情が出やすくなる

逆に月が小さくなっていく時は、浄化作用が高くなるとの事で以下のような体調になりやすいのだとか。

・不要になったものを体外へ排出しやすくなるため、体重が減りやすい。

・出血量も少なくなることから、手術も成功しやすく、回復が早い

 

動物病院の先生の意見も聞きながら

人間でも手術の日は大安の日を選んだりしますが、月の満ち欠けの事を知ると犬や猫の避妊去勢手術の日程も意識してしまいますね。

ただ、あまりこだわりすぎると、適切な手術の時期を逃してしまうことになりますので、動物病院の先生のご意見を伺うのが良いと思います。

実際に月の満ち欠けによって、ペットの様子が顕著に変わる様子が見られた場合には、割り切って月の満ち欠けの影響とすると、少し気持ちが楽になるかもしれません。

人は月の満ち欠けに感情を左右されず、常に冷静にいたいものですね。

 

≪ドッグトレーナー養成講座 2021年1月生募集!≫

詳しくはスクールの特徴をご覧ください。

↓ポチっと。

https://playbow-dogtrainers-academy.com/guidance2.php

ーーーーーーーーーーーーーー★

プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー

■Facebook

https://www.facebook.com/playbowacademy/

■プレイボゥドッグトレーナーズアカデミーinstagram

https://www.instagram.com/playbowacademy/

ーーーーーーーーーーーーーー★