ドッグトレーナー養成スクールPLAYBOW ドッグトレーナーになりたい!応援ブログ アニマルウェルフェアを理解する

アニマルウェルフェアを理解する

 

アニマルウェルフェアを知ってますか?

こんにちは。
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミーの依田です。


ヨーロッパでは一般知識として知られる、アニマルウェルフェアをご存知でしょうか?


アニマル=動物、ウェルフェア=福祉
【動物福祉】と日本では呼びます。


まだ聞き馴染みがないかもしれませんが、動物と共に暮らしていく中で、世界共通の考え方です。


動物福祉と言っても何をすれば良いのか分からないかと思います。
動物福祉とは、動物に対して配慮をし、慈しむ想いで接することと私は捉えています。


実は環境省のHPからも動物福祉についての啓蒙チラシがあるのです。
その中から抜粋して今回お話をするのは『動物の5つの自由』です。

あなたが今、環境や今の状態が少しでも「不快」と感じていた場合、少しでも「快」へ寄せられる様に動き出すのではないかと思います。


例えば、お腹が減ったら満たすために食事をします。
ひとつはホカホカの出来立てご飯、もうひとつは数日経った干飯、あなたはどちらが好みですか?


何を当たり前なことを言っているんだ。
ホカホカの出来立てご飯だろ。

アニマルウェルフェアである5つの自由でも、その考え方を伝えているのです。

5つの自由を学ぶ

【アニマルウェルフェアである5つの自由を学ぶ】
愛犬のことを思いやる気持ちを持つ飼い主であれば、とってもシンプルなはずです。


(1.)痛み・負傷・病気からの自由
心と体の健康は密接にかかわっています。
体に苦痛を感じていると動きが鈍くなり、痛みに耐えてジッとしているのではないでしょうか。

その根本的な苦痛を取り除けるよう、獣医師のもとへ飼い主は連れていき適切な治療をするために受診をさせる。
これは動物を飼う際には必要事項です。

そして日頃から病気やケガが無いかチェックをし、予防をすることも唯一飼い主さんだけが気が付けることなのです。


(2.)恐怖や抑圧からの自由
動物が恐怖や抑圧を行いを受けないよう、また精神的な苦痛や不安の兆候を示さないように的確な対応をとりましょう。

例えばドッグトレーニングにおいても言えると思います。
プレイボゥは褒めて良いところを伸ばすモチベーショントレーニングを大切と考えています。

しかし抑圧的な手段を取るトレーニンも存在し、これは犬に恐怖しか与えません。
お互いが幸せになる選択が一番ですよね♪


(3.)本来の正常な行動がとれる自由
それぞれの動物が本能や個性に合った動物本来の行動がとれるように工夫をすることは飼い主の努めです。

私達は人なので、動物たちの本来の行動や正常な行動が分かりにくいとは思いますが、その筋のプロフェッショナルにアドバイスをもらう選択だってインターネットが普及された時代、行動を起こせば適うのです。

私達人間も心地の良いインテリアに囲まれた環境に住むと、QOLが向上されますよね。
犬だって同様に心地よい環境が必要なのです。


(4.)飢えと渇きからの自由
犬が飢えや渇きと生涯無縁でいられるよう、安心して良質なご飯が食べられ、常に綺麗なお水が飲める環境設定をしましょう。


(5.)不快からの自由
そもそも愛犬は、飼い主さんのために人の社会に合わせてくれています。
落ち着いて眠れない、狭いトイレで排泄がしづらいなど、身体や精神に過度な負担がかかる状況は避けたいもの。

犬が快適に暮らせるよう、こまやかな気遣いを忘れずにいたいものです。

例えば、寝床の真横にトイレが設置されていることがあります。
これは本来綺麗好きな犬にとって寝床の横に排泄物があることは相当な不快だと感じます。

short-coated black and brown dog lying down on brown surface

犬の気持ちに寄り添える飼い主さんになりましょう

森山名誉校長の記事もご紹介

もし自分がこのような環境で暮らすと思うと、背筋が震える思いをしませんか?


森山名誉校長も以前アニマルウェルフェアについて記事にしていました。
是非、お読みくださると嬉しいです!


。o○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。..。

タイトル:アニマルウェルフェアーの観点から書いてみました
URL:https://playbow-dogtrainers-academy.com/9615.php

。o○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。..。


以上、犬を想う気持ちがある方は、少しでもアニマルウェルフェアを知ってもらい、多くの方に拡散してもらえればうれしいです。


生きとし生けるもののQOLが向上されるためには、アニマルウェルフェアを理解することがはじめの一歩です。