ドッグトレーナー養成スクールPLAYBOW ドッグトレーナーになりたい!応援ブログ ママはトレーニングが上手!?

ママはトレーニングが上手!?

こんにちは。

 

プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー事務局の大竹です。

 

私、2019年の春から産休・育休を取得し、今年の6月よりアカデミー事務局へ復帰したのですが、約1年間の子育てを経て思ったことがあります。

 

それは…

 

世のお母さんたちはドッグトレーニングを勉強し始めたらあっという間に習得してしまうのではないか!?ということです。

 

例えば… 我が家では、子供がずりばいやはいはいができるようになった頃から、色んなものに興味を示し、手を伸ばし、口の中に入れるようになりました。

 

それまでは平気で床にゴミ箱やバッグを置いていたのですが、ちょっと目を離すとそれらの中身を引っ張り出し、口に入れようとするのでゴミ箱は手の届かないところへ置き、バッグはクローゼットの中に片付けるようにしました。

 

はい!私のこの「物を口に入れさせないように部屋を片付ける」という行動、犬のトレーニングにも通ずる部分です!

 

プレイボゥでは「環境を整える」ことも、問題行動に困っている飼い主さんに提案する対処法のひとつですよ、と、アカデミー生の皆さんにお伝えしています。

 

実際の犬の問題行動の例を挙げると…

 

家の前を人が通ると吠えるんです…」というお悩みの場合は、家の中から人が見えないようにカーテンを閉めたり、犬の目線の高さに目隠しをつけたりすることが出来ないか、ということを提案したりします。

 

散歩のときに他の犬に吠えかかるんです…」というお悩みの場合は、お散歩の時間帯を人出が少ない時間帯にしたり散歩コースを変える等を提案することもあります。

 

犬に何かを教える前に、一番簡単に出来る対処方法ですね!

トレーニング

育児とトレーニングにはまだ共通点が…!?

 

また、子供が寝返りをするようになった時に私が困ったのが“オムツ替え”なのですが…

 

ここでもドッグトレーニングに通ずるものを感じたエピソードがあります。

 

オムツを替えているときに寝返ろうとするので私は若干ストレスを感じていました(笑)

 

オムツ替えの時だけでもおとなしくしててほしい…!

 

そう思い、手始めにいつも遊んでいるおもちゃを手渡してみたのですが、効果はなく、すぐに寝返ってくれました^^;

 

しかし、ここで【おもちゃへの興味(夢中度)<寝返り】ということが分かったので、「寝返りたい」という気持ちに勝る 特別な何か、を探そう!と思い、今度は“スマホ”を手渡してみたところこれが効果抜群でした!!

 

普段から好き勝手触らせないようにしていたこともあってか、きっと特別感が違ったのでしょうね。

 

犬のトレーニングでは、こんな使い方をします。

 

例えば、「走ってくる自転車に飛びつこうとする」というお悩みがあったとします。

 

おやつを使って飼い主に注意を向けさせ走ってくる自転車をやり過ごす、というトレーニング方法をとることもありますが、このときに使うおやつは「自転車に飛びつきたいという気持ちに勝るものでないといけません。

 

いつも食べているフードよりはチーズとか、何なら人が食べているお肉を茹でておやつの代わりに使うとか!

 

ただ、おやつの魅力度が高すぎると、今度はおやつに夢中になり過ぎてトレーニングに支障をきたすこともあります。

 

このあたりの塩梅がとても難しいです。

 

犬の「自転車に飛びつきたい」という気持ちに勝りつつも、興奮しすぎないおやつを選び、トレーニングを進めていく。

 

ドッグトレーナーはトレーニング方法だけでなく、その犬の様子ご褒美にも気を配っていかなくてはいけないんですね。

 

と、ここまでお話したように、子育てトレーニングには通ずる部分が多いように私は感じています。

 

事実、「子育てがひと段落したから」ということで入学された生徒さんは、授業等を受けられた後に「人間の子供と一緒ですね~!」とおっしゃる方も多いです^^

 

 

 

是非、子育てがひと段落して「そろそろ自分の好きなことに時間を費やしたいなぁ」と考えられている犬好きのママには「ドッグトレーナーになる」ということも、選択肢に入れていただきたい! と思った今日の大竹でした。