ドッグトレーナー養成スクールPLAYBOW 創立者森山名誉校長のBLOG イギリスにドッグランが無い訳

イギリスにドッグランが無い訳

貴方の想いで日本の犬達の殺処分を0に
近づけましょう

プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー校長

英国APDT公認トレーナー

米国CPDT公認トレーナー

日本APDT事業企画委員

森山 敏彦

アカデミーの資料請求はこちら
https://playbow-dogtrainers-academy.com/form/index2.html

【ドッグトレーナーのお仕事】小冊子プレゼントはこちら
https://playbow-dogtrainers-academy.com/present.php

—————————————————-

ドッグトレーナーのお仕事

タイトル

【 イギリスにドッグランが無い訳 】

—————————————————

本文

昨日は、ロンドンの郊外での出来事をお伝えしました。

ロンドン郊外で見たジェントルマンはノーリードの
スパニエルを従えて犬と一緒にコンビニに入って買い物を
していました。

おそらくその光景はイギリスの街のごくありふれた風景
なのではないかと思います。

森山は「かっこいいな」とか「素敵だな」と思うのですが
貴方はどう思いますか?

森山はオフリード賛成派なんです。

だって不自然じゃないですか!

犬にリード付けて歩くなんて!

もちろん、他人に迷惑をかけていいと言っているわけでは
ありませんし、犬の安全を考えたら道路でのオフリードは
危険かもしれません。

しかし、森山が見たロンドン郊外のジェントルマンは
東京と同じような道路状態のしかもガードレールのない
道路でオフリードだったのです。

杖を突いたご老人ですよ!

おそらく小さなときからトレーニングをしていて絶対的な
信頼感のもと、オフリードにしているのだと思います。

そのような信頼感があるからこそ、オフリードができる
のです。

イギリスでは特別なことではないんですよ!

でも、日本でそんな光景、見たことあります?

日本ではトレーニングの全く入っていない犬をオフリード
にしてしまうから問題になるのですよね!

ヒールウォーク(横に付いて歩く)ができていて完ぺきに
呼び戻しができていればオフリードにしても誰にも迷惑は
かけないと思うのです。

日本では散歩中はリードを付けていなければならないから、
犬をコントロールする必要が無くなりました。

小さなお子さんでも、力のない女性でも小型犬であれば
リードでコントロールできてしまいます。

だから日本人は犬をコントロールすることが苦手なのです。

リードがするっと手から滑り落ちてしまったらなすすべが
なくなってしまうのですよね!

ドッグランなどで見る光景ですが、飼い主は自分の犬を
呼んでいるのですが、犬は飼い主の声に全く反応せず、
ほかの犬たちと遊んでいます。

飼い主が捕まえようとすると犬は逃げ回ります。

ドッグランの中でさえそうなのですから、公園で犬を
自由にしたらとんでもないことになりそうです。

しかしパピーの頃からトレーニングしてヒールウォーク
や呼び戻しをちゃんと教えてあげれば日本の犬たちも
いずれヨーロッパの犬たちのようにもっと自由にして
あげることができるのではないかと思います。

イギリスにはドッグランはありません。

公園で自由に走り回れるのでドッグランはいらないのです。

かといって無法地帯になっているわけではありませんよ!

飼い主は犬を自由にしてあげる代わりに社会化を十分に
行い、少なくても呼び戻しはしっかり教えます。

イギリスでも犬が他人に怪我を負わせたりすると裁判に
なることがあるそうです。

そして裁判で「この犬は危険な犬だ」と判断されると
殺処分になってしまうそうです。

ですから他人に危害を与えることが無いように社会化
をしてフレンドリーな犬に育てます。

そして、犬自身が危険な目に合わないように呼び戻しを
教えます。

ですから安心して公園で犬を自由にしてあげることが
できるのです。

トイグループを除いた殆どの犬は猟の手伝いや羊を
集めたりする作業犬として作出されました。

その犬たちは一日中、野原で作業をする能力と体力を
持っているのです。

そのような犬たちに一日2回のリードを付けての散歩
では大体の場合は運動不足になってしまいます。

そして運動不足からストレスが溜まり問題行動へと発展
していく可能性が大です。

ですから森山は、犬にちゃんと呼び戻しを教えてもっと
自由にしてあげるべきだと思っています。

事実、多摩川のグランドで思い切りボール投げをした
愛犬ボイシーは家に帰ると爆睡してくれます。

もちろん、呼び戻しはしっかり教えたうえでです。

犬を自由にしてあげたいからしっかりとトレーニングを
するという考え方、貴方はどう思いますか?

森山はブログランキングに登録しています。
したのバナーをぽちっと押してもらえるととても喜びます。
 ↓↓↓↓↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 訓練士・ドッグトレーナーへ
にほんブログ村

—————————————————-

※是非、皆さんのご意見ご感想をお聞かせ
ください。
時間はかかるかもしれませんが、必ず直接
お返事させていただきます。
また、こんな内容の記事を書い欲しいとの

森山mail: school@playbow.jp

—————————————————-
編集発行:PLAYBOW Dog Trainers Academy
森山 敏彦

〒214-0014
神奈川県川崎市多摩区登戸2978 芝原ビル3F
Tel:044-932-0888
E-mail:school@playbow.jp

HP:https://playbow-dogtrainers-academy.com/

Copyright 2009 PLAYBOW Dog Trainers Academy
—————————————————-

—–