ドッグトレーナー養成スクールPLAYBOW ドッグトレーナーになりたい!応援ブログ ティータイムは危険がいっぱい

ティータイムは危険がいっぱい

 

魅惑なものほど毒がある・・・

こんにちは。
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミーの依田です。


2月になると各デパート等の1階食品売り場にはきまって、あの美味しい食べ物が陳列されるのです。


それは黒くて、甘くて、口に入れるとトロ~ンと溶ける美味しい食べ物。
そう、チョコレート!


私はもうチョコレートに目がなくって、バレンタインは自分にもプレゼントをするタイプです。
だから?ってツッコまれそうですが(笑)、人を浮き足し立たせるほどのチョコレートは、人間にとって最高の嗜好品。


しかし、犬にとっては中毒性があるとても危険な食べ物です。
それ以外にも危険性の高い食物は意外と冷蔵庫内に潜んでいます。


何となく知ってはいるけど、改めて理解をすることで、犬の誤飲を防いで愛犬の体を守ることが出来ます。
今回の記事で、しっかりとお勉強をしていきましょう。

 

チョコレートって何がダメなの?

犬だって、チョコレートは大好きですよ。
だって、甘いですからね。
しかし中毒症状を起こすことは、犬自身到底知らないのです。


さてどんな中毒症状が起こるのでしょうか?
人もチョコレートを食べすぎると鼻血が出る描写を漫画とかで見たことがありますよね。
(実際に食べ過ぎて鼻血が出た方を見たことはないのですが…)


しかしあくまで漫画だと思っていますが、実は遠い話でもないのです。
カカオ豆にはテオブロミンという成分が含まれています。
これは病院等で使用されるモルヒネ等の麻薬に近い物質で、非常に強い興奮作用が起こるそう。


人にも病的にチョコレートが好きな人がいますよね。
この作用が多少なりとも関係しているのかも。。。


犬は人よりもこの成分を分解し排毒する速度が遅いため、身体の許容量を容易に超えてしまうのです。


興奮作用があると先ほどお伝えした通り、テオブロミンは自律神経に影響を及ぼします。
体重1キロあたり100㎎から中毒症状が現れ、その倍以上であっという間に致死量に。


よりビターチョコでカカオの濃度が高くなればなるほど、そのリスクはグンと上がります。


症状として、血管拡張が始まり、心臓の鼓動速度が上がります。
脈拍も上がり動悸、嘔吐、下痢、心臓リズムの障害、けいれん等を起こすのです。


心臓のリズムが狂うなんて、なんて怖いことでしょう。。。
関連したカカオの食物で、ココアやコーラも同様に引き起こすそうです。


また、チョコレートのお供と言えば、最高の組み合わせであるカフェイン。
代表的なのが、コーヒー、紅茶、緑茶等です。
自律神経などの神経が集まる中枢神経に働きかけて覚醒作用をもたらし、また血圧上昇で呼吸異常等を起こしやすいため、これまた注意が必要なのです。

multicolored dog bone toys

ティータイムは危険がいっぱい

 

結局、キシリトールってなに?

また、キシリトールガムも代表的な犬にとってもNG食ですよね。
犬への口腔ケアブームが定着し、人用の歯磨き粉を愛犬へ使用される方も多くいらっしゃるかと思います。
その成分、裏側面にキシリトールって書いてはいませんか?


キシリトールは、摂取をするとインスリンが分泌されます。
インスリンとは糖分を摂取した時に血糖値が高くなりすぎないように調整する成分なのです。


そのため、多量に食べると低血糖症をおこしてしまうリスクが高まります。
あんまり人はガムを一度にたくさん食べることは無いのではないかと思うのですが、犬のことを考えると多量に食べる可能性が・・・ありますよね。
低血糖症がひどい場合だと貧血、昏睡、嘔吐、衰弱を引き起こしてしまいます。


何気に室内におかれた、ボトル状のキシリトールガム。
筒状のものは犬が大好きな形状、さらに蓋が開いてガムがたくさん出てきてしまったら・・・と想像するだけで怖いです。


これも同様、気を付けて管理をしていきましょうね。

 

犬にとっての危険な時間帯、それはティータイム!

一日の時間の中で飼い主さんのティータイムは、人にとって気の緩む時間帯ですが、一番気を付けなくてはならない時間です。


スマホに夢中になって一点集中。
そんな矢先に机の上にのった美味しそうな食べ物に見とれている犬。


そんな図式がもし出来上がっていたならば、要注意です。
どんな瞬間でも犬への危険が無いかをしっかりと管理することこそ、飼い主の努めとも言えますね。


同じ屋根の下に住む家族であり、人同様に何でも一緒に愛犬にもしてあげたいと思うのが愛犬家の本音なのかもしれません。


しかし人は人、犬は犬で時に線引きをする勇気も必要です。
それは結果的に犬を守ることが出来、大きなトラブルなく愛犬が犬生をまっとうする力添えに繋がる大きな配慮なのです。


他にも気を付けなくちゃいけない食べ物がたくさん・・・。↓↓↓

。o○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。..。

タイトル:食欲の秋に気をつけること

本文はこちらから↓↓
https://playbow-dogtrainers-academy.com/20576.php

。o○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。..。