タグ: ドッグトレーナーの仕事

 ドッグトレーナーになりたい!を応援するブログ

知らない犬種

こんにちは。プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー関西校の矢川です!

つい先日、大阪松屋町店の犬の保育園に最近2頭の大型犬のパピーが入園しました。
犬種はゴールデンレトリバーとシベリアンハスキーです!

どちらもパピーですから、ひとつひとつのしぐさがとてもかわいいのでホントにず~と見ていても飽きないですね~。
犬の保育園にシベリアンハスキーが入園したことで、携帯でいろいろ調べていると、こんな名前の犬種が載っていました。
シベリアンハスキー

シベリアンハスキーのえるちゃんとシーズーのマロンくん



それは、ミニチュアシベリアンハスキーです。

恥ずかしながら、自分はミニチュアシベリアンハスキーという犬種がいる事すら知りませんでした。

JKC(ジャパンケネルクラブ)やFCl(国際畜犬連盟)には公認されておらずUKC(ユナイテッドケンネルクラブ)に
10数年前に公認されたばかりの比較的新しい犬種のようです。
ですから、犬種図鑑には載っていないことが多いようなのです。

図鑑に載ってないからしらなくてもしょうがないか、、。
すいません、なんだか言い訳のようになってしまいました、、。

結局、何が言いたいのかと言いますと、今後も新しい犬種が公認されて犬種が増えてくる可能性があるということです。
逆に犬種がどんどん少なくなって、絶滅してしまうかも知れない犬種がいるかもしれません。

自分に限っていえば、人に教える立場の講師でもありますから、犬種の情報など
常に新しい情報を入れていかなければならないのです。

もし、人に何かを教える立場にいる人は自分の知識もバージョンアップしていかなくてはなりません。
教える事にゴールが無いのでなかなか大変です。

でも、知らないことが多い、無知って恐いなと感じた自分がいました。
犬種だけでなく、いろいろ勉強し直します、、。

犬を飼うということ

こんにちは。プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー関西校の竹井です!

アラサー竹井、今更ながらTwitterにはまっております 笑
猫をお迎えしたこともあり、せっせと写真を投稿しては他の方の犬や猫の写真に癒される日々です。

そんなTwitter上で先日、話題になっていた写真がありました。

「猫と暮らすという事は…」という書き出しから始まるツイートだったのですが、
お写真にはテーブルでどどーん!と寝そべる猫さんと、片隅で作業をする飼い主さんのお姿。
作業効率のために買ったテーブルを猫に占領されてしまったようですが、猫と暮らすという事はこういう事、と
テーブルを譲った様子がほほえましいお写真でした。
寝転ぶケイティ

ケイティは机の下でどどーん!と寝ます(*^^*)



猫に限らず、動物と暮らすという事は、ある程度人が譲らなければならないことも存在します

例えば、お散歩の時間。
忙しいから今日はお散歩無いよ、なんてことになったら、犬は運動不足になったり、刺激のない生活で張り合いが
無くなってしまいます。
人が作業を中断したり時間を調整したりして、お散歩の時間を作ってあげなくてはいけませんね。

当然のお話ですが、犬はぬいぐるみではありません。心を持った生き物です。
やりたい事があるのが当然ですし、やりたくないこともあって当然です。
個性があるものですので、ある程度の傾向はありますが、同じ犬種だからと言って同じ性格ではありません
チワワ’s

チワワ同士だってそれぞれ違いがあります



犬を飼うという事は、
人の思い通りに犬を扱う事ではありません。
お互いに譲り合ったり、気持ちを伝えたり読み取ったりしながら一緒に生活をすることです
それには、犬の気持ちの読み取り方や人の意思の伝え方を知っていると、とてもスムーズに生活ができますよ!
上手く過ごせる関係性を築くことができれば、犬と暮らすという事は、とても幸せな事でとても楽しい事なのです。

NO DOG,NO LIFE

こんにちは!プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー関西校の竹井です。
本日は故森山名誉校長のブログから、とっても真面目なお話をご紹介させていただきます。
タイトルもそのまま、真面目な話。
.。o○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。.
タイトル:真面目な話
.。o○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。

ブログの中で語られている「子犬の社会化」というもの。
これは、プレイボゥが今もとても大切にして、アカデミー生の皆様や犬の保育園のお客様にお伝えしている事です。
タリーさんとクローバー

お外で色んなものを見るのも勉強です

見たことが無いもの、聞いたことが無い音、触れたことが無いもの、それが何でどんなものなのかがわからなければ、怖いと思うのも仕方のない事だと思いませんか?
何なのか全く分からないという事は、安全なのか危険なのかもわからないという事です。
「なんだかよくわからないもの」に囲まれた状況を想像してみて下さい。

全然安心できませんよね。

しかも、そのよくわからないものが,突然動いたり大きな音を出したらとても怖いと思いませんか?
また動くかもしれない、なんて考えたらその後もずっと気を抜けません。

怖いという事は、緊張状態にあるという事です。
精神的な負担もかかりますし、心拍数が上がったり呼吸が早くなったり、全身に力が入った状態だと、身体にも負担がかかってしまいます。

怖いという状況は、とても辛いものなのです。
だからこそ、社会化をしっかりして怖いものを減らせれば、犬もとても楽に生きられますし、それで問題行動を減らせれば飼い主もとても嬉しいですね。

日本中、世界中に社会化の正しい知識が広がって、
安心して生活でき、大好きな飼い主さんと一生一緒にいられる犬がどんどん増えて欲しいな、と考えているのです。

いまだからこそ、ドッグトレーナー

こんにちは!プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー関西校の竹井です。
竹井は普段、アカデミー事務局でお仕事をしており、アカデミー生の皆様のサポートや事務的なお手続きのご案内などを担当しています。
試験の時期をお伝えしたり、色々な相談に乗ったり、進み具合をお聞きしたりしながら皆さんがスムーズに学べるようにお手伝いをするのです!
また、これから勉強を始めたいとお考えの方の、お問合せや見学のご案内をするのも事務局スタッフの大切なお仕事です。
大阪松屋町店プレイルーム

店舗見学も一緒に行きます!こちらは大阪松屋町店

これから犬について勉強をしてみようかな、ずっと憧れていたお仕事を目指してみようかなとお考えの方とお話をしていると

「もっと若い人ばっかりですよね…?」
「今さらの勉強でも大丈夫なんですか…?」

と、不安そうにしておられる方もよくいらっしゃいます。

ですが実は、プレイボゥで学ばれている方の年齢はとても幅広く、30代・40代の方を中心に、関西校での最年少は19歳、最年長は60代でご入学された方がいます!

もうこんな年だから…と気にされながら入学された方でも卒業され、開業された方もたくさんいます!
それに、年を取ることや回り道をすることは決して悪い事ではありません。年齢を重ねるごとに積み重なってきた経験が、何事にも必要になることがあるものです。
ドッグトレーナーに必要なものは犬の知識だけではありません。

卒業生の中にも、事務の仕事をしていたという方が、とても上手くお客様用アンケートを作成されていたり、
システムエンジニアのお仕事をされている方が、同期の皆さんにホームページ作成のコツをお伝えしていたり、接客を経験されていた方は飼い主様への対応がとても上手だったり、今までの経験を活かしている方がたくさんいます。
名刺ファイル

色んな卒業生の名刺コレクション♪


年を重ねてきたという事は、お若い方がこれから経験して身につけていくことを、既に身につけているという事なのです!
皆さんそれぞれの人生経験を活かせる場面がきっと出てくると思います。

今さら無理だ、なんてことはなく
今だからこそ出来るのが
ドッグトレーナーのお仕事かもしれませんよ!

やはり、オモテナシ。

こんにちは!プレイボゥドッグトレーナーズアカデミーアカデミー事務局の神野です。

今、モノマネ芸人のりんごちゃんが気になる存在でレッツスターティン(笑)見かけと裏腹に衝撃的な低音ボイス
一芸は才能だと思います。

一芸と言えば先日海外で活躍する日本人をテレビで紹介していました。

・ネイリスト

・パーソナルトレーナー

・庭師

・専属シェフ

今や日本人は、技術一つを身にまとい、海外に渡ってフリーランスで活躍する時代。

✨✨✨✨カッコいい✨✨✨✨

メガねボイシー

ボイシーもカッコイイよ!(度無しです。)

ドッグトレーナーだって、技術一つで世界中を飛び回ることが出来ます。
実際、卒業生にもいます。→現在、ブラジルに。

上記の職業を海外で活躍する日本人は、やはり成功するカギとして日本人らしく真面目に対応する、おもてなしの姿勢
功を奏したそうです。

おもてなしなどよく分からないと考えず、普段通り仕事で行ってたビジネスマナーを実行するだけです。

・連絡が届いたら即返信する。

・時間を守る。

・アフターフォローも万全。

・お客様ファーストを心がける。

日本では当たり前のことでも、ところ変われば新鮮な対応になるのです。

・こんなに早く返事が来るわ!

・時間に正確だわ!

・困った事はすぐに対応してくれるのね!

・とても大切に扱われている気がする!

ドッグトレーナーを技術に海外で活動されたいと思っている方は、必ずその国の国民性を知ることはマスト✨です。
馴染むことがまず大切。その中できっと、自分の固定観念が打破されることもあるかもしれません。

おもてなし

おもてなしは日本の心ですね!

私は前回のメルマガ完全打破です。

真面目で丁寧な日本人の良いところをアピールし、その国で自分にしかないサービスを提供すること。

ドッグトレーニングは世界共通の職業です。プレイボゥドッグトレーナーズアカデミーでドッグトレーニングを学んだ暁には、世界が貴方を待っています!

レッツスターティン

海外で成功する方法

こんにちは!
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミーアカデミー事務局の神野です。

今週から神野のメールマガジンにお付き合いください^^。ヨロシクオネガイシマス!

9月に入っても残暑が厳しいですね。暑くてジメジメした今の気候がなんとも、人も犬も身体のバランス機能を狂わせている様な気がします。

出来る限り、暑い時間帯の外出は避け、心地の良い空間で愛犬とお過ごしくださいネ。

ケイティ水遊び

夏を楽しめるのもあと僅かかな・・・。

こんな炎天下の中でも仕事して…日本人って本当に真面目よね。

外国人の方達の評価は、日本人=真面目が、ひとつの意見として聞かれるのではないかと、思われます。
その他には、日本人は手先が器用とか、仕事が細やか、きっちりしている…とか…ネ。

仕事を的確に行い、きちんと約束を守る。それが日本人。と言った印象が多かれ少なかれあるのではと思うのです。
あとは…、仕事をしすぎて身を粉にし、家族を大切にしない…。といった、何ともスパイシーな意見も耳にした事とも
無きにも非ず…(-_-;)←これは余談。

というのも、神野は過去、外資企業に勤めていた事がありまして。よく、日本在中する外国人社員にジョーク交じりで「日本人は真面目だからと、言われていました。

言われるこちら側としては、真面目の基準が結局分からないので、実は内心、傷ついていたり(繊細)

神野の若いころ

本邦初公開!外資系企業OL時代の神野です。

ある時の事。他国とオンライン会議をする機会がありました。

その時はじめて、日本人て真面目かも!(というより、誠実かも!)と思った場面に出くわしたのです。

会議内容も追い込みにかかっていたころ、(ちなみに神野の英語力は全く皆無…。同時通訳さんが側にいました。)

ある国のチームが一斉に画面越しで立ち上がり、「バーイ」と手を振ってフレームアウトしたのです(・・?

びっくり

びっくり(゚д゚)!

どこへ行ったのだろう?話が進む中、一向にチームが戻ってくる気配すらありません。

実はなんと!帰っちゃってたのですよ。完全に帰宅!理由は家族と過ごすから(゚д゚)!(たしかイースター前だった様な記憶…) 衝撃的!確かに、話も終盤でまとめに入っていましたし、明日また議事録見れば良いことでしたが、でも、だって、しかし、会議中!

他国の参加者も手を振ってたもんだから、そんなに失礼な事ではないのね~と、周囲の寛容さに度肝を抜かれてました。

でも不思議と怒りや呆れの感情は出て来なかった私。

それは「バーイ」の中に込められてた、メッセージを感じ取る事が出来たから。

こんな感じ。

↓↓↓

(だいたい話はまとまったから、後はボクたちも同意見さ。ありがとう。)

なんともルーズ。でも素敵な緩み。何だか不思議と温かみのある感覚でした。
そして『◯◯しなければならない!』という固定概念の呪縛が私の中でほどけた瞬間でもありました。

この自然な立ち去り方は日本人はまだ、難しいかも知れませんね。

これでは日本人が真面目と言われても、仕方が無いかもなとも思いました。

会議途中で立ち去るなんて、どこか後ろめたさを感じてしまいますし。と言う様な体験をし、日本人の性格もまた、
愛すべき気質なんだと再確認。

この性格だからこそ、日本人は海外で高く評価を得られるのではないかとビジネス案が閃くのです。

今回は犬の話がひとつも出ずで申し訳ありません!次回メルマガへと続きます。