タグ: メルマガ

 ドッグトレーナーになりたい!を応援するブログ

プレイボゥドッグトレーナーズアカデミーが過去にお届けしたメルマガ一覧。ドッグレーナーを目指す方へ、ドッグレーナーのお仕事の魅力、スクールの案内など

お出かけの秋、犬とともに

こんにちは。プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー事務局の大竹です。

 

9月に入り、暑い日もありつつ漂う空気にを感じる日が多くなってきた気がします。

 

気温も落ち着き、過ごしやすい日が多くなる秋は、そう!犬とのお出かけにピッタリな季節です♪

 

今年は新型コロナウイルスの影響で中止が相次いでいますが… 毎年秋はプレイボゥドッグトレーナーズアカデミーでも数多くの犬イベントに参加し、アカデミー生の皆さまにもイベント実習へお誘いのご案内もします!

 

外出もなかなかしづらいこのご時世ですが、感染予防を行いながら愛犬との秋のお出かけを楽しみたいですねU^(ェ)^U 

秋は人も犬も過ごしやすい季節ですね♪

 

 

犬とのお出かけにぴったりの季節、お出かけしてみたらなんだか愛犬もとっても楽しそうだった!連れて来て良かった!と思った経験、皆さんもありませんか?

 

でも、人と犬は言葉が通じないのに、なぜ「犬も楽しそう!」と感じるのでしょうか?

 

きっとそれは、皆さんが犬の「ボディランゲージ」を読み取っているからなんですね。

 

犬は基本的に声(言葉)ではなく身体の動きでコミュニケーションを取る動物であるといわれています。

 

皆さんが「犬も楽しいんだな」と思う時、きっと犬は口角が上がり、本当に笑っているような穏やかな表情で尻尾を振っている状態かと思います^^

 

今、とっても簡単ではありますが、、私は犬の「嬉しい」というボディランゲージを「口角」と「尻尾」で説明しました。

 

このように、犬のボディランゲージを読み取るときは、口元姿勢尻尾など、必ず身体の複数の箇所を観察します。

 

よく「犬は嬉しい時に尻尾を振る」などと言われますが、犬は嬉しい時以外にも尻尾を振ります。

 

尻尾の振りはあくまで興奮度の表れであるため、尻尾を振っていれば必ず「嬉しい!」と思っているわけではないのです。

 

今年も秋の訪れとともに、いつもとは違うちょっと特別な愛犬とのお出かけを計画されている方もいらっしゃるかもしれません。

 

いつもとは違う場所、環境ではより一層犬の様子に気を配ってみていただきたいです。

 

犬の中には、初めての場所に不安を感じたり、普段は会わない人や犬に出会って興奮状態になる子もいます。

 

そんな時、飼い主が愛犬のボディランゲージを読み取ることで犬の気持ちや状況が好転することもあるかもしれません!

 

耳が後ろに倒れ、重心が後ろにかかり尻尾が股の間に入った状態は「怖い」のサインなので、その場所には長居せず愛犬が落ち着ける場所に戻る、とか。

 

目がかっと開き、鼻にシワが寄り、耳や尻尾がピンと立った前のめりな状態で唸っていたら、「攻撃するぞ」の威嚇のサインなので威嚇している対象から離れる、とか。

 

このように、ボディランゲージを読み取ることは愛犬とのより良い関係性の構築や咬傷等の事故を未然に防ぐことにもつながります。

 

犬のボディランゲージについてブログでご説明するには限界がありますが、プレイボゥでは生徒の皆さんにボディランゲージの文献として以下の本をお勧めしています!

 

————————–

 

ヴィベケ・S.リーセ ドッグ・トレーナーに必要な「深読み・先読み」テクニック Amazon購入ページ↓

 

https://www.amazon.co.jp/%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%B0%E3%83%BB%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%81%AB%E5%BF%85%E8%A6%81%E3%81%AA%E3%80%8C%E6%B7%B1%E8%AA%AD%E3%81%BF%E3%83%BB%E5%85%88%E8%AA%AD%E3%81%BF%E3%80%8D%E3%83%86%E3%82%AF%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%AF-%E7%8A%AC%E3%81%AE%E8%A1%8C%E5%8B%95%E3%82%B7%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%83%89-%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%99%E3%82%B1%E3%83%BBS-%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BB/dp/4416711085

 

————————–

 

ご興味ある方は是非ご覧くださいませ^^ 是非皆さんも愛犬を観察し、ボディランゲージから愛犬の気持ちを読み取ってみてくださいね^^

 

そして、犬とのお出かけにぴったりのこれからの季節、素敵な思い出をたくさん作りましょうU^(ェ)^U

おなかを見せる犬の気持ち

こんにちは。 プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー 事務局の神野です。

 

犬の可愛い仕草のひとつ、おなか見せ。 「可愛い~!」って、ついつい、犬が 寝転んだ時に見せる柔らかいおなかを サワサワと触っていませんか?

 

犬にとって、おなかは大切な急所の 部分です。 犬がおなかを見せることは、けっして 「甘えたい」という、理由だけでは無い事を 今日は知ってもらいたく、 ご紹介したいと思います^^。

 

 

犬がおなかをゴロンと見せてきた! そんな時には、こんな理由が考えられます。 ・信頼の気持ち ・甘えたい気持ち ・止めてほしい気持ち 

 

 

≪信頼・甘えたい気持ち≫

尻尾を振りながら、つぶらなおめ目で 見つめられると、思わず顔からおなか 目がけて、覆い被さりたくなるくらい 可愛くて触りたくなるものですよね。

 

この場合、犬の気持ちは、信頼感、 そして甘えたいという気持ちの表れを 示していると思います。 そして、基本的にこの動作は、 初対面の人に対して行うことは、 極めて少ない行動です。

リラックスZzz・・・リラックスZzz・・・

 

≪止めてほしい気持ち≫
犬がおなかを見せる動作には、 好意的とは反対に、嫌悪的な意味合いと しても表現される場合が多々あります。 例えば、犬の嫌がる不快なことを 相手が一方的に繰り返して行う場合、 犬がストレスを感じて、現実逃避を してしまう際、見ることのある行動です。

 

人はおなかを見せると好意的に感じてしまいがちですが、尻尾が中に入って いたり、犬が怪訝そうな表情をしていたり、 犬の全体を見て、判断する必要があります。 そのように感じられた場合はすぐ触る ことを止めて、犬から離れ、 犬の抱えたストレスから早く解放を させてあげたいものです。

注)ストレスは感じていません

 

例えば、飼い主と犬が遊んでいる時、 犬がハッスルしすぎて、 飼い主の手にたまたま犬の歯が当たって しまった場合、きっと飼い主から 「痛い!」と、叱られてしまいます。 そんな時に「ごめんなさい。落ち着いて。」 と、メッセージを伝えるためにゴロンと おなかを見せ、争いを避ける動作をします。飼い主さんも強く叱ることは避け、モチベーション トレーニングで犬をたくさん褒めて、 自信に満ちた犬へと育ててあげましょうね。

 

 

以上、犬の行動でおなかを見せる という良く目の当たりにする動作ひとつでも 様々な気持ちが込められていました。 その思いを理解してあげ、犬の心に 寄り添った空気の読める優れた 飼い主さんへとなりましょうね。 

虹の橋を渡った犬のその後

こんにちは。プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー事務局の神野です。

 

毎年お盆には、ご先祖様をお迎えし、この世を懐かしく過ごしてもらい、楽しかった気持ちを心に、あの世へお帰り頂く。このお盆の風習が好きです。

 

目には見えない存在になっても、この世に帰ってきているかも知れない気配を感じる感覚、言葉は直接的に交わせずとも、心と心が繋がっているような感覚、感覚全てが研ぎ澄まされるようで、とても新鮮です。

 

犬とコミュニケーションを図る時もボディランゲージ等を読んで、感情を察知することが主ですが、それ以外に、感覚で犬と会話が成し遂げられていると感じる時もあるので、決して思い込み過ぎてはいけませんが感覚を意識することも、大切なことだなと日々思うのです。

 

愛されワンコの幸せ寝姿zzz

 

初日に書いた記事で、ご住職に転生について説法を頂いたつづきです。
その記事はコチラ

 

自分のくだらない質問に、面白、可笑しく、お話ししてくださるので、興味深く色々と気になることを質問しました。

 

動物の死についてです。

 

人と同じく動物も、死の直後は肉体から魂が抜け、生前の姿のままあの世で幸せに暮らすようになります。人の愛情をたくさん受けた動物は、飼い主が気が付かなくても、あの世から戻っては一定の期間、飼い主と住んでいた家で一緒に生活をするそうです。(およそ数ヶ月と言われています)

 

なので、もし愛する動物が召されてしまっても、必要以上に飼い主が悲しむと、魂となった動物たちも「どうしたらいいんだろう。」と戸惑ってしまうそうです。

必要以上に悲しまないで。

 

私はこの件、そうなんじゃないか!という実体験があります。以前、亡くなった愛犬の死に目に会えず「あの時、こうすれば良かった。」「こうだったら助かったんじゃないか。」と、後悔ばかりの毎日でした。

 

そんな時、夢に愛犬が出てきて、こう言うのです。「そんなに思われたら生まれ変われない。止めてほしい。」と愛犬の姿・・・。

 

ご住職のお話と、自分の過去経験が繋がって、「あの時は、ごめんね。」と、昔の愛犬を思い出しました。

 

つづきます。

 

動物は純粋で素直です。話しかけたり、撫でられなくても、愛情を動物に向け、心に抱くだけでも、きちんと受け取ってくれるものです。

 

飼い主の足にもたれて、トロリンなボク君

 

あの人は、動物にやたら好かれる。という、会話のやりとりも日常で聞いたことがあるかと思います。これも、動物たちが感覚で良い人、悪い人の気を感じているのでしょうね。

 

なので亡くなった動物たちには、あの世へ旅立った後も、人間側は悲しい気持ちがどうしても吹っ切れないとは思いますが、温かく、穏やかに、日常を過ごすようにしてほしいと言うことでした。

 

いつの日か自分も必ずあの世へ旅立つ時が来ます。人間の愛を決して忘れない動物たちはその時が来たら、必ずお迎えにくるそうですよ。楽しみですネ。自分も今から再会が楽しみなのです。

 

最後に、殺処分等された動物たちの死後は、どうなるのか?と、ご住職に伺いました。

 

愛情に与えられず飢えた動物たちは、常に恐怖が隣り合わせにある状態で、気持ちが解放されず、縛られ、本能的に人へ向けて強い復讐心に駆られ、身の軽くなった(自由になった)魂の状態で、暫くこの世を暴れるそうです
しかし次第にその心情は落ち着いてきて、同様に穏やかに召されるそうです。

 

苦しい感情でこの世を生き抜いた、殺処分された動物たちが、亡くなった後も同じ苦しみに駆られることを知り、とても辛く感じました。なんて可哀そうなんでしょう。

 

動物の殺処分ゼロへとなる活動をする私達プレイボゥドッグトレーナーズアカデミーは、ここに改めて、質の高いトレーナー養成を意識し働きかけていかないと、幸せな犬たちを増やしていけないことを痛感いたしました。

犬にたくさんHappyを!

 

ぜひ、この記事を読むみなさんにもご協力をよろしくお願いいたします。

お尻をくっつけてくる犬の心理

こんにちは。 プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー 事務局の神野です。

 

犬とリラックスしくつろいでいるとき、 または、 犬が不安で心細いとき、 人間に背中を向け、お尻をピタリと くっつけて来たという経験、ありませんか?

 

 

私の愛犬もグイグイと押し付けるように お尻をつけてくることが、度々あります。 心がキュンとする、 とても可愛い仕草だと思います^^。 皆さんもきっと、この仕草に 癒されるのではないでしょうか?

 

体の一部をぴとっ!

 

しかし!この行動、犬は何を伝えたいのか。 犬の心情を知ることで、 さらに犬とのコミュニケーションが 深まる事でしょう。

 

 

目は合わさないけど、背中を向けて お尻をグイッと押し付ける行動は。 相手に対して≪信頼・安心≫の気持ちの 表れと言われています。 知らない相手に、背中を向ける行為は 無防備且つ、危険な行為。 これは動物界では常識的な行動です。 人間も聞いたことありませんか? 「背後に気をつけろよ。」なーんて言う、 台詞を。(昭和世代ですね。)

 

 

また、犬は昔々の祖先である狼の頃から、 群れで行動する動物です。 なので、眠る時には仲間と体を 寄せ合い、安心感を得ていたとも 言われています。 基本的に犬は、人にくっつくことが 大好きです。 信頼、愛情、安心の表れだからこそ、 リラックス時、はたまた不安で 仕方がない心の状態の時に、 飼い主にくっついて、 心を安定させようとする犬の行動は、 とても愛しく感じます。

 

群れの習性をでくっついて寝ることは好き

 

しかし、過剰に人についてまわり、 少しでも距離をとると、 「くーんくーん」と鳴いてしまう様 ならば、それは分離不安の傾向が 出てきています。

 

群れの動物とは言え、お留守番も 人と暮らす以上、必要な状況が 起こり得ます。(冠婚葬祭等) そのため、犬にも自立心を持てる様、 お留守番でも、心を安定に保てる 方法としては、 やっぱりトレーニング(犬のしつけ)が 必要とされるのです。

 

 

犬の動作で表す心の状態。 そして、犬の教育の必要性を、 改めて学ぶ機会を作ってみては いかがでしょうか? ドッグトレーナー養成講座を どうぞご検討ください。

おんなじようで全然違う

こんにちは。

 

 

プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー事務局の瀬尾です。

 

 

 

昨日のメルマガで、カンボジアフィジー諸島での犬の様子について書きました。

 

 

そこで狂犬病について少し触れたので、今日は狂犬病について書いてみたいと思います。

 

 

日本では、犬を飼う際、義務の1つに狂犬病の予防接種があります。

 

 

「犬」病と言っても、犬だけが持っているウィルスではありません。

 

 

犬以外にも猫やアライグマ、キツネ、コウモリなど様々な野生動物が持っているウィルスです。

 

 

そのウィルスを持つ動物に咬まれたり、引っ掻かれたりすることで傷口からウィルスが侵入し、

 

 

発症した場合には有効な治療法がない為、致死率はほぼ100%というとても恐ろしい感染症です。

 

 

 

日本では1950年、「狂犬病予防法」が施行され、

 

犬の登録

予防接種

野犬の抑留

 

が徹底され、わずか7年で狂犬病を撲滅しました。

 

  

短期間で撲滅出来た要因の1つに、「島国」という地形が影響しているようです。

 

  

物理的に動物が行き来しにくい地形であること、また一度撲滅出来れば、犬やその他の動物に検疫を義務付けるこ

とでウィルスの侵入を防ぎやすくなります。

 

 

しかし今年の5月、国内で14年ぶりに狂犬病の発症者が確認されたニュースは、皆さまもまだ記憶に新しいかもしれ

ません。

 

 

来日した外国籍の男性が、20199月にフィリピンで犬に咬まれたことが原因で来日後発症しました。

 

 

日本で狂犬病に感染したわけではないのは安心しましたが、

 

 

残念ながら、その男性は亡くなりました。

 

 

 

ちなみに20206月時点で、世界で狂犬病ウィルスが撲滅され、存在されないとされている国は、日本を除き、

 

 

オーストラリア

ニュージーランド

アイスランド

ハワイ

グアム

フィジー諸島

 

 

とされています。

 

 

 

なんと!

 

旅行したフィジー諸島も狂犬病撲滅国でした!

 

 

他の国を見ても、島国が多い印象を持ちますし、島国はこういった場合には有利なのかもしれませんね。

 

 

 

カンボジアとフィジー諸島での犬の様子は、あまり差がなかったように思いましたが、大きな違いですね。

 

 

 

日本では、ほとんど見られなくなった狂犬病ですが、WHOの調査では、いまだに世界では5万人以上の方が

 

亡くなっているようです。

 

 

私がカンボジアで見た犬たちは、狂犬病ウィルスを持っている犬だったかもしれません。

カンボジアの犬3

カンボジアの犬たち

 

特にアジアやアフリカでは、流行国とされています。

 

 

しかし、

 

検疫を徹底していても海外から狂犬病ウィルスが入ってくる可能性はゼロではありません。

 

 

 

2013年、それまで狂犬病撲滅国だった台湾で狂犬病が発生し、狂犬病撲滅国から除外されました

 

 

 いつ日本も再び、狂犬病ウィルスの脅威にさらされるか分かりません。

 

 

飼い犬への狂犬病予防接種は必ず行い、大切な命を守ってあげてくださいね。

 

 

 

そして、

 

 

新型コロナウィルスも日本での狂犬病のように撲滅出来るのが一番ですが、

 

 

しばらくは感染対策を取りながら付き合っていくことになりそうですね。

 

 

 

でも、早く治療薬が出来たり、見えない恐怖から解放される日が来ることを願ってやみません。

 

 

 参考:厚生労働省HP

https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou10/

世界の犬たち

こんにちは。

プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー事務局の瀬尾です。

 

 

今のご時世では難しいですが、社会人になってから長期の休みがあると国内外問わず旅行に行くことが 

 

定番になりつつありました。

 

 

友人とも行きますし、1人で行くことも好きです。

 

 

少し前から海外も1人で行くようなりました。

 

 

よくこの話をすると、じゃあ英語話せるんだね?と言われるのですが、

 

 

日常会話も出来ないくらい全く話せません!

 

 

無謀な行動力に自分でも呆れることもありますが、1人での旅行は、自分自身と向き合う大切な時間になっています。

 

 

また、海外は日本にはない

 

風景

文化

歴史

言葉

人種

 

 

などを感じられるところも好きです。

 

 

1人での旅行は、友達を誘ってもきてくれないだろうな、でも行ってみたいな~という場所に行くことが多いです。

 

 

 

旅行が好きと言いつつ、行った国は多くないのですが、犬のあり方が日本とは全然違う国がありました。

 

 

 カンボジアフィジー諸島です。

 

 

 まず、街中の道端のあちこちに犬がいます。

 

 

首輪もないし、もちろんリードもありません。

 

 

野犬とも飼い犬とも分からない犬1匹だったり、集団でそこにはいます。

 

 

私が見た中には、生後数ヶ月の子犬達が遊んでいる姿もありました。

 

  

道端なので、車の往来は激しいですし、バイクや自転車、そして地元の人から観光客まで様々な歩行者もいます。

 

 

しかし、それらに怖がる様子も、吠える様子もなく、ごく平然と犬がいます。

カンボジアの犬

何を考えているんだろう…


カンボジアの犬2

黒い犬はやはり威圧感があります。

  

 

狂犬病の注射やワクチン接種をしているか分かりません。

 

 

そのため、ガイドブックなどにも近づかないよう注意書きがあります。

 

 

犬の大きさも、中型犬ほどで、犬が苦手な人には威圧感を与える大きさだと思います。

 

 

それでも不思議と風景の中に溶け込んで、犬達は、自由に気ままに過ごしています。

 

 

 

ただし、旅先で知り合った日本人は、夜、出歩いていたら、犬に追いかけられたと言っていたので、

 

 

昼とは違い、夜は活動的になるのかもしれません。

 

 

 

そういう犬を見ていると、生まれた時から車などの乗り物や人がいることは当たり前の風景だろうし、

 

 

他の犬とも接する機会も充分にあり、社会化は自然と出来る環境なのかな?なんて、ふと思いました。

 

 

 

次、いつ海外に行けるかは分かりませんが、行ける日が来た時には、世界の犬がどんな風に日常を過ごしているの

 

かもっと見てみたいと思います。

 

 

 数年前、オーストリアを旅行した両親が大型犬がノーリードで散歩していると興奮しながら写真を送ってきたこと

 

もありました。

 

 

いつか、動物愛護先進国と言われているヨーロッパにも行ってみたいです。