タグ: ドッグトレーナーの仕事

 ドッグトレーナーになりたい!を応援するブログ

犬の笑顔を引き出す?!

こんにちは。プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー講師の矢川です。

突然ですが、みなさんは年賀状の用意は進んでいますか?

今年もコロナ禍でとても大変な年になりましたので、控えようと思っていらっしゃる方も多いかと思います。

年々、年賀状を出す人も少なくなってきているようですね。

 

写真が人を繋げるツールに

その一方で、お世話になった人に「年賀状ぐらいは出そう」という事で継続されている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

お知り合いと会う機会も少なくなり、疎遠になってしまうのは、なんだか寂しい気がします。

そういった意味では、Facebookやインスタグラムが人との繋がりに貢献していると言えるかもしれませんね。

人との繋がりは大事にしていきたいものです。

さて、先日、中目黒店ではプロのカメラマンである依田和明さんをお招きして行う写真撮影会が行われました。

クリスマス用の写真や年賀状用の写真はプロに撮ってもらったきれいなものがいい!という方などたくさんの方にご参加いただいたようです。

周りの物を怖がらないように

撮影会に参加するにあたり、出来ていると嬉しいトレーニングの一つに社会化が挙げられます。

撮影会の会場となるプレイボゥの店舗には、撮影時に必要ないろんな機材が準備されます。

バックスクリーンやライト、他にも一緒に写真を撮るグッズなど普段見かけることのないものばかりです。

それらを怖がってしまうと、犬の表情が少し硬い写真になってしまう事も、、。

また、カメラのレンズを向けているカメラマンさんにも慣れるといった事も必要になります。

レンズを構えられると、じーっと見られているように感じる子が多く、プレッシャーを感じてしまい、つい顔を背けたりしてしまう子もいます。

これではせっかくの可愛い顔が写真に収められませんよね。

プレイボゥでは人が犬の名前を読んだら人の目を見る、アイコンタクトというトレーニングを行っていますが、アイコンタクトが出来ていると顔を背けたりすることも避けられるかもしれません。

カメラマンさんの後ろに飼い主さんが立つだけでも、結構注目してくれて、カメラの方向に注目してくれるのです!

シュナ

良い表情で写真を!

 

表情も褒めてあげましょう!

予定です。月撮影会では必須ではありませんが、マテができると撮影がスムーズに行く事が多いですね。

ただ、マテをする際に表情が少し硬くなってしまう犬がいます。

おそらくですが、ご自宅でマテを練習している段階で、飼い主さんが愛犬に待って欲しい気持ちが強すぎて、逆にプレッシャーになっている可能性があります。

それが撮影する場所でも出てしまうのでしょう。

マテを愛犬に指示する際に、こんな言葉がけをされている方はいらっしゃいませんか?

「マテ!マテ!マテだよ!!」

実は、撮影会でもよく聞かれますね、、。

撮影会ではほんの2、3秒ほど、おすわりやふせなどの態勢を取ってくれれば、あとはカメラマンさんがうまく写真を撮ってくれます。

ですので、もし撮影会などで愛犬と写真を撮る際には、まずはいかに飼い主さんがリラックスして愛犬を優しくリードしてあげる事ができるかが大事になってきます。

日常生活でも愛犬がおすわりやふせをして犬の口角が上がっている時におやつをあげたり、褒めてあげると、犬がリラックスし、良い表情のマテを引き出す事ができるでしょう。

愛犬の行動だけでなく表情も褒めてあげましょう!

犬と目と目で通じ合える関係に?!
アイコンタクトのトレーニングが記載されているこちらのブログもどうぞ↓

https://playbow-dogtrainers-academy.com/23359.php

次回のブログ更新は12月6日(月)予定です。

人を癒す動物介在プログラム

こんにちは。
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー依田です。


犬と一緒に暮らしている方は、犬と寄り添ったり、お散歩で共に外の心地良さを共有したり、きっと心の安らぎや癒し等を犬から与えられ、幸せに感じて日々過ごされていることでしょう。


私も愛犬と一緒に就寝すると、スースーとした柔らかい寝息を聞こえてきます。
小さな悩み事なんて、どうでも良くなる様な優しい気持ちになります♪

 

動物介在プログラムとは?

今回は、犬好きさんなら一度や二度、耳にしたことがあるかもしれない【動物介在】について簡単にですがお伝えしていきたいと思います。

まず、動物介在プログラムってなに?というところからですが、先ほども書いたように、犬には人からだと与えられない心の安定作用を効果的に発揮することが可能とされています。


その犬の持つ特殊な能力に注目し、医療や教育現場等で人と人が関わる際に犬も介させて、人側の心身の健康維持や向上、そして命の大切さを伝えるということが、本目的です。


その動物介在プログラムの内容は、大きく3つに分かれています。

 

3つの動物介在プログラム(体験談有り)

・動物介在活動(AAA)
いわゆるアニマルセラピーと言われている【触れ合い活動】を指します。
QOL向上を目的に、犬が高齢者施設や少年院、児童施設等へ訪問します。

当スクールの卒業生でも活動をされている方々が多いです。

・動物介在療法(AAT)
闘病中の人に向けて、メンタルケアの一環で医療現場に出向き介在する方法です。
主に病院等の医療施設や緩和ケア等が挙げられます。


本来のAATとは主旨が異なりますが、身内の話で印象的な実話があるためご紹介します^^。


私の父はガンで63歳の若さで他界しました。
しかし最後まで生きる希望を持ち、緩和ケアに入ることを拒んでいました。


個室に入院していた父の希望が「(当時1歳の)愛犬に会いたい。」というものでした。


父が自宅療養中に今の愛犬を迎え、母と私は日中仕事だったので、子犬のころは父がお世話していたこともあり、愛着が湧いていたのです。


入院してからもずっと「会いたい」という希望を言ってましたが、お察しの通り病院に犬連れは難しいことですよね。


そんな命の灯が薄れていく父に、病院側の計らいでなんと!
1日だけ愛犬を病室に連れてきて良いという連絡がもらえたのです。


ただし吠えさせないこと、毛を散らさないこと、排泄等のルール等、様々な条件を病院側から出されたのですが、当時ドッグトレーニングを頑張っていた愛犬だったため、条件クリアをすることが出来たのが、何より嬉しいことでした。


そしてご対面!


その時の両者の喜びようったら、動画に撮っておけば良かったと未だに後悔していますが、父の顔は血の気が戻り、歩き出して散歩にでも行けるのではないか?と言うくらいの元気な様子で、思わず母と涙が出ました。


その2日後に父は逝去したのですが、未だに素晴らしい配慮をしてもらえた病院関係者の方々には感謝を言い尽くせません。


家族よりも「犬に会いたい」という父の気持ちに関し、きっと家族だけでは与えられない、犬だけの特殊な癒し能力があったからなのだろうなと今でも思っています。


・動物介在教育(AAE)
子供たちの思いやり心を育むことや、学習意欲を高めることを目的にしたものです。
主に小中学校が活動の場となります。


私も幾度と私立小学校の介在プログラム見学に足を運んだことがありますので、その時の様子を一例に過ぎませんが、お伝えしたいと思います。


現場にはドッグトレーナーが数名出向き、子供たちに命の大切さ、犬も心を持っていることをイラストを通しながら説明します。


まずは基本的な犬とのあいさつ、そして人も犬も生きていることを理解するために犬の心音を聴診器や、犬を寝ころばせ、直接心臓の音を聞いてもらいます。


鼓動を感じながら子供たちが「ドキ、ドキ、ドキ」と言って、嬉しそうだったのが印象的です。


他にも、ドッグトレーニングを子供たちにお披露目します。


その様子を見て、犬も人と同じで、努力をしてお勉強をすると、色々なことが出来る様になる頭の良い動物なんだなという事を知ります。

Girls, Dog, Playing, Pet, Leash, Puppy, Smiling, Happy

犬の癒しの力は凄いですね。


ざっくりとですがこのような内容で、1時間半ほどのタイムスケジュールを終えますが、毎回充実したプログラムにあっという間の実感です。



子供たちはその時間が終わると、後日感想文を書いてくれます。
その感想が個々に目を奪うものばかりなのです。


いくつかご紹介します。


・犬が生きているとは知らなくて驚いたけど、好きになった。

・犬の心臓が聞けて、私と同じで嬉しかった。

・犬は触ったことがなかったけど、温かった。

・ドッグトレーナーになって、もっと犬と仲良くなりたいなと思った。

・手袋を通しても体が温かかったから、直接触りたくなった。
(これは、動物アレルギーで親御さんから手袋ならOKという指定があった子供の感想です。)


現代、犬たちは室内飼いへとなり、中々犬を迎えたことの無いご家庭だと犬に触れ合う機会は減ってしまいます。


このような介在の機会を与えられた子供たちの感想は、大人の私達から見ると思わず「え?」と思う感想も正直あるのですが、無知という理解で見解すると、非常に素直な感想だと感じ、改めて動物介在プログラムとは子供の心身の成長を助けるために犬を介在させた活動だと実感したのです。

 

動物介在プログラムまとめ

いかがでしたでしょうか?
実体験も踏まえてお伝えした介在プログラムですが、イメージが湧いて頂けると非常に嬉しいです^^。


最後に本文を読んで、自分でも出来そう!とか、愛犬がフレンドリーだから適してそう!と思われた方もいらっしゃるかもしれません。


指導する側、そして犬も介在のプロ集団です。
基本的に介在する対象の人は皆、心身が弱いまたは未発達な人が対象としているので、互いに失敗させない緻密なプログラムを考慮した上で活動をしていることを知ってください。


そして犬たちも社会化をはじめ、ドッグトレーニングや人慣れを徹底した上で行っている、練習を重ねた犬達です。


犬が横になって、人が心音を聞くという行為も練習あってではないと、ケガの恐れも十分ありえます。


そして、動物介在プログラムの活動中は長い時間、犬達は拘束されるので、ストレスが蓄積されてきてしまいます。


なので、活動後は思い切り発散をドッグトレーナーたちがさせているのです^^。


人にも犬にも配慮が出来て、互いに失敗をさせないことで、初めて動物介在プログラムが成り立つものだと考えています。


犬は体が小さいですが、人にとっては心の支えとなる大きな存在です。
非常に犬への尊さが増してきますよね!


関連記事もご紹介したいと思います。
以前、私が書いた記事で【付添犬】という動物介在プログラムに類似したものをご紹介しているので、是非読んでいただけると嬉しいです♪


。o○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。..。

タイトル:付添犬ってご存知ですか?


本文はこちらから↓↓
https://playbow-dogtrainers-academy.com/28181.php

。o○o。..。o○o。..。o○o。..。o○o。..。


それでは、今回もお読み頂きまして誠に有難うございました。
良い週末をお過ごしください^^!

里親に出すために

こんにちは。プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー事務局の矢川です。

先日、店舗で実習生と一緒に犬のトレーニングをしていた時に、こんな質問を受けました。

「過去に印象に強く残っている犬はどんな犬でしたか?」という質問。

その時は人の笑い声にビックリして嚙むフレンチブルドッグのお話をしました。

今後のメルマガでご紹介出来ればと思っています。

さて、今回ご紹介するのは、「里親に出したいので、トレーニングをして欲しい」という依頼があった犬です。

 

矛盾になってしまう?

実はこのお話は数年前にもメルマガに書いたことのあるお話になります。

自分が印象に強く残っている犬という点では1番かもしれません。

現在もですが、その当時、プレイボゥでは犬を迎えたら命尽きるまで一生飼い続ける、「一生一緒宣言」を広めていました。

ですが、この案件の場合、犬をトレーニングする事で、飼い主さんと離れてしまうわけです。

「飼い主さんを説得して、飼い続けてもらう」

もっともな話なのですが、簡単にお話できない理由がありました。

 

里親に出す理由

その理由ですが、この飼い主さんの家族環境が影響していました。

簡単にではありますがこんな感じになります。

・飼い主さんは60代後半のお母さま、娘さんと2人暮らし

・飼っているのは11歳のコーギーの女の子(犬は苦手)

・もう一人の娘さんが末期がんになり、自分もがんになってしまった

・一旦里親に出したが、先住犬とうまく過ごせず戻ってきた

・もう一度里親に出すため、吠えを少なくしたい(犬に対して)、室内で排泄させたい

飼い主さんと犬の両方の気持ちを考えると、安易な言葉は使えない、と思っていた自分がいました。

後々伺って見ると、娘さんが末期がんになってしまった事、自分もがんになってしまった事で、犬に全く気が回らなくなってしまったとおっしゃっていました。

コーギー

コーギーを見るとこの話を思い出します。

気持ちに変化が

当時は保育園に平日毎日来ていましたが、もちろん他の犬達もたくさんいましたので、このコーギーにとっては多少のストレスはあったかもしれません。

反面、飼い主さんはご自宅でゆっくり愛犬の事について考える時間ができたのではないかと思います。

当時は朝と夕方、送迎に伺っていたのですが、店舗スタッフと送迎シフトを変わってもらったりして、なるべく直接お話をする機会を作っていたのを思い出します。

数か月するとお母さまのがんの手術もおわり、愛犬に対する思いも変わってきました。

愛犬がお母さまとほぼ同じ年齢である事をお伝えすると、「私もこの年で他の家に移り住む事は嫌ですね」とおっしゃっていたのが印象に強く残っています。

もし、店舗にお問い合わせが来た際に、簡単にお断りすれば、このような経験もする事がなかったわけです。

決して無理はいけませんが、どんな難しい案件でも、一度本気で考えてみて欲しいのです。

解決するとワンランク成長した自分が見えてきますよ!

========★

プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー

■Facebook
https://www.facebook.com/playbowacademy/

■Instagram
https://www.instagram.com/playbowacademy/?hl=ja

========★

☆2022年1月開講生☆

https://playbow-dogtrainers-academy.com/course2.php

ドッグランでも安全に

こんにちは。プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー事務局の矢川です。

すっかり空気が秋めいた季節になってきましたね。

愛犬との散歩も少し長めになってきたのではないでしょうか。

さて、犬と一緒に出かける場所の一つとしてドッグランがあげられます。

特に犬を初めて迎えた方は「犬を迎えたらドッグランで走らせてあげたい」と思われる方が多いようです。

ドッグランも様々

一概にドックランと言っても、その場所によって、大きさや利用規約、料金などが異なります。

例えば、各地にある〇〇公園内にあるドッグランは広さも十分にあり、小型犬エリアや中、大型犬エリアに分けられている所が多くなっています。

屋内にあるドッグランは屋外にあるドッグランよりも小さいものの、ペットショップやドッグカフェと併設されている所もあるようです。

どちらも愛犬や家族と一緒に時間を過ごせる場所になっているようですね。

一昔前、ドッグランではあまり決まり事がなかったように感じていたのですが、少しずつ変わってきたようです。

簡単ではありますが、ドッグランでのルールをご紹介いたします。

最低限のしつけは必要

あるサイトに載っていたドッグランを見てみるとおおよそこのようなルールが書かれていました。

・犬の大きさによってエリアが区分されている

・飼い主1人あたりの頭数制限がされている

・マナーベルトの着用などの一定ルールがある

・無駄吠え禁止

ドッグラン

ドッグラン内でもルールがあります。


以前は「ドッグランで大型犬に追いかけられて、苦手になった」というお話もあったのですが、少なくなってきたように思います。

また、ある程度のしつけも必要になってきていますね。

その他、特定の犬種は利用不可にしているドッグランもあるようです。

貸し切りのドッグランも

参考までに犬種をあげると、ドーベルマン、グレートデーン、セントバーナード、などが挙げられていました。

いわゆる使役犬と呼ばれる犬種です。(使役犬を簡単にご説明すると、番犬や警護、人の仕事をサポートする犬達になります。)

個人的な意見になりますが、ある特定の犬種を利用不可にしている事は、ある種差別的に感じてしまう事もあります。

飼い主さんの使役犬種に対する先入観などを考慮して、制限しているとは思うのですが、意見は分かれそうですね。

ドッグランには、その時々で様々な犬種や性格の犬が来ていますから、一緒に他の犬と過ごすという点ではリスクが大きくなる場合があります。

多くのドッグトレーナーもドッグランをあまりおすすめしない理由がここにあります。

ドッグランの中にはエリアを貸し切りにできる所もあるため、本当に気心の知れた犬友達と自由にさせる場所としては良いかと思います。

愛犬をフリーにしている時も、他の犬と仲良くできているから良いというだけでなく、愛犬の様子を常に観察するようにしましょう。

楽しく走り回ったりする反面、普段使わない筋肉を急激に使ったり、体力的にも負担になる場合がありますので、そのあたりも見てあげたいですね。

ドッグランから帰ってきた後も足周りの健康チェックなども怠らないようにしましょう!

■Facebook
https://www.facebook.com/playbowacademy/

========★

☆2022年1月開講生☆

https://playbow-dogtrainers-academy.com/course2.php

吠える犬は悪い子?

犬は“吠え”でコミュニケーションをとっている?

こんにちは。
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー事務局の大竹です。

今日は「犬の吠え」についてのメルマガです!

早速ですが、ここで一つクイズを出します!
犬は普段「吠え声」と「身体の動き」のどちらでコミュニケーションを取る動物でしょうか?

正解は…


「身体の動き」です!
犬は身体の動き(ボディランゲージ)でコミュニケーションを取る動物だといわれています。
そのコミュニケーションの中に「吠え」が伴うこともありますが、基本的にはボディランゲージが「犬語」のポジションに当たります。

つまり、実は犬はむやみやたらに吠える動物ではないのです!
病気等である可能性は一旦除きますが、よく犬のしつけ本などでも「犬の無駄吠え」という表記を目にしますが、犬にとって何の意味もない「吠え」というものはありません。

(ただし、犬が「そりゃ吠えるよね」という場面で「必要以上に吠える(無駄に吠える)」ということはあると思います。)


“犬の吠え”との付き合い方

しかし、いくら「犬の吠え」には意味があるんだ!とはいえ、それに頭を悩ませている飼い主さんは多いです。
「吠えもひっくるめて犬のすべてを受け入れろ」というのも、飼い主さんにとっては酷なこともあるかもしれません。

つまり飼い主さんは、「犬の吠え」と上手に付き合っていく術も知っていなくてはいけないのですが…
そういったところもフォローできるのが、ドッグトレーナーの存在だと私たちは考えます。

犬 吠え

吠えるのには犬なりの理由があるはずです

知っておきたい犬の吠え

そもそもなぜ犬は吠えるの?
どんな場面で犬は吠えるの?
こんなに吠えるのはうちの子だけ?
吠えるのをやめさせることはできるの?

そういった疑問を抱えている方、是非以下セミナーへのご参加を検討ください!


ドッグトレーナーが教える
知っておきたい犬の吠えセミナー

犬が吠える際、きっとそれに先立つ何かしらの、そして犬なりの「理由」があるはずです。
その「理由」を見つけ出し、犬が気付く前に犬の目につかぬよう防いだり、「理由」に対するトレーニングが行えれば、きっと「犬の吠え」とも上手に付き合っていくことができると思います。

そうすれば、きっと今の愛犬との日々をより心穏やかに過ごせるようになっていくはずです^^

犬と上手に生きていくには、まずは犬を知ることから始めましょう!

様々な犬情報を発信中!こちらも是非ご覧ください♪
Facebook
Facebook(一生一緒)
Instagram
Twitter

愛犬の苦手なもの、どこまで克服すべきか?

こんにちは。
プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー事務局の大竹です。


突然ですが、皆さんの愛犬は苦手なものや怖いものはありますか?

私の実家の犬は、掃除機が少し苦手です。
大きな音がする上に動いて向かってくる感じがするからでしょうか。掃除機をかけ始めると「何!?こっちに来ないで!!」と言いたげに吠えてきます。


苦手なものを克服させたい飼い主、一方犬は…?

似たようなシチュエーションを経験されたことのある方は少なくないかと思います。
「掃除機に向かって吠える」という行動を改善したいと思ったり、怖がる様子が可哀そうだからどうにかしてあげたいと思って、ドッグトレーニングに取り組んだこともあるかもしれません。

愛犬との生活をより良くしたい!
苦手を克服させてあげたい!
どれも飼い主の愛情の一つですよね。

しかし、中には「犬はこうあるべきもの」や「トレーニングすれば何でもできるようになる」といったイメージが先行してしまうが故に、時に飼い主さんが犬に対して高いハードルを課してしまうことがあります。


例えば…!

「うちの犬は他の犬が苦手なんですけど、他の犬とお友達になってほしいんです!」という依頼が飼い主さんからあったとします。
(社会化不足のため他の犬が怖い、という可能性はここでは一旦なしにします)

しかし、その犬にとって、他の犬と仲良くすることは必ずしも必要なことでしょうか?


人間でも、人見知りであまり親しくない人と話したりするのは得意でないという人もいるように、「犬が苦手な犬」もいると思います。
犬同士が楽しそうに遊んでいる様子が見たい!!という気持ち、私も犬好きですのでとってもわかります…しかし、同じ種である「犬」よりも「飼い主」の方が好き!ということであれば、飼い主冥利に尽きますよね。
愛犬のその気持ちを汲むことができれば、より愛犬との絆は強くなると思います^^

犬

ぼく(わたし)の気持ち、わかってほしいなぁ~




“愛犬の苦手”を受け入れることも愛情のひとつ

プレイボゥの児玉先生は、社歴10年を超えるベテランドッグトレーナーです。
その愛犬、ぼくくんは、おすわり・まて・呼び戻し等の基本的なトレーニングはもちろんばっちり!
「さすがトレーナーのパートナー犬!」という感じなのです!

しかし、そんなぼくくんはちょっと怖がりな一面もあり、なかでも自転車が苦手です。

自転車に対する恐怖心をなくすために自転車慣れのトレーニングをすることももちろん選択肢としてあります。
でもぼくくんにとっては、自転車への恐怖心はとても大きく、トレーニングをするほうがぼくくんの負担になってしまうと児玉先生は判断しました。


児玉先生は無理にトレーニングをすることなく、道を歩くときは自転車が来ないか気を配るようにしています。
自転車と出くわしたときは、さっとぼくくんを自転車から遠ざけるようにして歩いています。

そうすることで、ぼくくんが恐怖心を感じないようにケアをしてあげているのです。

怖がりな一面もぼくくんの「個性」として愛情をもって接する児玉先生。

自分の「苦手なもの」を理解し、寄り添ってくれる児玉先生が大好きなぼくくん。

そこには揺るぎない信頼関係が生まれています。


トレーニングすることだけが全てではない!と私たちは考えます

愛犬の苦手なものを克服するだけでなく、それもその子の個性として認めてあげることも、犬との暮らしでは欠かせない考え方の一つです。

苦手なものがあったっていいじゃないか!
生き物だもの!

と、思わず叫びたくなった大竹でした(笑)


プレイボゥドッグトレーナーズアカデミーは
犬と飼い主さんの素敵な関係構築をサポートできる質の高いドッグトレーナー輩出を目指し
日々活動しております。

どんな風にトレーニングを教えている学校なの?
気になった方、まずはお気軽に当スクールのSNSを覗いてみてくださいね♪

そして「もっとプレイボゥを知りたい!」と思ってくださいましたら、スクール説明会や各種セミナーへお越しください!

スクール説明会・各種セミナー日程はこちら

私たちと熱く犬愛を語り合いましょう^^♪