タグ: メルマガ

 ドッグトレーナーになりたい!を応援するブログ

プレイボゥドッグトレーナーズアカデミーが過去にお届けしたメルマガ一覧。ドッグレーナーを目指す方へ、ドッグレーナーのお仕事の魅力、スクールの案内など

今までありがとうございました。

 

私事ですが、お知らせ

こんにちは。
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミーの依田です。

私事なのですが、今月末をもってこのプレイボゥドッグトレーナーズアカデミーを退職することになりました。

なので、私にとって最後の記事となります。

このメルマガを書き始めたのが2018年8月13日~現在まで、毎月毎月2記事~5記事のペースで書き綴って参りました。

犬に魅了され、犬の仕事に興味を持ち、最終形態は「犬の仕事に興味を持つ人」に興味を持ち、プレイボゥドッグトレーナーズアカデミーで学んだことをベースにしながら、プラスアルファで自分の想いを乗せて自由気ままに記事を綴っていました。

駄文にも関わらず、数千名といらっしゃる読者の方々からご意見やご感想をお寄せ頂き、日々新たな視点から学ばさせて頂きました。
本当にありがとうございました!

数日前にドッグトレーナー養成講座の在校生・卒業生の皆さんへも退職のご挨拶をしました。

数名の生徒さんよりご反響頂き、優しいお心遣いに触れ、柄じゃないのに薄ら涙を浮かべてしまいました。

ここで数名の方より、生徒さんの近況が聞けたのでご紹介をさせてください^^。

 

 

アメリカ在住の卒業生さんの想い

現在アメリカに在住の卒業生さんからです。
他国と比べると圧倒的に日本は愛犬先進国とは遠い位置にいることを危惧しています。

しかし、日本人の優しい穏やかな気質を持ち合わせているからこそ、正しい犬への知識が拡がれば先進国をも上回るのではないかと入学を決意された方です。

今は、お子さまが産まれて子育てに奮闘されているようです。
ただ子育てにひと段落したら、再び犬を迎えて周囲の方へ正しい犬のしつけ方を伝えていきたいと心に決めている姿は、とても強い決意を感じました。

海外との違いを肌で感じているからこそ、伝える言葉の重みがありますよね。

 

 

地方で犬の知識を高める活動をする卒業生さん

その他に、大分県お住まいの卒業生さんは、出張ドッグトレーナーとして開業準備中です。
本業が看護師さんで、性格が底抜けに明るくどんな難関をもバッサバッサと切り倒す強いパワーを持っていらっしゃいます。

傾向として、都心から距離が離れるほど犬への扱いが昔ながらの飼育方法を選択される方はまだまだ多いです。

都心では当たり前の様に定着している犬への接し方が、まだ定着していない地方での活動は、根付かさせていくことが近々の課題となることでしょう。

彼女は臆することなく実直にひた向きに、飼い主さんの意識を変える強い意思を持たれ、1歩1歩進めていらっしゃいました。

意識を変えると簡単に言えども、とても大変な活動です。
しかし遣り甲斐は存分にありますので、引き続き応援していきたいと思います。

 

 

プランニング上手な卒業生さん

最後のご紹介は、神奈川県にお住まいの卒業生さんです。
横浜市を拠点に出張ドッグトレーナーとしてご活動されています。

持ち前の明るさと、ワクワクする企画を立案できるプランニング力、コミュニケーション力を発揮して動物病院への営業活動も楽しんでおり、気が付けば、休日を設けるのに苦労する人気ドッグトレーナーになっていました。

次なる目標は、犬の保育園を開園したいそうです。
彼女の有言実行に期待しかありませんよね^^!

私も彼女の行動力には、いつも良い刺激を受けています。

 

 

最後に、まとめ

プレイボゥを退くという報告に対し、センシティブな反応があったらどうしようと不安もしていました。
しかし、そんなことは全く無かった!私の自意識過剰(笑)

懐かしい面々に触れ、皆ポジティブなご報告を受けることが出来、幸せのお裾分けと同時に、エールを送ってもらえました。

長い期間、記事を書かせてもらい、まだ顔を合わせていない読者の皆様にも自分の想いを伝えることが出来、本当に私は幸せ者です。

これからも掲載は、他スタッフにより続いて参ります。
末永く犬を愛してくださる皆様へ向けて、犬との絆が深まる発信を絶えず続けていきますので、引き続きのプレイボゥドッグトレーナーズアカデミーをご愛顧頂けますと幸いです。

Dog, Poodle, Beautiful, Standard Poodle, Black

今まで、ありがとうございました!

犬の痛みのシグナルを知ろう!

 

季節の変化は体調の変化もご注意!

こんにちは。
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミーの依田です。

プレイボゥ地方(東京都・神奈川県)では、すっかり秋空です。
夕方のお散歩もすっかり夕焼け小焼けで日が暮れてきました。

1年は、あっと言う間ですよね。
愛犬との生活を日々大切にしたい思いが募ります。

さて、季節の変わり目は人も動物も体調不良を感じる方が少なからず、いらっしゃるのではないかと思います。

私も然りで、持病のアレルギー疾患が出てきました。

犬の体調変化は、痒みの仕草であれば人も汲み取りやすいです。
しかし、痛みの仕草は汲み取り難い場合が多々あります。

何故かというと、犬をはじめ動物は痛みに耐える傾向があるからです。

といっても個体差はあって、野生動物と家庭で育った動物とを比較すると、やはり野生動物の方が痛みに強いです。

決して、家庭で育つ動物が弱い訳ではありません。
信頼のおける相手(家族)に、痛みのシグナルを伝えやすくなったこともあります。

家族としては、一つでも多く愛犬のメッセージをキャッチしたいもの。
そしてすぐ様、動物病院へ連れていけたら、痛みを取り去る事が出来、犬のQOLを高める事が出来ます。

今回は、愛犬の不調を仕草で読み取れる一例をご紹介したいと思います。
是非とも、愛犬マスターになって頂ければ嬉しいです^^。

 

 

急にどうしたの?!お顔ブンブン?

咄嗟に、顔に虫がついて「うわ!」っと顔を振る仕草って、あなたもしたことはありませんか?

犬も咄嗟にブンブンと顔を振る、もしくは前足で顔をゴシゴシして、顔周辺の違和感を取り除こうとする仕草をすることがあります。

この仕草で多く関連するのは、顔というより耳の違和感。
外耳炎や耳垢がたまり、不快感を感じている時に起こり得ます。

私は愛犬がこんな仕草をした時には、耳の中を嗅いでみます。
異臭というか、すこし香ばしさを感じる独特な匂いがした場合には菌が繁殖している可能性もあるので、すぐ動物病院へ連れて行きます。

特に、耳が垂れている犬は耳の中が蒸れやすい環境下にあるので、気を付けてあげたいですよね。

 

遊んでほしいの?!お祈りのポーズ?

上半身を床につけて、お尻を高く上げる。
プレイバウという「遊ぼうよ!」というボディランゲージに一見間違えそうな仕草です。
でも、なんか様子が違うんだよな・・・という違和感を感じたら、スルーをせずに疑う要素があります。

実はこの姿勢、強い腹痛を感じている時に取る仕草と言われています。
お尻を高く上げて、お腹の位置を高いところに維持していた方が、多少の痛みの回避が出来るからと言われています。

時が過ぎれば治ると思って放置をせず、相当痛い状態だと予想されますので、嘔吐や下痢等、消化器症状が出る場合もありますので、動物病院へすぐ様連れて行くことが賢明です。

実は、このポーズ。
我が愛犬も先日、この仕草をしたのです。

一見、プレイバウなので「どうしたの?遊んでほしいの?」なんて、笑って話しかけていたら、目線が合わない、尻尾が垂れ下がっている、前足を噛み噛みしながらストレス行動が見受けられるという、様々な違和感を感じ、様子を見ていたらその後ペットシーツに下痢をしました。

動物病院へ連れて行き、適切な処置が出来たので脱水症状に至らず、数時間後には柔らかいごはんも食べられるまで回復しました。(ホッ。)

 

痛みのシグナルまとめ

犬のお勉強を始めたばかりの方は、ボディランゲージを読み解くのが楽しくなってくるものです。

プレイバウと思いこみ、痛みを放置してしまう可能性が非常に高いので、様々な個所の検証をし、適切に対応できる様にしたいものですね。

以上、まだまだたくさんのシグナルがあるのですが、今回はここまでです。

暑い夏からの反動で、徐々に寒くなる傾向です。
飼い主も犬も互いにご自愛しつつ、季節や環境が変わっても、健康体で過ごせる身体づくりを日々大切にしていきましょう。

そして、犬の些細な変化に気が付いてあげられる、優秀な飼い主にもなれれば理想的ですよね^^。

黄色いラブラドールの子犬

今あなたはどんな気持ち?

MRIを受けてきました!

犬も人もMRI?

こんにちは!
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー事務局の瀬尾です。

心配させたくてお伝えするわけではないので、体験談として聞いてほしいのですが、
先日、MRIを受けてきました。

というのも、20歳を過ぎてから、今までまったく縁のなかった頭痛が出るようになり、
そこから早十数年・・気圧の変化やら凝りが原因なのか一向に良くなる兆しがなく。

思い切って、脳みそを調べてみよう!となったわけです。

結論を言ってしまえば、なんの異常もないキレイな脳みそとのことでした!
数々のポンコツぶりも脳が原因ではないのか、と言い訳の一つが消えてしまったことに少々がっかりしながらも笑、
重大な問題がなかったことにほっと一安心いたしました。

さて、そんなMRIについて別スタッフのブログにこんな記事があったのでご紹介しますね。

〇●ーーーーーーーーーーーーーーーーー
【 犬の感情が科学的に検証された話 】
https://playbow-dogtrainers-academy.com/33618.php
〇●ーーーーーーーーーーーーーーーーー

MRIを受けられるようトレーニング!

いかがでしょうか?
人と犬の脳の構造や機能が類似している箇所が具体的にわかったというからすごい発見ですよね!
(どこが類似しているかはぜひ記事を見てくださいね♪)

ただ、ここでお伝えしたいことは、犬もトレーニングをするとMRIを受けられる!ということ。
トレーニングってやはり大切で、こんなことも出来るようになるんだなと、とても驚きました!

なぜなら、私自身、今回のMRIが人生初体験だったわけですが、ストレスをものすごく感じたからです。
おそらくMRIを受けたことがある方は、初めての時ビックリされたのでは?と思うのですが、いかがでしたか?

事前情報として、閉所恐怖症の人は難しいとか、音がすごいからヘッドフォンで音楽を聴くとか、
そのあたりのことは知っていました。

MRIが始まる前にも、狭いところが苦手かどうか確認するチェック用紙が配られたり、
検査技師から「音がしますが気にしないでくださいね。ヘッドフォンつけますね」と言われ
音楽が流れだしたので、「やっぱりそうなんだな~」と軽い気持ちで横たわっていました。

が!
いざ始まると、その音にびっくり!
様々な音のパターンが規則的に時に不規則に、そして爆音で耳元で鳴るのです!

カンカンカンカン!という金属音のようなものだったり、
ボォォォーーーー!という汽笛のようなものだったり、
その他にも色々な爆音が!

15分ほどの検査中、ずーっとです。
ヘッドフォンの音楽も爆音にかき消されて聞こえません。
特に最初の5分くらいまでは、うるささと心細さから、緊急ボタンを押そうかなと考えるほどでした。
(中盤頃からだんだん眠くなってきてうとうとしていたのはここだけの話です。)

記事にある犬達のように、この機械は怖くないよ、うるさいけど大丈夫だよ、と
段階的にご褒美をもらって慣らしていったとしても、なかなか受け入れられないなと思ってしまいました。
私は「脳に何か異常があるから調べてみよう」という思いがあったから出来ましたけど、
犬にしてみればそんな動機があるわけでもないですし、こちらの意図を伝えられませんからね。

トレーニングの方法をきちんと実施すればこんなことも可能になるのか、と感心したわけです。
きっと、音に敏感な犬かどうか、そういったテストはして選別しているとは思いますが。

トレーニングの仕方次第で!(まとめ)

この段階的に初めての物や苦手な物に慣れさせるトレーニング方を「系統的脱感作(けいとうてきだつかんさ)」といいます。
身近なものだと、掃除機とかドライヤーに慣れさせるために行ったりしますよ。

プレイボゥドッグトレーナーズアカデミーでも、もちろんこの方法をトレーニングに取り入れていますし、座学でもしっかり内容に含まれています。

ちなみに当スクールの座学も、最初は犬の歴史や犬種の特性などの比較的なじみのある分かりやすい内容から入り、徐々に専門的な内容や複雑な理論の話になっていくのですが、これも一種の系統的脱感作かもしれませんね♪

というわけで、本日の配信はここまで!
凝りから来る頭痛と分かり、お薬を処方してもらい気分スッキリな瀬尾よりお送りいたしました!

9月は季節の移り変わりで体に影響が出やすい季節です。
皆様もどうぞご自愛くださいませ。

トレーニングの方法やコツ一緒に学んでいきましょう!

インプット+アウトプット=最強

インプットの場①

こんにちは!
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー事務局の瀬尾です。

日が暮れるのが早くなりましたね。
先月までは19時くらいでも外は明るく、仕事帰りに家の最寄り駅に降り立つと、とてもキレイな夕焼けが見えて一日の疲れを癒してくれました。
今は、もうすでに夕焼けの時間は終わっているので、最寄り駅に降り立つとすでに夜空…少し寂しい気持ちです。
何か別の癒しを見つけなくては!


さて、プレイボゥドッグトレーナーズアカデミーでは、9月前半に特別なイベントが立て続けにありました!

1つは、当スクールで初めて講師をご担当頂いた須崎大先生による、「犬を知る」というテーマのセミナー。
須崎先生は、日本のみならず海外にも拠点を置いて活動している経験豊富なドッグトレーナー!
その日本人離れしたスタイルや話しぶりに、参加者がどんどん引き込まれていくのが手に取るように分かりました。
参加者全員を巻き込みながら話し進める須崎先生の圧倒的な存在感に、参加者・スタッフ全員が良い意味でやられてしまいましたね(笑)
「犬」について新しい側面を知ることができた学びの多いセミナーとなりました。
★須崎先生の詳しいプロフィールを知りたい方はこちらをチェック⇒http://dogship.com/

インプットの場②

もう1つは、セミナーではないのですが、ドイツ在住のアルシャー京子先生を講師にお招きし、半年間に渡り実施していた特別講座のオフ会の開催!
半年間に渡り、講座を開くというのは当スクール初めての試みで、今年1月よりドイツと日本をオンラインで繋ぎ、様々なテーマで参加者とディスカッション形式で行う講義を実施していました。
7月に大盛況の中幕を閉じた本講座でしたが、アルシャー先生が数年ぶりに日本に帰国されるとのことで、今回特別講座に参加された生徒さん達とオンライン・対面の2パターンでオフ会を開催。

対面のオフ会では、感染予防対策をしっかりと取りながらも、初対面となるアルシャー先生に生徒さん達のテンションも終始上がりっぱなしに^^
修了証のお渡しもさせて頂いたのですが、生徒さん達の嬉しそうな表情にカメラのシャッターを押す手が止まりませんでした!(笑)

対面は、オンラインに比べ参加者の表情やリアクションを見ながら話せるので、オンライン以上に意見交換が活発に行われた印象でしたね。
生徒さん達の『この貴重な機会に講師から色々聞きたい!』という思いがビシビシと伝わり、お開きになった後もしばらくアルシャー先生への質問が続きました。
パワーあふれる生徒さん達でしたが、誰よりもアルシャー先生が一番熱い思いを持ってご参加くださり、パワフルだったことを強調しておきたいと思います!

オンラインにはオンラインの、対面には対面の良さがあるということを改めて認識した1日でもありました。

★アルシャー京子先生の簡単なプロフィールはこちら⇒広島県出身。杏林大学保健学部を卒業後、化粧品会社と医薬品企業に就職され、犬に関わるお仕事に就きたいと獣医師を目指し、ベルリン自由大学獣医学部を卒業。晴れて獣医師となり、現在はドイツにて獣医師としてご活躍中。
<肩書>
ドイツ・ベルリン自由大学獣医学部卒・獣医師、保健学士、ドッグ・ジャーナリスト、
獣医学/農学専門独日翻訳・通訳・リサーチャー、ドイツ犬の飼い主免許実技試験官(ベタリナリー・ワーキンググループ:TAG-H 認定)

もちろん、アウトプットの場も!

そんなわけで、大変充実した9月前半のイベント開催のご報告でした!

様々な経歴を持った講師のセミナーや講座は、目からうろこの連続で、自分の知らなかった分野の知識をインプットするには最適な場です。
そして、インプットが済んだら次の段階はアウトプット!
個人的な意見ですが、インプットとアウトプットを繰り返し続けていくことで、はじめて知識やスキルが身につくものと思っています。

もちろん、プレイボゥドッグトレーナーズアカデミーでは、インプットだけでなく、アウトプットの場も提供していますよ♪
別スタッフのこんな記事を見つけたので、ご紹介いたしますね。

〇●ーーーーーーーーーーーーーーーーー

【 イヌリンピックへ出陣! 】
https://playbow-dogtrainers-academy.com/25769.php

〇●ーーーーーーーーーーーーーーーーー

いかがでしょうか?
イヌリンピック、メルマガ読者の皆様の中にもご存知の方も多いのでは?

当スクールでは、在学生も卒業生も参加できるイベント実習の機会があるんです♪
(実は今年の11月にも本イベントを開催予定!アカデミー生へのご案内は近日中にいたしますのでお見逃しなく!)

こういった一般のイベントでは、もちろんお話し相手は一般の飼い主様!
お悩み事は、飼い主様(や犬)によって本当に様々。
今までインプットしてきた知識や情報をフル回転させてアウトプット出来る絶好のチャンスです!

お悩みに対する正解は1つではないし、すぐに結果が出るものでもありません。
まずはアレコレと考えて提案することが大切なんです。

ぜひ、アカデミー生の皆様は、興味があったら怖がらずご参加してみてくださいね!
最初から自信がある人なんていませんから。

また、当スクールに興味を持ってくださっている方は、インプットもアウトプットもできる機会があるんだなと知って頂けたら嬉しいです。
もっと知りたいと思ってくださった方は、ぜひ説明会や来校者様向けのセミナーにご参加くださいませ!
オンラインでも来校でもご案内しております!

本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。

アルシャー京子先生とのオフ会(オンラインバージョン)を記念撮影♪

トイレシーツが重宝する時

こんにちは。

プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー講師の矢川です!

突然ですが、皆さん9月1日は防災の日という事をご存知でしたか?

防災の意識が少しずつ高まりつつあるので、ご存知の方も多いかも知れませんね。

防災週間と呼ばれる期間もあり、昭和58年以降は毎年8月30日から9月5日までの期間を防災週間とされているようです。

強い地震への慣れ

これらは1927年の9月1日に関東大震災が起こった事や、9月は災害が多い事から、災害に備え、知識を深めるために、制定されたと言われています。

最近知ったのですが、関東大震災での地震は1回の揺れではなかったそうです。

1回目の強い揺れの3分後に同じ強さの揺れが、そしてまたその2分後にも同じ強い揺れが来たと記されています。

5分間の間に3回震度6クラスの揺れがあったという事になります。

甚大な被害が容易に想像できますよね。

私は宮城県で東日本大震災を経験しましたが、地震の揺れと揺れている長さは2分ぐらい揺れていたのではないかと記憶しています。

その当時までに震度5以上の地震を数回経験していましたが、今までに経験したことのない長さの地震でした。

そんなこともあり、今では幸か不幸かすっかり地震に対して、耐性がついてしまいました..。

ですがそんな私でも、地震はその一瞬でもインフラなどに被害が出ると持続的に被害が続いてしまう事は理解しています。

災害があった際に、準備しておくべき物も当時の被災経験から、おおよそ把握できますので、今回はあるものにスポットを当ててご紹介いたします。

どちらが我慢できますか?

私は災害対策のセミナーを何度か行っていますが、毎回お伝えしているのが、東日本大震災の時に重宝した物についてです。

それは、人だけでなく犬にも使う事が出来ます。

むしろいつも犬達が使っている物を人が災害時に使うといった方が適切かも知れません。

その時、重宝したものそれは、犬用のトイレシーツです。

意外に思われるかもしれませんが、想像してみてください。

災害時は電気、水道、ガスが止まってしまいますから、大抵のトイレがすぐに使用不能となってしまいますよね。

たしかに、一般的に最低限の食料や水の準備も必要ですが。

この話題が私の家族で上がった際、母親はこんな事を以前言っていました。

「食べるのは我慢できるけど、トイレは我慢できないなあ」

私も同じ意見です。
皆さんはいかがでしょうか?

犬

犬と一緒の避難訓練もしてみては?




まずは防災グッズから

電気や水道が止まってしまった際に短期的なものですぐに復旧すれば良いのですが、いつ復旧するかはわかりませんから、簡易トイレも準備しておくと良いですね。

特に暑い時期には排泄をうまく処理できないと衛生的にも2次被害に繋がる可能性がありますから、準備すべき必須な物と言えるかもしれません。

最近では防災グッズ30点セットのような形で、食料をはじめ、必要な物がセットになっている物が販売されています。

それらの中には防災士といった民間資格を持った人がおすすめする防災グッズなどもあるようです。

「備えあれば患いなし」

と言いますから気が付いた時にすぐに準備するようにしましょう!

人目線だけでなくペット目線でも考えてくださいね。

いろいろ必要なものが変わって来るかも知れません。

大事な家族の一員のためにも備えておきたいですね。

犬連れの聖地

こんにちは。

プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー講師の矢川です。

9月に入りましたが、一時期の猛烈な暑さはひと段落した気がしますがまだまだ暑い日が続いていますね。

残暑が長引くと秋が短くなると言われています。

気が付くと今年も3分の2が過ぎました。

あっという間に年末が来そうな気がしております..。

身近な所に聖地が

さて、今回は犬の聖地(犬連れの聖地)という場所をご紹介いたします。

少し調べてみると、犬の聖地と呼ばれる場所は、何か所かある様なのですが、今回ご紹介する場所は意外と身近な所にありました。

まさか私が出張トレーニングにお伺いしているお客様のご近所にあるとは..。

〇〇の聖地という単語が頻繁に使われるようになったのは、聖地巡礼という言葉が流行り出してきたきた頃かなと個人的には思います。

聖地巡礼という言葉を調べてみると、宗教などにおいて、重要な意味を持つ場所(聖地)に信者が赴く事とあります。

日本では、漫画やアニメなどで使用された土地や場所を聖地と呼び実際に訪れることを指す事にも使われます。

某有名コーヒーチェーン店も

本題に入りますが、犬連れの聖地と呼ばれている場所の一つそれは、東京の世田谷区にある駒沢オリンピック公園です。

「犬の聖地」で検索すると、最初の方に出て来ます。

公園の敷地内には、カフェや売店、ドッグラン、体育館、テニスコート、ジムなどがあり、常にたくさんの人が訪れているようです。

桜が咲く頃には、たくさんのお花見客で賑わう場所でもあるようですね。

この公園で特徴的なのがカフェや売店が犬を連れて一緒に入れる所が多い所でしょう。

某有名コーヒーチェーン店のスター〇ッ〇スも犬と一緒に店内まで入る事が出来ます。
公園の敷地内の環境が、場所を問わず人と犬の双方に適した場所から犬連れの聖地と呼ばれる所以なのでしょう。

パグ

犬が食べられるメニューをたくさん揃えているお店も?




それぞれの聖地

今回、犬連れの聖地として駒沢オリンピック公園をご紹介しましたが、特定犬種の聖地と呼ばれている場所もあるようですね。

例えば、柴犬の聖地や秋田犬の聖地などなど。

日本犬に多いのは何故なんでしょう..。

犬を敬う気持ちがあるからなのでしょうか。

ご興味のある方はそれぞれ調べてみてくださいね。

最後に余談ですが、猫の聖地と検索すると、私の地元、宮城県石巻市の田代島という所が出て来ます。

島の住民よりも猫の方が多いと噂されるぐらいたくさんの猫がいる所です。

私もその昔、言った事があり、海岸で釣りをしていると、トコトコと猫達が集まってきます。

釣った魚のおこぼれをもらえる事がわかっているんですね。

きれいな海での魚釣りや猫好きな方はおすすめな場所です!

これから涼しくなって旅行をするには良い季節になってきますので、機会があれば行ってみてくださいね!

——————————————


犬が入れない公園がほとんど?

都内にお引っ越される予定の犬を飼っている方は必読かも↓

【 土地勘のないところに犬を連れて行くと…? 】
https://playbow-dogtrainers-academy.com/31711.php

——————————————
次回のブログの更新は9月11日を予定しています。