タグ: ドッグトレーナーの仕事

 ドッグトレーナーになりたい!を応援するブログ

犬の1歳は、人間の30歳

こんにちは。プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー事務局の大竹です。

 

 

今日はタイトルにもある犬の年齢について、そして子犬の時期が如何に重要な時期であるか、という部分のお話をしたいと思います。

 

 

犬の年齢を人に当てはめると…という話題はよく挙がりますし、色々な見解があるようですが、つい先日私が見かけた記事では、米カリフォルニア大学サンディエゴ校の研究チームが犬の年齢の新しい計算式を開発し、その計算式によると犬の1歳は人間の30歳に相当する、という結果が出ているようです。

 

※研究はラブラドールレトリバーのみで行われており、成長のスピードは犬種によって異なりますので、全ての犬に当てはまるものかどうかはまだ分かりません。

 

犬の1年が、私達人間の30年に相当するなんて、衝撃ですよね。

 

それを踏まえれば、子犬の時期の社会化トレーニングが如何に重要であるか、容易に想像できると思います。

 

昨日のブログで、世界的に有名なドッグトレーナー、イアン・ダンバー氏は子犬のためのしつけ教室を初めて開設した人物である、とお話させていただきました。

 

それまでは成犬のトレーニングがメインだった中で、子犬の社会化や子犬のうちからトレーニングをすることの重要性がイアン・ダンバー氏によって広まりました。

 

 

 

そもそも「社会化」とは何ぞや?というところですが…

 

「社会化」とは、子犬を色々な環境などに慣れ親しませてあげることを指します。

 

そして、この社会化に適した生後約1~3か月の期間を“社会化期”といいます。

 

色々な人や、物や、環境に良いイメージをつけてあげることで、物事に柔軟に対応できるように心の器を広げてあげる、といったイメージですね!

子犬の時期はあっという間。迎えたらすぐに社会化を!

 

以前よりはこの「社会化」、飼い主さんの間でも浸透しつつあるようですが、社会化=とにかく慣れさせるということだけ先行してしまい、逆に犬にストレスをかけてしまうケースが増えているようです。

 

 

社会化期に色々な人・物・環境に慣れ親しませることが大事ですが、この慣れさせ方にもポイントがあります。

 

それは、「犬に選択権を持たせてあげる」という点です。

 

例えば、クレートに慣れる練習をするとき、中には怖がって頭までしかクレートに入れない犬もいます。

 

そんなときは「慣れさせなきゃ!」といって無理やりクレートに押し込むようなことはせず、「今日は頭まで入れたね!でもこれ以上は怖いんだね。じゃあ今日はここまでにしようね。」と、犬の気持ちを尊重してあげるのです。

 

このように、犬に選択権を持たせながら社会化を進めることで、慣れさせる対象に良いイメージを持たせることが出来るだけでなく、犬と飼い主の間により良い関係性が生まれます。

 

しかし、飼い主さんが良質な社会化を、継続的に行うのは難しいのも現状です。

 

専門的な知識も必要ですし、お仕事をされていれば毎日社会化に時間を費やす時間を確保するのも負担かもしれません。

 

でも、冒頭でお話したように犬の1歳は人の30歳に相当します。

 

子犬の1日はとっても貴重です。

 

最初の1年をどう過ごすかで、その後過ごすであろう十数年の犬との生活ががらっと変わります。

 

なので私たちは、子犬を迎えたら保育園に入れて欲しい、と飼い主さんにお願いをするのです。

 

専門的な知識を持ったドッグトレーナーが、犬の様子を見ながらその犬のペースで無理なく社会化やトレーニングを進め、プレイボゥではトレーニング方法も飼い主さんにレクチャーします。

 

保育園に入れれば、お仕事でお留守番するであろう時間に良質な社会化が行われ、子犬は心身ともに健やかに成長することが出来るのです。

 

何事も「始めが肝心」とは犬でも一緒。

 

子犬を迎えた方は、まずお近くの犬の保育園へ連絡してみてくださいね!

世界的なドッグトレーナー

こんにちは。プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー事務局の大竹です。

 

突然ですが、タイトルにもある“世界的なドッグトレーナー”を目にして、皆さんは誰を思い浮かべますか?

 

有名なドッグトレーナーはたくさんいますが、おそらく、ドッグトレーニング業界では必ずこの方のお名前が挙がるかと思います。

 

それは、イアン・ダンバー博士です。

 

「ドッグトレーナーで、博士?」と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、イアン・ダンバー氏は獣医師であり、動物行動学者でもあるのです。

 

獣医師

 

動物行動学者

 

ドッグトレーナー

 

無敵!!な雰囲気を感じるのは私だけでしょうか(笑)

 

 

イアン・ダンバー氏のお写真はこちらから↓

 

https://www.siriuspup.com/about/founders

 

イアン・ダンバー氏は、以前は主流だった体罰的なトレーニングに変わり、おもちゃやおやつを使った飼い主にも犬にもやさしいドッグトレーニングを追求し、それを世界に普及させた人物です。

 

今ではそのおやつなどを使ったトレーニングの方が世界的にも主流になりつつあります!

 

世の中の「主流」を変えるにはそれ相応の内容と結果が求められると個人的には考えているのですが…

 

動物行動学の観点から見た犬の姿や思考、それをドッグトレーニングという分野に落とし込み、世界の主流を変えたイアン・ダンバー氏は本当に偉大な人物だと思いました。

 

世界的なドッグトレーナーとしてご紹介していますが、“世界一有名”なドッグトレーナーといっても過言ではないでしょう。

 

おやつを使ったトレーニング、ケイティも大好き~♪

 

そんな偉大なイアン・ダンバー氏、執筆された書籍もたくさんあるのですが、日本語版で発売されている書籍の
冒頭によくある挨拶文を見てみると…挨拶にユーモアがたっぷり!

 

そしてさらに実はお酒がとっても好きなようで…なんと!プレイボゥ創立者である故森山名誉校長はイアン・ダンバー氏と渋谷でお酒を酌み交わしたこともあるそうです!(笑)

 

とても気さくなお人柄も垣間見えますね^^

 

あ、その話は一旦置いといて…

 

 

 

 

イアン・ダンバー氏は1981年に世界で初めて子犬のためのしつけ教室を開設した人物でもあります。

 

成犬をメインにしたトレーニングしか行われていなかった時代に社会化の重要性を説き、子犬のトレーニングクラスを立ち上げたのです。

 

このイアン・ダンバー氏が開設した子犬のためのトレーニングクラスは【シリウス・ドッグトレーニング】という名で運営されていますが、この名前どこかで聞いたことある、という方がいらっしゃるかもしれません。

 

実は、兵庫県にシリウス・ドッグトレーニングスクールという犬の幼稚園があり、それを経営しているのがイアン・ダンバー氏に師事した辻村愛さんというドッグトレーナーです。

 

 

あのイアン・ダンバー氏のお弟子さんが日本にいる!という時点で感動ですが、実はプレイボゥでは辻村先生を外部講師としてお招きし、生徒さん向けの授業を行っていただいております!

 

しかし、ご入学のタイミング等によっては辻村先生の授業を受けたことがない!という生徒さんもいらっしゃいますので…

 

この度、そんな生徒さんに向けて辻村先生の授業を特別に開催することとなりました!!

 

詳細は別途メールにてご案内済みですのでご興味ある方はそちらをチェックしてくださいね。

 

そしてさらに、その辻村先生を講師に招いた勉強会もプレイボゥでは現在企画中です!

 

イアン・ダンバー」とググれば、必ずどこかに辻村さんのお名前も出てくる、というくらい有名なお方です。

 

アカデミー生の皆さま、勉強会に関しては告知まで今しばらくお待ちくださいませ。

 

そして是非この機会をお見逃しなく!

 

たとえ新型コロナウイルスが猛威を振るおうとも、世界のドッグトレーニング事情に触れる機会をプレイボゥドッグトレーナーズアカデミーではこれからもつくっていきますよU^(ェ)^U

ごほうびパワー

こんにちは。

プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー事務局の瀬尾です。

 

 

皆さまは『夏』と言えば何を思い出しますか?

 

 

太陽

夏休み

花火

夏祭り

 

 

などなど人によって違うと思いますが、夏と言えばボーナス♪なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

 

ボーナスとか臨時収入って嬉しいですよね!

 

 

私の友人にも、ボーナスがあるから働いていられる!って人がいます。

 

 

 

ボーナスパワー恐るべし…!

 

 

そんなボーナスパワーについて、私の昔話をひとつ。

 

 

私は中学生の時、テニス部に入っていました。

 

 

ほぼ毎日部活があり、一生懸命練習していました。

 

 

中学1年生、はじめての夏休み。

 

普段と同じくらい、いや、いつも以上に練習がありました。

 

 

ただ、夏休みは部活の他にも家族や友達との予定があったので数回休みました。

 

 

230人ほどいた部員もそういう子がほとんどで、皆勤した部員は2人だけでした。

 

 

 

そして、夏休みも終わり少し経った頃。

 

 

部活終わりに顧問から集合がかかりました。

 

 

なんだろう?と思って集まると

 

 

顧問

「夏休みは練習がたくさんあったけど、みんなよく頑張りました。しかもそのうち2人は皆勤だった!えらい!」

 

と言って

 

 

皆勤の2人に、なんと!

 

 

新しいラケットをプレゼントをしてくれたのです!!

 

 

これには、もらった2人ももらわなかった私を含めた部員もびっくり!!

 

 

顧問によると、夏休みの練習で皆勤した部員は今までいなかったので、嬉しくてついプレゼントを渡したくなったとのこと。

 

 

 

えー!皆勤したらラケットもらえるの?? 

そんなんだったら皆勤したよー

 

 

と嘆いても時すでに遅し!

 

 

皆勤しなかった自分を嘆きつつ、だったら来年の夏休みは、皆勤するぞー!とメラメラとリベンジの炎を燃やすのでした。

 

 

 

 

この想像しなかった報酬というのは、とてもパンチ力があり、ドッグトレーニングでも使われる方法です。

 

 

犬によって何が報酬になるかは様々ですが、例えば、トレーニングをしていてご褒美にもらうおやつ。

 

 

いつもならうまく出来たら、小さいおやつを1個あげていたとします。

 

 

犬もそれが普通だと思っていて、トレーニングを続けています。

 

 

ある時、すごくうまく出来たら、いつもとは違い、小さいおやつを20個あげるんです!

 

 

すると犬はどうなると思いますか?

 

 

 

突然の報酬にテンションが上がるんです。

 

 

 

小さいおやつ20個にする以外にもいつもあげているおやつよりもっと大好物のおやつにしたり。

 

 

 

とにかく、犬の意表をつく事が大切です。

びっくりする犬

お!何が起こったワン!

 

 

テニス部の話に戻りますが、予期しなかった報酬でラケットをもらえた2人の部員は、その後の練習にさらに力が入っていました。

 

 

犬に、もっと上手にトレーニングしたらまたたくさんおやつもらえるかも!

 

 

と思ってもらうことで、犬はすすんでトレーニングしてくれるように!

 

 

いつも同じ報酬で、なんとなく犬のモチベーションが上がってないなと思ったら是非試してみてください!

 

 

 

 

 

後日談ですが…

 

中学生の私。

 

 

ラケットが貰えるならば!ともちろん次の夏休み練習は皆勤しました!

 

 

ドキドキしながら夏休みあけ。顧問から集合がかかります。(来たーーーー!!)←心の叫び

 

 

顧問

「えー、今年の夏休みもみんなよく頑張った!今年のプレゼントは、コレだ!」

 

 

 

 

と言って、渡されたのは

 

 

 

 

 

スポーツタオル。

 

 

 

 

え?

え?

スポーツタオル??

 

ラケットじゃないの????

 

 

顧問「すまん!今年は皆勤者がたくさんいて、ラケット買う余裕はなかった!いやぁ、みんなよく頑張った!」

 

 

 

はい、そうなんです。

 

 

当たり前だけど、ラケットが欲しいと思っていたのは私だけじゃなかったんです。

 

 

他の部員も同じように考え、みーんな、皆勤しちゃったんですね。

 

 

世の中、そう上手くはいかないな、と悟った中学2年の夏でした。【完】

NO DOG, NO LIFE

こんにちは。
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー事務局の佐藤ですU^ェ^U

 

最近はとても暑いので、アイス🍨を食べるのがおいしい季節になってきました。

 

同じアカデミー事務局スタッフの神野さんと佐藤はラムネが大好きで、よくラムネ入りのアイス🍨を見かけると食べた感想とともに情報を交換しています。笑

 

皆さまはどんなアイス🍨がお好きですか?

 

さてそんなアイス話は置いておき、先日のブログで、ドッグトレーナーに必要なあると良いスキルのお話の中で「パソコンスキル」が登場しました。

 

この内容を読まれた方の中には「うっ・・・パソコン苦手・・・」という方もいらしたかもしれません。

でも実は、パソコンが苦手でもドッグトレーナーとして活躍すること…

 

出来るんです!

そのエピソードを故森山名誉校長がブログにアップしていました。

 

.。o○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。.

タイトル: 営業のシンプルな極意

本文はこちらから↓↓
https://playbow-dogtrainers-academy.com/9250.php

.。o○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。

 

いかがでしたでしょうか?

佐藤はここに登場する太田さんにお会いしたこと、もちろんありますが、まさに故森山名誉校長が書いている通りです!

 

ブログ内にも書かれていましたが、太田さんはチャリンコ🚴で地域密着型!

 

しかもホームページやブログもなし!

けれど、自転車🚴で行ける範囲でお客様を次々と獲得していったのです!

 

そして登場した太田さんは故森山名誉校長にいつしか、“伝説の自転車ドッグトレーナー”と呼ばれていました。

 

太田さん

太田さん

 

(もちろん現在も!)

 

だから「パソコンが使えない・・・」と落ち込む必要性はありません。

 

実はドッグトレーナーに必要な一番基礎的な部分は、ドッグトレーニングスキルでも営業スキルでもパソコンスキルでもなく、「人柄」がドッグトレーナーには大切なのではないか。

 

そう佐藤は思っています。

 

皆さまもぜひ自分だったらどんな風に活動できるかな?と考えてみてくださいね!

ドッグトレーナーになるために

こんにちは🌞。
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー事務局の佐藤です!

 

突然ですが、皆さま!

 

“ドッグトレーナーにとって必要なスキル”は何だと思いますか?

 

プレイボゥドッグトレーナーズアカデミーのメールマガジンを愛読されている方は、日々届く内容の中から様々な知識を
吸収されていると思いますので、ご存知のものもあるかもしれません。

 

私とボイシーくん

私とボイシーくん

 

例えば・・・

 

●ドッグトレーニングスキル

 

これは、言わずもがな皆さまご存知のことでしょう。

 

しかしこれだけでドッグトレーナーは務まりません。

 

次にあげるとしたら・・・

 

●接客スキル

 

ドッグトレーナーがトレーニングするのは犬に対してですが、実は飼い主様にもそのドッグトレーニング方法をレクチャーする必要があります。

 

さらにドッグトレーナーに「愛犬🐶のしつけに悩んでいるのでトレーニングをお願いします。」と依頼してくださるのも飼い主です。

つまり、いくらドッグトレーニングだけ出来たとしても、お客様対応が出来なければドッグトレーナーとして働く事は、
難しくなってしまうのです。

 

では、他にも必要なスキルがあるか、といったところに話を進めていきましょう。

 

佐藤的には次のスキルもあるとやっぱり有利!と感じます。

 

●パソコンスキル

このパソコンが使えることで、次で説明します●営業スキルの幅がグンと広がります。

 

自身で活動する屋号のホームページはあったほうがお客様の目に留まりやすいですし、ブログやSNS更新も重要ですから
やはり基礎的なパソコンスキルはあったほうが良いでしょう。

 

(ホームページ作成💻などは専門的な勉強が必要になったりもするので、外部に発注するのも1つかもですね!)

 

●営業スキル

 

これは接客スキルと似ていますが、実際にお客様を集客する際にどう取り組んでいくか、といった中身です。

 

例えば、チラシを作ったり、作成したリーフレットを配布したり、はたまた、そういったものを使って動物病院さんやペットショップさん・トリミングサロンさんに自身を売り込みに行く必要があります。

 

簡単に言えば、接客業と言えるドッグトレーナーですが、意外と活かせる分野が多いのがドッグトレーナーの特徴✨でもあります。

 

実際にプレイボゥドッグトレーナーズアカデミーに通う生徒さんたちも、ご自身の今まで経験してきた職業を活かして活動されています。

 

今までバリバリの外回り営業をしていた生徒さんは、ドッグトレーナーになってもバリバリ営業活動をされ、大活躍!🌟

 

接客が得意だった方は持前の接客スキルを活かして、英語が堪能な方はドッグトレーニングと英会話を融合したり、デザインが得意な方は飼い主さまの目に留まるようなリーフレットやチラシを作ったりと、皆さまが今まで経験してきたことも
とっても大切なスキルなんです🎶

 

ぜひ皆さまご自身だったら、どんな風に活躍できるか考えてみてください!

 

とってもワクワクしますよ

愛犬の毛色は

こんにちは。
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー事務局 兼 講師も務めております佐藤です!

 

今年の夏は、昨年までとは一味違った夏となりましたが、皆さまはどんな風にお過ごしでしょうか?

 

佐藤は以前に購入した風鈴をいそいそと外に出し、日本の風情ある夏を自宅で楽しんでいました。笑

 

ちなみに風鈴はご近所に迷惑になってしまわないよう昼間限定です(*´▽`*)

 

さて、今日のブログのタイトルでも書いてみましたが、皆さまの身近な犬の毛色(カラー)はどんな色でしょうか?

 

佐藤家には、3頭のミニチュアダックスがいてそれぞれカラーは、

 

・クリーム
・チョコダップル
・シェーテッドレッド

 

というカラーの犬たちです。

 

シェ―テッドレッド

シェ―テッドレッドのダックスはこんな感じ・・・(フリー素材から)

 

ミニチュアダックスフントには他にも

 

・レッド
・ゴールド
・ブラックタン
・チョコタン

・・・・と様々なカラーが。

 

インターネットで調べると様々な呼び方が出てきます。
(その信ぴょう性は分かりませんが…)

 

ドッグトレーナーとしてやはり勉強のためとたくさんあるカラーを覚えるのも大変ですが、実は他にも覚えておかないといけないことがあります。

 

それは“毛色によっては掛け合わせNGな毛色がある”ということです。

 

佐藤家のミニチュアダックス1頭は【チョコダップル】というカラーですが、実は掛け合わせNGな組み合わせがあります。

 

このダップルカラーは他にもシルバーダップル、レッドダップルとあり、簡単にいうなれば、マーブル模様のように
色が入ったカラーなのですがこのダップル同士を掛け合わせることは疾患などの観点からNGとされています。

 

他の犬種にももちろん、掛け合わせNGな組み合わせがあったりします。

 

ドッグトレーナーとして働くと、このような犬の交配について聞かれることもあるかもしれません。

 

こんな時に正しい情報を提供出来るようにする、というのもドッグトレーナーとして大切な仕事です。

(とても専門的な内容についてであれば、信頼できる専門家をご紹介できると良いでしょう。)

 

プレイボゥではそういった話題にもまずは、ある程度ついていけるよう様々なセミナーを開催しています。

 

こういった遺伝のセミナーは前回開催したのが、2018年だったかと思いますのでもし興味がある在校生・卒業生はぜひ
アカデミーに「やってほしい!」と声をあげてくださいね!

 

ちなみに今回のようなブリーディングのお話の中には、ある犬種のある犬種の交配は海外で禁止されている…なんていう話題もあります。

 

お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが犬の世界は、ドッグトレーニングに限らずとーーーーっても奥が深いのです。

 

そして何より好きな分野について深く学ぶことには楽しさ満載!

 

ワクワクしながら学ぶことができます。

 

ぜひ皆さまも犬を学ぶ世界へ飛び込んでみてください!