ドッグトレーナー養成スクールPLAYBOW ドッグトレーナーになりたい!応援ブログ NO DOG, NO LIFE

NO DOG, NO LIFE

こんにちは。
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー事務局の佐藤です!

 

このメールマガジンをお読みの方の中に

 

“ボイシー”

 

というゴールデンレトリバーを覚えている方はいらっしゃいますか?

故森山名誉校長が飼っていた相棒のゴールデンレトリバーなのですが、佐藤はこのボイシーと一緒に仕事中に一緒に和んだり(正しくは休憩中、ですね!笑)、何度か犬イベントで一緒にデモンストレーションをしたりしていました。

 

ボイシー

「ボイシーは俺だよ!」

 

 

その際にいつも感じていたことがあります。

 

「ボイシーってすごい・・・」

 

なぜか。

 

その様子が少しだけ見れるブログを発見いたしましたので、ぜひ読んでみてください。

.。o○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。.

タイトル: ボイシー君

本文はこちらから↓↓
https://playbow-dogtrainers-academy.com/10017.php

.。o○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。

 

ボイシーは佐藤とデモンストレーションするときも、「お、今日は佐藤とやるんだな」とスイッチが入ったかのように
集中してくれました。

 

デモンストレーションが大好きで、ドッグトレーニングを一緒にすることが大好きな犬だったとも感じます。

 

そんなボイシーはブログ内にも書いてありましたが、走ると故森山名誉校長が恐怖を感じるくらい速く走っていたんですよ!

以前、故森山名誉校長がプレイボゥドッグトレーナーズアカデミーに通う生徒さんに

 

「ボイシーは犬と鹿のハーフなんだよ」

 

と真顔で話していました。

 

すると生徒さんは

 

「え!嘘でしょ!いや…でも…」

 

と疑いたくなるくらい、ドドドドドドーッ!!!!!と走っていたのです。

 

そして最後に、私はそんなボイシーが何かに怖がっているシーンをみたことがありませんでした。

 

故森山名誉校長にも

 

「ボイシーって何か苦手なことってないんですか?」

 

と聞いたところ

 

「ないね。」とばっさり。

 

生まれもあると思いますが、育ち(社会化)もしっかり出来ていたということですよね。

 

どちらも大事。

 

日本にも社会化をはじめブリーディング(交配)の大切さも、もっともっと広がると良いなと感じる佐藤でした。