タグ: ドッグトレーナーの仕事

 ドッグトレーナーになりたい!を応援するブログ

抵抗ある単語に対して

授業でも使用することが

こんにちは。プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー事務局の矢川です。


先日のメルマガにも少しだけ記載したのですが、現在、自分は犬の保育園の各店舗を周りながら、少しずつ店舗に来ている登園生の名前を覚えたりしています。


大阪に移動する前から登園していた犬も継続して登園してくれていますので、会うのがとても楽しみです!


向ヶ丘遊園店で自分が以前担当していた犬が今も週4回ペースで通ってくれているのですが、自分が2回訪れて2回とも登園していなかったのは会った時の感動の再開のためでしょうか、、。


さて、先週の水曜日は学習理論1の授業を担当いたしました。


担当の講師の都合で代わりに講師を務める事になったのですが、少々久しぶりの授業でしたので、内容の確認のため、前日に授業を見学したり、動画で確認をし、当日に臨みました。


授業の内容を確認していると、以前にも感じていたことなのですが、ある単語が出てくると、自分は少しだけ抵抗感を感じてしまうのです。


その単語は犬のトレーニングをしていると、稀に使う方もいらっしゃいます。


その単語はというと?

 

〇〇をあげる

その単語は「餌(エサ)」という単語です。


日常で使う分について抵抗があるわけではないのです。


ただ、犬のトレーニングをしている時に、「犬にエサをあげましょう」や「犬がおすわりができたらエサをあげます」のような文章が出てきたり、人が話すと少し抵抗があります。


その原因は故森山校長が犬に与える食べ物に対して「エサ」という単語を使った際に、スタッフはもちろんアカデミー生の方にも少し厳しく助言していたのが、強く印象に残っているからなのです。


なぜ、犬に与える食べ物を「エサ」という単語を使わないのか?


故森山先生はこのように答えていらっしゃいました。

ダックス

犬はエサという単語を気にしないと思いますが

自分のこだわり

「犬は家畜動物ではなく、人の良きパートナーで家族だから」


犬が人の良きパートナーというのは、プレイボゥの授業の中でもお伝えしている内容で、とても重要視しています。


個人的な意見になりますが、「エサ」という単語を使う場合鳥や豚、牛、魚(釣りエサ)など人間が食す動物に使われる事が多いのではと感じます。


もちろん、鳥や豚、牛、魚を飼われている方もいらっしゃいますので、その方々は「ペットにご飯をあげるという感覚なのでは?」とも認識しています。


たかが言葉ひとつ変えるだけなのですが、動物に携わる人達はそれぞれ熱い思いを持って仕事をしたりしていますので、時には譲歩できずこだわりが出てきたりします。


「犬の食べ物をエサと言わない」


これも自分のこだわりになるのかもしれません。


自分がもし、犬の食べ物をエサと表現していたら何らかの事情があって使っているのだと思ってくださいね、、。

犬を多角的に学んでみませんか?
https://playbow-dogtrainers-academy.com/course2.php

プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー
Facebook https://www.facebook.com/playbowacademy/
instagram https://www.instagram.com/playbowacademy/

テクニックのひとつして

パピーパーティーとは

こんにちは。プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー事務局の矢川です。


以前は大阪松屋町からメルマガをお届けしていたのですが、今月から関東にある3つの店舗やアカデミー事務局からお届けいたします。


犬の保育園に通ってきている登園生の話やアカデミー生からの質問の話ドッグトレーニングや犬業界や犬に関する時事ネタなども含めながらお伝えできればと思います。


さて、今回は先週の日曜日に向ヶ丘遊園店で開催されましたパピーパーティーについてご紹介いたします。


パピーパーティーとは、6か月未満の犬を対象に主に犬の社会化についてお話し、人や犬、場所や物に対してどのように慣らしていくのかを併せてお伝えしていきます。

パピーパーティーの内容と目的

以前にもパピーパーティーの内容は何度かお伝えした事があったと思うので、今回はちょっと違った目線で感じた事をお伝えしますね。


今回、向ヶ丘遊園店で開催されたパピーパーティーは午前と午後合わせて3回開催されました。


コロナ禍という事もあり、参加される方の組数を限定しながら行われていたのですが、どの回もたいへん盛り上がり参加されていた飼い主さんも熱心にスタッフの話を聞いてくださっていました。


パピーパーティーの内容は、おおよそ各店舗同じようで、冒頭で社会化から、物慣れや簡単なトレーニングに繋がる流れとなるようです。


パピーパーティー主な目的は犬の社会化の大切さを伝える事も大切ですが、体験入園や登園生として入園していただく営業面の役割もになっています。


今回のパピーパーティーである部分がとても参考になりました。


どの部分が参考になったかと言いますと、、。

パピーパーティー

おやつが入った知育玩具に夢中

関心した事

今回の3回のパピーパーティーすべてで司会進行を務めたのは向ヶ丘遊園店マネージャーの馬場トレーナーでした。


初めて馬場トレーナーの進行するパピーパーティーを拝見したのですがとても参考になる部分が多かったですね。


自分が馬場トレーナーの進行で関心した点はトレーニングなどそれぞれ細かな所まで説明しない所です。


「それが関心した点?」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。


でも、実はこれが意外と大事なことだったりするのです。


なぜかと言うと、パピーパーティーに来ていただくのが最終の目的ではなく、飼い主さんに保育園に興味を持っていただくのが目的だからです。


丁寧にアドバイスすることも大事なのですが、「もっと聞いてみたい」と思ってもらい、体験入園など次にアプローチすることも大切なのです。


ありったけの犬の知識や保育園の良さを全面に出して営業する方法もあれば、「もうちょっと詳しく聞いてみたい」と思わせる事もテクニックもあるという事です。


店舗での実習ではドッグトレーニングに限らず、飼い主さんとのコミュニケーションや営業の仕方も学べると思いますので、そういった点にもぜひ注目してみましょう!

犬を多角的に学んでみませんか?
https://playbow-dogtrainers-academy.com/course2.php

プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー
Facebook https://www.facebook.com/playbowacademy/
instagram https://www.instagram.com/playbowacademy/

日本語・英語・・・いぬ語・・?

こんにちは。プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー事務局の石田です。


私の趣味の1つに「映画鑑賞」があるのですが、先日の休みの日は久々に朝から夜まで映画を見続けるという1日を過ごしました。

フランス映画⇒ポーランド映画⇒フランス映画⇒アメリカ映画と、様々な国の映画を鑑賞したところ、最後の作品を見ている時に、なんだか少し違和感を覚えました。

 

犬にとっての言語とは

その違和感というのが「言葉」です。比較的聞きなれているはずの英語だったのですが、それまでに1日見ていたのが違う言語の作品ばかりだったためか、英語自体もなんだか違う言葉に聞こえていました。
ただ、言語が分からず、字幕がなくとも、演技やボディランゲージで、ストーリーが伝わるのが、役者さんや、映画作品の凄いところでもあるのですが・・・

映画だけに限らず、コミュニケーションをとる上でも、「ボディランゲージ」はとても伝達手段です。
そしてこれは、犬にとっても重要なコミュニケーションツールなのです。

犬が寝ている写真

すやすや・・ここにもボディランゲージが潜んでいるかも?

 

ボディランゲージをいくつかご紹介!

犬は、人間とは異なり、言語を用いない動物です。その代わりに、身体を使い、【ボディランゲージ】で気持ちを表現しています。つまり、犬にとっては、【ボディランゲージ】がまさに【いぬ語】といっても過言ではないのです!

今日は、そんな犬のボディランゲージの中から、日常でも見かけるものをいくつかご紹介!

1)笑顔をつくる(口角をひく・唇を長くする)
⇒犬が唇をうんと伸ばすと、少し人間の笑顔に似ています。これは、相手に親しさを見せているシグナル、もしくは、リラックスした感情の表れともいえます。その他にも、人間の笑い顏のように、前歯をみせて親しみをみせる犬もいるんです!しかし!状況によっては、愛想笑いであることも・・。表情だけでなく、身体の重心、尻尾などもよく観察してみてください。

2)丸くなって寝る
⇒犬は疲れると、まず丸くなって眠り始めます。その後、眠りが深くなると段々脚を伸ばして眠ります。
ただし、どこかに痛みを感じている犬も体を丸くして寝るのですが、違いは丸くなりまがら、同時に体が堅くなっていること。体調不良の犬にとって「眠る」ことは、薬を飲むのと同じくらい重要なこと。
これは、人も同じですね。そんな時は邪魔しないように気を付けてください!

3)首を伸ばす
⇒犬が、様子を伺うように首を伸ばすしぐさをしているときは、様子が気になり、興味を覚えているけれど、その後の行動を決めかねている状態です。首が肩より低く、前に伸ばされていれば、それはたいてい攻撃をしようとする構えがあることを示しています。

 

ボディランゲージとはまさに「いぬ語」


本日挙げたのは、犬のボディランゲージのごく一部ですが、このように、犬は全身を使って気持ちを表現しています。ボディランゲージはまさに「いぬ語」ですね。

犬たちの気持ちを正しく理解してあげられるようになったら、犬との絆形成はもちろんのこと、お互いがさらに気持ちよく過ごせますね!皆さんもぜひ「いぬ語」を理解する為に、犬の様子をしっかりみてみてください♪

参考図書:いぬ語会話帖(著:ヴィベケ・リーセ)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
犬を多角的に学んでみませんか?
https://playbow-dogtrainers-academy.com/course2.php

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー
Facebook https://www.facebook.com/playbowacademy/
instagram https://www.instagram.com/playbowacademy/

そんなに悩まないでくださいね

 

アカデミー生さんからの相談

こんにちは。
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー事務局の矢川です。

さて、今日は店舗の実習に入られているアカデミー生さんから相談がありましたのでご紹介いたします。

普段は愛犬のトレーニングについて質問が多いのですが、今回の内容はいつもと異なるわけです。

その相談とは、プレイボゥドッグトレーナーズアカデミーの認定トレーナーに
なるために必要な提出課題「出張ドッグトレーニング」についてでした。

Dog, Pet, Cute, Doggy, Little, Happy, Cheerful

課題「出張ドッグトレーニング」とは?

課題「出張ドッグトレーニング」は、自身でお客様を探し、愛犬の改善したい所や伸ばしたい所等聞き出し、ドッグトレーニングを限られた回数の中でアドバイスしレポート提出を要するものです。

この課題の難しい所は、ドッグトレーニング以前に、カウンセリングを飼い主さんに行い、コミュニケーションからお悩みを聞き出し、相談にのることが求められるのです。

非常に実力のつく本課題ですが、カウンセリングに不慣れな生徒さんは立ち止まることがあります。

 

犬の問題行動、実は真の鍵を握るのは飼い主さんだった

相談内容は、飼い主さんから愛犬の問題行動は聞き出せたものの、どの行動から解決して良いかわからず悩んでいるとのことでした。

しかし、私から言わせれば「もう半分以上、提出課題が出来てるよ!」と言って良いくらいの聞き出しは得られていたのです。

この「出張ドッグトレーニング」という課題の本目的は、犬の問題行動を解決する事では無く、飼い主さんに寄り添い、相談にのる事に重きを置いているのです。

いくつも挙がった犬の問題行動を解決するには、飼い主さんとコミュニケーションを取りながら一緒に決めて行けば良い事です。

自分の経験上、お悩みを聞いたという行為だけで、お客様から「悩みを聞いていただいたお陰でスッキリしました!」と言われる事もあります。

なので、犬の問題行動ばかりにフォーカスせず、しっかりと人に向き合ってカウンセリングを行うだけで、実は70%は解決したりするものなのです。

悩まないで、練習あるのみ!

現在、コロナ禍ということもあり、対面でのカウンセリングが難しいのですが、オンライン出張ドッグトレーニングも増えて参りました。

ドッグトレーナーはデジタルにもついていかなくてはなりませんね。
他分野にも日々勉強です。(自身も実は苦手な分野です・・)

プレイボゥドッグトレーナーズアカデミーは、ドッグトレーナーを養成する学校です。

ドッグトレーニングスキルはもちろんのこと、飼い主さんとしっかり、コミュニケーションをとれるようになるための授業も充実しています。

もし、ご興味ある方は、ちょうど6月22日~6月26日まで「プロとしてのコミュニケーション力」という講座を行い、僅か30分だけですが、授業見学に参加が出来るのです。

様々な角度から学べるプレイボゥ。
ぜひ、一度、二度、三度となくご来校いただけると嬉しいなと感じています。
下記に授業見学が出来る「スクール見学会」のURLを記載いたしましたので、お待ちしております♪

——————————————

養成講座のスクール説明+犬の保育園見学も
ご案内いたしますU^(ェ)^U

スクール見学会

講座:プロとしてのコミュニケーション力
6月22日(火)24日(木)26日(土) 9時50分~11時30分
@中目黒教室
——————————————

SNSでも常に情報発信中!こちらも是非チェックを!
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー Facebook
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー Instagram

“犬のプロ”としての心得とは?

こんにちは。プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー事務局の大竹です。

本ブログをお読みになってくださる方々は、おそらく「犬好き」かと思いますU^(ェ)^U

自分の愛犬はもちろん、お散歩中の犬を見かけたりすると頬が緩み「こんにちは~♪」とついつい挨拶なんかもしてしまうのではないでしょうか?
そんなやりとりの中で、犬と触れ合うこともあるかもしれません。


“犬のプロ”らしい身のこなし方

さて、ここでお聞きします!
皆さんは犬と触れ合うとき、どういう「身のこなし」をしていますか?


立ったまま、犬の正面から、覆いかぶさるように犬を撫でたりしていませんか?
犬が自ら寄ってきてくれたとき「よーしよし!!」といきなり両手で顔をわしゃっと撫でたりしていませんか?

ちなみに、今ここで挙げたものは、犬との触れ合い方を知らなかった頃の私の夫の行動になります(笑)

犬好きの方ならなんとなく想像がつく方もいるかもしれませんが、こういった行動を取った場合、おそらく多くの犬は驚いたり、腰が引けてしまったりすると思います。
犬によっては驚きや恐怖心から、咬みついてきてしまう子もいるかもしれません。

犬に対する身のこなし方は、“犬のプロ”でもあるドッグトレーナーとして活躍する上でも非常に重要になってきます。

例えば、覆いかぶさるような前傾姿勢は犬にとって威圧的な印象を与えるため、人側は重心は後ろにすることを心がけます。
また、かわいくてついつい犬を見つめたくなる気持ちもありますが、凝視することは犬に威圧感を与える可能性があります。
両手でわしゃっと捕まれるように触られることも、犬はびっくりしたり怖がったりします。

このように、犬への身のこなし方ひとつとっても、犬のプロとして心得ておかなければならないことはたくさんあります。

犬と人

犬への行動ひとつとっても、犬のプロとして働く上で学ばなくてはいけないことが山ほどあります。

犬への接し方だけじゃない!?犬のプロが心得ておかなくてはいけないこと

“犬のプロ”であるドッグトレーナー、犬への接し方を心得ておくことが大切なのは想像がつくかと思います。
しかし実は、犬に関係のない部分でも、プロとして心得ておかなくてはいけないことがあります!

飼い主さんへのトレーニング方法の伝え方、お家へお邪魔したときに配慮すべきポイント、飼い主さんから犬の情報を聞き出す技術…
とてもこのブログだけでは書ききれません。

これらの内容を、プレイボゥドッグトレーナーズアカデミーでは、ウェルビードッグスクール出張トレーナーの刈屋先生を講師に招いて「プロとしての心得」という授業で生徒の皆さんに学んでいただいております^^

刈屋先生は、森山校長の出張トレーナー時代の一番弟子さんで、現在は出張トレーナーとして活躍されている人気ドッグトレーナーさんです。

「どんな授業だろう?」と思われたメルマガ読者の方々、6月はちょうどこの授業を見学できるスクール見学会を開催予定です!

6月15日(火)9:50~11:30@中目黒教室
6月17日(木)9:50~11:30@中目黒教室
6月19日(土)9:50~11:30@中目黒教室

もし、見学してみたい!とのことでしたら、こちらよりお申込みください^^


犬のプロ“ドッグトレーナー”は奥が深い

「犬が好き!」という気持ちはもちろん大事ですが、その気持ち「だけ」ではやっていけないのがドッグトレーナー。

奥が深い職業ですね(^_^)/

常に情報発信中!こちらも是非チェックを!
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー Facebook
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー Instagram

犬にも義務教育を~求められるドッグトレーナという存在~

人の義務教育は9年間、では犬は?

犬 子供

人間の子供と同じように、犬も小さい頃に学ぶべきことはたくさんあります。

こんにちは。プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー事務局の大竹です。

「犬にも義務教育を」

これは、森山名誉校長が生前おっしゃっていたことです。

人の義務教育は小学校の6年間、中学校の3年間の計9年間ですよね。親はこの9年間に関して、子供に教育を受けさせる義務を負うので、子供を小学校・中学校に通わせます。

子供たちは小学校・中学校で、将来のために様々な知識を身に付けます。さらに、家族以外の大人や、たくさんの同級生との関わり合いで、心が育まれますよね。生涯の友人となるような人と出会うこともあるかもしれません^^
義務教育は一生を左右するといっても過言ではないでしょう。

では、犬の場合は?

残念ながら、人間の義務教育のように、飼い主に犬への教育について義務付けられているものはありません。
しかし、犬が人間社会で生きていくために、そして心が健やかに育まれるために、犬自身学ばなくてはいけないことはたっくさんあります。
そんな時に頼ってほしいのが、ドッグトレーナーですU^(ェ)^U

犬の義務教育とは、“保育園に通わせること”

まず子犬を迎えたら、犬の保育園のドッグトレーナーを頼ってください。
犬の保育園に通うことが、人間でいう小学校・中学校に通う「義務教育」であると私たちは考えます。

つまり、犬の保育園のドッグトレーナーは学校の先生、保育園に通う犬たちが同級生、のようなイメージです♪
人間社会で犬が暮らしていく上で必要なトレーニングを、学校の先生であるドッグトレーナーが教えます。
そして、犬同士でしか学べない、犬とのかかわり方やボディランゲージを、同級生の犬同士で学びます。

さらに、犬へのトレーニングは、飼い主さんが出来てこそその犬の一生に活かされるものですので、飼い主さんにもお家では犬とのトレーニングを練習してもらいます。
まさに『学校からの宿題に親子で取り組む』といった感じでしょうか^^

このような幼少期を過ごすことで、犬は心も健やかに成長し、成犬になったときには人間社会で上手に暮らす術を身に付けるのです。さらに、ドッグトレーナーからトレーニングを学んだ飼い主さんは、犬への正しい接し方を身に付け、自分の犬を自分でトレーニングできるようになっているはずです。

そうなれば、結果的にその犬と飼い主はストレスなく日々の生活を送れるようになり、犬はその命が尽きるまで、飼い主のもとで幸せな人生ならぬ犬生を送ることができます。
つまり、「犬の殺処分ゼロ」を目指すためには、ドッグトレーナーの存在が必要不可欠なのです。


犬の義務教育とドッグトレーナーの存在は、殺処分ゼロに必要不可欠

犬 人

犬が幸せな一生を送れるようにするために、幼い頃からのトレーニングは必須なのです。

コロナ禍でお家時間が増えたことをきっかけに、多くの人が犬を迎え入れたそうです。
しかし、子犬時代に義務教育的なものを行わずに過ごした犬たちは、人間社会で生きていく術を身に付けられず、いわゆる問題行動が見られるようになっています。
そして、最初の緊急事態宣言が出てちょうど1年ほど経ちますが、子犬時代が終わり今まさに問題行動が出始め、飼い主が「手に負えない」と手放してしまう悲しいケースも実際に起きているとのこと。

もちろん、問題行動が出たあとでも、ドッグトレーナーに頼り、トレーニングをすれば状況が改善することもあります。

つまり、子犬を迎え入れる人が増えた今、そして犬の問題行動に悩む人が増えている今、求められるのはドッグトレーナーの存在なのです。

殺処分ゼロを実現するために、自分にできることは何だろう?と考えている方がもしいたら…
ドッグトレーナーという立場からアプローチすることも是非検討してみてくださいU^(ェ)^U

——————————————
犬の義務教育を、私たちと一緒に広めませんか?
ドッグトレーナー養成講座7月受講生募集中!
残席僅かのクラスもあり!
——————————————